【フランスに留学する方法02:フランスに4ヵ月以上留学する際に見るべきサイトはCampus France一択のみ】

フランスに半年くらい留学しようかな、一年くらい留学しようかな……どうやって学生ビザを申請したらいいの?

 

 

確認すべきサイトはCampus Franceの一択

 

Campus Franceのサイトはこちら

キャンパスフランスと読みます。

日本語訳だとフランス政府留学局になります。

トップページがちょっとごちゃごちゃしてて一瞬何かの催促サイトかと思うかもしれませんが、フランス政府公式のサイトです。安心してください。

 

 

スポンサードサーチ

Campus Franceを使うべき理由

 

4ヵ月以上のフランスへの留学は長期留学とみなされます。

長期留学には長期学生ビザが必須。

その長期学生ビザを申請する前にあれこれオンラインで登録しなければならないのがこのキャンパスフランスにあるEtude en Franceなります。

 

Etude en Franceで登録せずにフランス大使館へ行ってビザを申請しようとしても不可能です。

実際、僕がビザを取得しに行ったときに直接来た方がいて散々待った挙句に帰されていました。

忘れずに登録しましょう。

 

ビザ申請の手続きとEtude en France登録はまったく別物です。

長期学生ビザ申請の手続きはフランス大使館公式ページのこちらから

 

さらに、学生ビザだけでは済みません。

フランスに到着後、Ofii(フランス移民局)で学生ビザを有効化し、滞在許可証というものを受け取ってようやくフランスに長期滞在できることになります。

つまり長期学生ビザでフランスで長期滞在(するためには、

 

  1. Campus FranceのEtude en Franceに登録(日本)
  2. フランス大使館でビザの申請(日本)
  3. Ofii(フランス移民局)で学生ビザの有効化&滞在許可証発行(フランス)

 

という3つのステップが必要になります。

ビザ取得=長期滞在できる権利ゲットじゃないのが、癖のあるところです。

1年以上滞在する際には、1年後に滞在許可証の更新をしなければなりません。

そして3ステップそれぞれにお金が要ります……。

Ofii手続きに関してはこのページの下の方に記述があります。

大使館の方のほうのページはこちら

 

この2つのページを比べてもらうとすぐわかるかと思いますが、政府公式サイトなのに、かたや郵送で、かたやオンラインで登録しろと異なっています。

 

フランスではよくあることです(汗)

 

決まりが変わることが多いので、必要なときそのときにチェックしておきましょう。

ちなみに僕のとき(2016年)は郵送でした。

確認できたから、?ユーロ(忘れました)の印紙買って登録しに来てという手紙が届き、印紙を買ってOfiiについたら、手紙が届いてから印紙の値段の変更があったと言われてとんぼ返りでした(ニースのOfiiの近くには買えるところがないんです)。

Etude en Franceの登録過程である大使館での面接時、もしくはビザ申請時に確認しておいて、さらにフランスへ着いたら最終チェックしておくのもよいです。

 

 

スポンサードサーチ

さらに留学の種類でさらに変わってくる

 

このページで自分の留学のタイプをよく確認しましょう。

 

  1. 大学などへ正規留学
  2. 交換留学
  3. 語学学校など
  4. フランス政府から奨学金もらって留学

 

に分かれています。

語学学校長期留学や交換留学の場合は、現地の学校の入学許可を得てからキャンパスフランスの登録になります。

大学などへ正規留学する場合は、キャンパスフランス登録してから学校機関からの入学許可になります。

 

大学へ留学する場合は

 

  • 大学学部1年目  – DAP Blanche
  • 医学系教育第一課程1年目  – DAP Blanche
  • 建築大学への登録(すべての課程)  – DAP Jaune

 

かそうでない場合(例えば僕は学部3年目編入)で登録方法がわかれます。

気を付けましょう。

詳しくはこちらのページにある手続きガイドをご参考ください。

 

 

スポンサードサーチ

僕(ニース大学3年時編入)が長期学生ビザを有効化するまでの流れ

 

1- 必要書類をそろえる(英語かフランス語のみ。フランス語の場合は大使館指定の翻訳業者で翻訳したもののみ)

  • 証明写真
  • パスポート
  • 高校の卒業証明書
  • 大学卒業証明書または在学証明書
  • 最終学歴の成績証明書
  • 語学力の証明書(DELF, DALF, TCF)※ 実用フランス語検定は不可
  • 最終学歴から1年以上空いている場合は、CV(履歴書)

 

2- 手続きガイド(このページで自分の留学タイプを選ぶと、各ページの下にガイドがあります)を見ながらEtude en Franceでフォームに記入

3- 希望する大学の検索(Etude en France内でできます)

4- 志望動機書を作成して送信

5- Etude en Franceの面接のためにお金を支払う

6- 面接(東京のフランス大使館)

7- 合格通知を待つ

8- 合格通知届く

9- 長期学生ビザ申請に必要な書類集め(こちらのページ下部の必要書類リストで確認)

10- 長期学生ビザ申請のための予約をする(このページ

11- 大使館へ行ってビザ申請

12- 長期学生ビザGET

13- フランスへ到着

14- Ofiiに申請

15- パスポートに滞在許可証貼ってもらう

 

という流れで長期ビザを有効化しました。

10の大使館でビザを申請するために事前に予約するというのを失念していて、実際に予約しようとしたらかなり先まで予約が埋まっていて焦った記憶があります。

気を付けましょう。

 

 

それぞれにかかる必要料金なども書きたかったのですが、毎年の勢いで変わるのでやめておきました。

手続きやEtude en Franceの登録方法も常に変わる可能性があるのでひとまずCampus Franceをチェックするのが一番の近道です。

 

いろいろ煩雑ですががんばりましょう\(^o^)/