【DELFって何?レベルは?どうやって勉強すればよいの?】

DELFって何?

難しいの?

どうやって勉強すればいいの?

 

この記事を読むと、

 

  • DELFとは何か
  • DELF対策をどうすればいいのか

 

についてわかるようになります。

 

DELFとは何か

 

DELFはDiplôme d’Études en Langue Françaiseの略。

フランス国民教育省による公式のフランス語試験です。

 

合格者は資格を取得できます。

資格の有効期限は無期限。

 

DELFのレベル・形式・難易度

 

レベル

 

DELFにはA1、A2、B1、B2の4つのレベルがあります。

 

B2の次にC1、C2レベルがあり、それはD”A”LFと呼ばれます(DALFに関しては【DALFって何?レベルは?どうやって勉強すればよいの?】をご覧下さい)。

 

数字が大きいほうが難しいレベルです。

 

それぞれのレベルの能力について簡単に解説すると、

 

A1:フランス語でごく簡単なやり取りができる(身近なことについてフランス語で理解、やり取りができる)(学習時間60~100時間)

 

A2:A1よりも少し進んだやり取りをフランス語でできる(簡単な社会行為がフランス語でできる)(学習時間150~200時間)

 

B1:A1やA2に比べて、長いフランス語のやり取りができ、自分の意見や見解を述べられる。(学習時間350~400時間)

 

B2:B1よりも進んだやり取りができ、交渉もできる。自分で自分のフランス語の間違いに気が付き修正ができる論理的会話をフランス語ができる。(学習時間550~650時間)

 

となります。

 

B2レベルは、フランスの大学の学士課程に留学する際に求められる最低限のレベルです。

 

 

DELFの形式

 

A1からB2のすべてのレベルにおいて、

 

  • 聴解
  • 読解
  • 文章作成
  • 口頭表現

 

の試験があります。

 

どのレベルも合格基準は

 

各25点満点。合格基準は最低各5点以上で合計50点以上

 

です。

 

 

 

DELFの難易度をフランス語検定を比較する

 

DELF(とDALF)の難しさをフランス語検定のと比較したものが以下の図になります。

 

 

一番かんたんなレベルであるA1が、すでに仏検の3級レベル。

DELF最難関のB2レベルが準1級レベル

 

参考までに、仏検3級のレベルは、

 

基本文法がわかり、簡単な日常表現が使える(学習時間200時間以上)

 

準1級は、

 

フランス語での日常生活、社会生活が可能。さまざまなフランス語を理解(学習時間500時間以上)

 

です。

 

DELF・B2

 

  • 論理的に話せ、フランスの大学にも留学できるレベル
  • 目安学習時間は550~650時間と仏検準1級の学習時間の500時間よりも多い

 

ことから、仏検準1級よりも難しいといえるかと思います

 

 

DELFの日程・会場・検定料・申し込み方法

 

日程

 

DELFは

 

  • 春季
  • 秋季

 

の年2回開催されます。

 

たとえば2020年だと、

 

  • 春季:6月(出願受付2~4月)
  • 秋季:11月(出願受付8~9月)

 

です。

 

 

会場

 

日本の場合は次の9か所が試験会場となっています。

北から準に並べると、

 

  • 札幌アリアンス・フランセーズ 
  • 仙台日仏協会・アリアンス・フランセーズ
  • アリアンス・フランセーズ愛知フランス協会
  • アンスティチュ・フランセ東京
  • アンスティチュ・フランセ横浜
  • アンスティチュ・フランセ関西-京都
  • アンスティチュ・フランセ関西-大阪
  • アリアンス・フランセーズ徳島
  • アンスティチュ・フランセ九州

 

です。

 

また、海外でも受験は可能です。

 

外国の名前 DELF

 

でググってみると、その国のDELF試験情報がでてきます。

 

検定料

 

DELFの受験料は以下の通りです。

 

  • A1:9900円
  • A2:11000円
  • B1:13000円
  • B2:15000円

 

ただし、試験会場にもなっているアンスティチュ・フランセ、アリアンス・フランセーズの受講生は1000円割り引かれます。

 

申し込み方法

 

DELFへの出願方法は、

 

願書記入の上、受験料を添えて試験会場へ直接申し込み

 

が現在のところ唯一の方法です。

 

結構早めに受験定員数に達して締め切られることがあるので、準備が出来たら出願するようにするほうがよいかもです(僕は東京の練馬から横浜の試験会場まで行くことになりました)。

 

願書は公式HPからダウンロード可能。

 

公式HP:日本フランス語試験管理センター(ページ右、DELFDALF願書ダウンロードからダウンロードできます)

 

 

どのレベルを受ければいいの?どうやって勉強すればいいの?

 

DELFの受験料は安くはありません。

自分に合ったレベルを選んだほうがお得。

 

そのため、

 

  1. レベルチェックして自分のレベルを知る
  2. レベルに合ったDELFの勉強をする

 

というのがよいかと思います。

 

現在のフランス語のレベルチェック

 

無料でオンラインフランス語レベルチェックができるページがいくつかあります。

 

おすすめはInstitut Richelieu Lausanne(フランス語レベル無料テスト・オンライン)

 

レベルに合ったDELFの勉強をする

 

現在の自分のフランス語レベルがわかったら、

 

  • 同じレベル
  • 1つの上のレベル

 

のどちらかを選択しましょう。

 

レベルチェックのときに正解だった問題は、自信をもって解答を選択しましたか?

 

もしそうなら、1つ上のレベルを。

そうでないのなら、現在の自分と同じレベルを選択しましょう。

 

DELFの勉強方法

 

それぞれのDELFのレベル対策におすすめな参考書などをまとめておいたので、参考にしてくださいませ。

 

A1:【独学でDELF-A1に合格!おすすめな参考書、問題集9選】

 

A2:【独学でDELF-A2に合格!おすすめな参考書、問題集8選】

 

B1:【独学でDELF-B1に合格!おすすめな参考書、問題集8選】

 

B2:【独学でDELF-B2に合格!おすすめな参考書、問題集9選】

 

DELFを受験しましょう

 

仏検とちがいあまりなじみのないDELF。

しかし、日本以外ではDELFのほうが知名度があります。

 

将来的にフランス語圏に留学や就職を考えているのなら、DELFをまず受けてみるのもよいかもしれません。

 

※受験をする際は、DELFの公式ページのトップページに最新情報が載っているので確認を忘れないようにしましょう。

公式HP:日本フランス語試験管理センター

 

 

ベルリッツ