【フランス留学・ニースは夏が長いですが季節の変わり目に注意しましょう】

南仏ニースに留学!

と聞くと想像する地中海、輝かしい太陽、ビーチビーチビーチ!

 

かもしれませんが、実情は違います。

 

 

10月後半から11月初旬に暴風雨の日々があります

 

 

僕はニースに来る前はニース=常夏だと勘違いしていました。

しかし実際は少々涼しくても海で泳げるのは10月半ばくらいまでです。

 

そして突如として豪雨と強風の日が来ます。

年間日照時間最大でもあるコートダジュールの民は雨に対して無防備ですから、街も人も犬もびちゃびちゃです。

 

 

スポンサードサーチ

寒さ対策をしておかないと病気になります

 

 

10月もすこしをすぎたら防寒具を用意しておきましょう。

 

気温が急激に下がり、つい先週まで海で泳げたのに、今日はヒーターがついていないとガクブルということが毎年あります。

しかも僕のアパートのように壁に備え付けのヒーターだと悲惨です。

すぐ側にいないと体が温まりません。

むしろシャワーを浴びて温かいスープなどを飲み、速効布団にもぐる方がよいです。

 

しかしそれでも、雨が降っていない日中は日差しはそれまで通りに強い。

冬服を着ていると汗だくになります。

 

服選びが難しい季節で、よく風邪っぴきさんを見かけます。

そして誰もマスクをしません。

バスや教室で鼻水とくしゃみと咳のセッション。

観客も数十時間後にはセッションに加わっていることが多々あります。

 

 

スポンサードサーチ

カバンには折り畳みをいれておきましょう

 

 

僕は日本にいるときはいつも折り畳みをカバンにいれていました。

その習慣は海外でも続けています。

 

しかしニースの日光に慣れていると、雨が降ってもすぐに止むだろうという油断がでます。

そして1度はずぶ濡れになるのがこの季節です。

折り畳みが宝の持ち腐れにならないようにしましょう。

 

 

スポンサードサーチ

暴風雨の日々が終われば秋が到来します

 

 

暴風雨で不安定な気候の日々はだいたい1週間くらいで終わります。

 

終わってみれば本格的な秋、そしてすぐに冬が到来します。

海で泳ぐ人はほぼ見かけなくなります(北ヨーロッパの人はたまに泳いでいます(笑))。

 

雨は降らないけれど冬服は必須になります。

天気は安定し、雨が降ることはほぼ無くなります。

 

夕焼けが美しくなる季節でもあるので、日が落ちたら海辺にでかけるのがおススメです。

 

くれぐれも温かい恰好をして、お医者さんの世話にならないように気をつけましょう。

 

 

合わせて読みたい: