【フランス留学やワーホリで持っておくべきクレジットカードとは?おすすめ・比較・その理由。】

留学やワーキングホリデーで必須になるのがクレジットカードです。

実際にフランスの大学に留学していた僕が、年会費無料のクレジットカードでありながらフランス留学にぴったりなクレジットカードを紹介します。

 

紹介するクレジットカードを選んだ理由は以下の3つです。

 

  • フランスの銀行の口座を開くときに時間がかかる。
  • フランスの保険(長期留学では加入義務有)を取得するときに時間がかかる。
  • 旅行する数が増える(個人的理由)。

 

 

セディナカード:フランスで銀行口座を開くまでにかかった時間とその間のお金

 

 

口座開設には一か月をみておきましょう。

僕の場合(ニース)予約し、来店し、カードが届くのを待って、オンラインアカウントが開くのを待って……と予約から約1か月かかりました。

 

その間の現地通貨はクレジットカード払いかキャッシングです。

そういう時一番安く済むのが現地通貨のキャッシング(クレカ払いは毎回の為替手数料で最終的に費用がかさみます)。

その中でもセディナカードを使ったキャッシングは

 

  • 海外ATM手数料がかからない
  • 繰り上げ返済ができる

 

という点でお得です。

特に繰り上げ返済に関しては、

 

  • キャッシング3,4日後からアプリやサイトから可能

 

です。

これがなにがお得かというと、通常キャッシングをすると翌日から銀行引き落としまで毎日利息がかかります。

利息は大体のクレジットカードはセディナカードを含め年18%なので365日で割って1日0.05%。

 

これがもし銀行引き落としまで60日とかかかってしまった場合、3%利息がとられます。

 

月の生活費を約10万とした場合、3000円もかかります。

一年にしたら3万6千円です。

旅行ができてしまうお値段です。

 

しかしセディナカードの場合はキャッシング3、4日後から繰り上げ返済が専用アプリや公式サイトから可能なので、10万円分キャッシングしても3日後に繰り上げ返済すれば150円で済みます

多めに引き出しておいて都度使えばかなりお得ですね。

繰り上げ返済ができるキャッシュカードは他にもありますが、電話でのみの受付とかで海外にいるときには不便です。

 

 

スポンサードサーチ

エポスカード・Booking.comカード・楽天カード・リクルートカード:フランスの保険に入るのに時間がかかるのでその間はクレジットカードについてる保険を使ってお得にすごしましょう

 

 

フランスに長期留学する場合は、フランスの国保に加入しなければなりません

 

しかしこれがクソめんどくさい。

義務なのに手続きが超複雑で提出書類集めも大変。

申し込みから最終的にCarte vitaleという保険証のようなカードが届くのは半年後のときもあります(保険証番号自体はそれより前にもらえる)。

その間に病気になっちゃったらどうするのかと。

 

そういうときに初めの90日間、つまり3か月間はクレジットカードの海外旅行障害保険を利用するべきです。

 

クレジットカードの海外旅行傷害保険には2つのタイプがあります。

 

  • 自動付帯(持ってるだけで保険適応しますよ)
  • 利用付帯(海外行く前に条件のものをカードを使って購入したら保険適応しますよ)

 

というものです。

 

しかも複数持ってる方がよいということです。

なぜなら、怪我や病気をしたときの治療代だけでなく、損害賠償代や携行品損害といった保険の種類は合算した値段が使えるからです。

 

それにカードを無くしたり、ATMから出てこなくなってしまったとき用の予備としても必須です。

 

というわけで個人的には、

 

  • 利用付帯のカードで飛行機チケットを買ったりして利用付帯
  • 自動付帯のカードで合算

 

が海外旅行傷害保険を利用するいちばん理想ではないでしょうか?

 

年会費無料で自動付帯で海外旅行傷害保険つきで理想的なのが、エポスカードBooking.comカードです。

利用付帯では楽天カードがおすすめ。

 

比較リストを作ってみました。

特に注目してもらいたいのが、太文字の障害治療費用(事故とかで治療が必要なとき)と疾病治療費用(病気になって治療が必要)です。

 

1枚だけなら200万程度ですが、楽天カードで利用付帯しておくだけで、3枚で合計額が500万を越えます

どんな事故や病気になるかわかりませんし、多ければ多い方がよいです。

 

エポスカード



Booking.comカード



楽天カード

 

海外旅行保険
付帯のタイプ
自動付帯 自動付帯 利用付帯
(自宅から空港まで、もしくは航空券、ツアーを楽天カードで購入)
傷害死亡・後遺障害 最高500万 最高300万
(利用付帯の場合は2000万)
最高2000万
傷害治療費用 200万
(1障害限度額)
100万
(1障害限度額)
200万
(1障害限度額)
疾病治療費用 270万
(1疾病限度額)
100万
(1疾病限度額)
200万(1疾病限度額)
賠償責任(免責なし) 2000万
(1事故限度額)
2500万
(1事故限度額)
2000万
(1事故限度額)
救援者費用 100万円
(1旅行・保険期間中の限度額)
150万
(1年につき)
200万円
(年間限度額)
携行品損害(免責金額3,000円) 20万円
(1旅行・保険期間中の限度額)
(携行品損害は
1個・1組・1対あたり10万円限度。)
20万円
(1年につき)
20万円
(1旅行・保険期間中の限度額)
(携行品損害は
1個・1組・1対あたり10万円限度。)
期間(出国後) 90日 90日 90日
個人的な
おすすめポイント
*海外保険が自動付帯(持っているだけで適応)。
*ゴールドになると保険額アップ。
*店頭で即日発行可能。
*海外保険が自動付帯。
* booking.comサイトで宿泊予約して現地でBooking.comカードで支払うと、宿泊額100円につき6ポイント(1ポイント=1円)。
* ポイントはキャッシュバック可能。
* 先着5万名はGenius会員(人気宿施設10%オフだったり、レイトチェックアウト、無料空港送迎、ウェルカムドリンクなどの特典がもらえる)になれる。
* 基本予備。
* ポイントた溜まりやすい。

 

ただし適応は日本出国後90日までなので、フランスの国保は入国次第可能な限り早めに申し込みましょう。

 

そしてエポスカードに関してですが、ゴールドカードになると障害治療・疾病治療が両方とも300万円にあがります。

僕はゴールドカードに無料になれました

 

丸井でエポスカードで買い物したからかもしれません。

企業秘密な条件を達するとある日招待状が送られてきて、無料でゴールドにすることができます。

エポスカード即日発行もできるのですが、もしゴールドを目指すのなら早めに取得しておくとよいかと思います。

 

 

スポンサードサーチ

90日以降の海外障害保険はリクルートカード利用で延長しましょう

 

エポスカードBooking.comカード楽天カードは保険合算もできてかなりお得なのですが、期間がどれも日本出国後90日までです。

 

しかし留学は90日以上になることも

そして先ほども書いたフランス長期留学者には義務であるフランスの国民保険も、保険証(carte vitale)が届くまで3か月以上かかるケースが多いです。

 

3ヵ月後までに保険手続きが終わらず、病気になってしまったら治療費がたいへんなことに(涙)

 

そこで利用したいのがリクルートカードです。

就活で聞いたことのあるリクルート社発行のカードです。

発行は無料です。

 

僕は日本にいたときにnanacoへのチャージをリクルートカードでして公共料金などを支払ってポイントを稼いでいたのですが、そのままフランスへ持ってきました。

 

このリクルートカードの海外旅行障害保険は利用付帯です。

 

  • 日本出国後に公共交通乗用具(飛行機、電車、バス、船舶、タクシーなど)の料金のカード利用日から90日間(午後12時まで)

 

日本出国後も対象!

 

つまり、

 

 

すれば合計180日間保険適応になります。

 

さすがに180日間あればフランスの国民保険証も届くかと思います。

 

しかし、入国後90日間は3枚合算できていた保険が1枚になるので、引き続き健康や怪我には気を付けましょう。

 

気になる補償内容はこんな感じです。

 

リクルートカード
海外旅行保険
付帯のタイプ
利用付帯
傷害死亡・後遺障害 最高2000万
傷害治療費用 100万円
疾病治療費用 100万円
賠償責任(免責なし) 2000万円
救援者費用 100万円
携行品損害(免責金額3,000円) 20万円(1旅行)

100万円(保険期間中)

期間(利用後) 90日
個人的な
おすすめポイント
*海外旅行傷害保険の延長ができます。

※nanacoチャージでもポイントが付きます(公共料金支払い可能)。

 

※ちなみにフランスでJCB利用可能のお店はあまりないので、カードを作るならVISAにしておきましょう。

 

スポンサードサーチ

旅行するなら特にBooking.comカードがおすすめです

 

 

留学中やワーホリで外国へ来ているときは、せっかくだからといつもいる場所から旅行したくなるかと思います。

僕もニースから色々なところへ旅しています(旅行記はこちら)。

そんなときあるとよいのがBooking.comカード

理由は、

 

