【フランス語検定(仏検)のレベル比較、選択の仕方を教えます】

フランス語検定を受けたいんだけど、いろいろレベルがあってどれを選んだらいいのかわからない。

どうやって勉強すればいいの?

 

この記事を読むと、

 

  • フランス語検定の概略
  • それぞれのレベルの難易度・選び方
  • 勉強の仕方

 

についてわかるようになります。

 

フランス語検定の日程や料金は?

 

日程

 

フランス語検定は春季と秋季の年2回。

具体的に2020年の例だと、

 

春季日程

  • 6月(1次試験)
  • 7月(2次試験)
  • ※申し込みは4~5月

 

秋季日程

  • 11月(1次試験)
  • 1月(2次試験)
  • ※申し込みは9~10月

 

です。

 

注意が必要なのは

 

  • 1級:春季のみ
  • 準1級:秋季のみ

 

ということです。

※2020年は秋季も1級開催。

 

申し込み方法

 

  • ネット
  • 郵送

 

で受付しています。

 

検定料

 

単願

  • 1級 :13500円
  • 準1級 :11500円
  • 2級 :9000円
  • 準2級 :8000円
  • 3級 :6000円
  • 4級 :5000円
  • 5級 :4000円

 

併願

  • 準1級+2級 :19500円
  • 2級+準2級 :16000円
  • 準2級+3級 :13000円
  • 3級+4級 :10000円
  • 4級+5級 :8000円

 

※併願すると、それぞれの級の料金を足したものよりも1000円お得に。

 

フランス語検定の難易度の比較

 

レベル

1級:フランス語を使う職業で即戦力(学習時間600時間以上)

 

準1級:フランス語での日常生活、社会生活が可能。さまざまなフランス語を理解(学習時間500時間以上)

 

2級:一般的なフランス語を理解し、日常生活、社会生活を送れる(学習時間400時間以上)

 

準2級:シンプルな日常生活のフランス語が使える(学習時間300時間以上)

 

3級:基本文法がわかり、簡単な日常表現が使える(学習時間200時間以上)

 

4級:基礎文法がわかり、簡単な日常表現が使える(学習時間100時間以上)

 

5級:初歩的な日常フランス語が使える(学習時間50時間以上)

 

試験形式

1級~準2級

  • 筆記
  • 書き取り
  • 聞き取り
  • 面接試験

 

3級~5級

  • 筆記
  • 聞き取り

 

試験の選び方・勉強方法

 

1:現在のフランス語のレベルチェック

まず現在の自分のレベルを測りましょう。

 

測り方は、フランス国民教育省認定の唯一の公式フランス語資格試験であるDELF, DALFのレベルと比較することでできます。

 

 

無料でオンラインで測れるものがあるのですが、Institut Richelieu Lausanne(フランス語レベル無料テスト・オンライン)なんかどうでしょうか。

 

2:受験する仏検のレベルを決めて試験対策勉強をする

 

レベルチェックができたらフランス語検定のレベルと照らし合わせ、自分と同じレベルか1つ上のレベル(もしくは両方)のフランス語検定を申し込むとよいかと思います。

 

公式HP:フランス語検定申し込み案内

 

それぞれのレベルにおすすめな参考書や問題集をまとめておいたので、さっそく勉強をスタートしましょう。

 

1級:【フランス語検定1級に合格する!おすすめな参考書、問題集7選】

 

準1級:【フランス語検定準1級に合格する!おすすめな参考書、問題集7選】

 

2級:【フランス語検定2級に合格する!おすすめな参考書、問題集7選】

 

準2級:【フランス語検定準2級に合格する!おすすめな参考書、問題集7選】

 

3級:【フランス語検定3級に合格する!おすすめな参考書、問題集7選】

 

4級:【フランス語検定4級に合格する!おすすめな参考書、問題集7選】

 

5級:【フランス語検定5級に合格する!おすすめな参考書、問題集7選】

 

 

フランス語検定を受けましょう

 

仏検は日本で作られているだけあって、教材も豊富で勉強も対策もしやすく、いちばんお手軽に受けられる資格ではないでしょうか。

 

フランス語には他にも試験があります。

もし興味があるようでしたら、【(徹底比較)フランス語の資格試験・テスト】をご参考にしてくださいませ。