  • Booking.comカード:宿予約して現地でカードを使うと6パーセントのキャッシュバックがある

 

Booking.comカードは海外障害保険のところで自動付帯であると紹介しました。

オンラインでホテルを予約できる大手Booking.comのカードですから、Booking.comを利用すると特典があります。

それが5%のキャッシュバックです。

また、予約意外で使用しても毎月100円利用につき1ポイントのキャッシュバックがあります。

しかもこの2つのキャッシュバックは合算できるので、結局Booking.comを利用してカードで支払えば6%のキャッシュバックです。

さらに現在先着3万名はGenius会員になれます。

僕も会員なのですが、会員限定で人気があるホテルの値段がお値引きされていたり、ウェルカムドリンク特典や空港送迎無料など色々な特典が付いています。

 

スポンサードサーチ

フランス留学おすすめクレジットカードまとめ

 

紹介した年会費無料のクレジットカードの理想的な使い方をまとめると、

 

 

  • フランスの銀行口座を開く前の生活費セディナカードでキャッシング。公式サイトやアプリで早めに繰り上げ返済して利息をお得に。

 

  • フランスの保険に入る前に海外旅行傷害保険使う:出国前に楽天カードで航空券などを買って利用付帯。自動付帯のエポスカードBooking.comカードで合計3枚の障害治療と疾病治療を合算させてお得に。

 ※ただし日本出国後90日までなので、保険適応が切れる前にリクルートカードでさらに90日間延長しましょう(ただし合算効果がなくなってしまうので健康や怪我には気を付けましょう)。

 

  • 旅行するときBooking.comカードで宿代キャッシュバック・Genius会員特典で宿の値引きなどでお得に。

 

 

 

紹介した5枚のカードをまとめてみました。

 

  セディナカード

 

 

エポスカード

Booking.comカード

楽天カード

リクルートカード

 

 

 

海外旅行保険
付帯のタイプ
無し(年会費有料のには付きます) 自動付帯 自動付帯 利用付帯
(自宅から空港まで、もしくは航空券、ツアーを楽天カードで購入)
利用付帯
日本出国後の場合:公共交通乗用具(飛行機、電車、バス、船舶、タクシーなど)の料金でカードを利用
傷害死亡・後遺障害   最高500万円 最高300万円
(利用付帯の場合は2000万円)
最高2000万円 最高2000万円
傷害治療費用   200万円
(1障害限度額)
100万円
(1障害限度額)
200万円
(1障害限度額)
100万円
疾病治療費用   270万円
(1疾病限度額)
100万円
(1疾病限度額)
200万円(1疾病限度額) 100万円
賠償責任(免責なし)   2000万円
(1事故限度額)
2500万円
(1事故限度額)
2000万円
(1事故限度額)
2000万円
救援者費用   100万円
(1旅行・保険期間中の限度額)
150万円(1年につき) 200万円
(年間限度額)
100万円
携行品損害   20万円(1旅行・保険期間中の限度額)
※携行品損害は
1個・1組・1対あたり10万円限度。)
20万円(1年につき) 20万円(1旅行・保険期間中の限度額)
※携行品損害は、
1個・1組・1対あたり10万円限度。)
20万円(1旅行)
100万円(保険期間中)
期間   90日 90日 90日 90日
個人的な
おすすめポイント
* 旅行中、現地のATMでキャッシングして現地通貨を引き出す時に最安値が可能。
* キャッシング手数料なし。
* 3,4日後から繰り上げ返済がネットやアプリから可能なので、利息が超安く済む)
*海外保険が自動付帯(持っているだけで適応)。
*ゴールドになると保険額アップ。
*店頭で即日発行可能。
*海外保険が自動付帯。
* booking.comサイトで宿泊予約して現地でBooking.comカードで支払うと、宿泊額100円につき5ポイント(1ポイント=1円)。
* ポイントはキャッシュバック可能。
* 先着5万名はGenius会員(人気宿施設10%オフだったり、レイトチェックアウト、無料空港送迎、ウェルカムドリンクなどの特典がもらえる)になれる。
* 基本予備。
* ポイントが溜まりやすい。
※海外旅行傷害保険の延長ができます。
※nanacoチャージでもポイントが付きます(公共料金支払い可能)。

 

それぞれの公式サイトはこちらです。

→ セディナカード

→ エポスカード

→ Booking.comカード

→ 楽天カード

→ リクルートカード

 

※作るならVISAかMASTERがよいです。この2つならたいていの場所で受け付けてくれます!