【(徹底解説)フランス語単語の効率的な勉強方法】

フランス語の単語の効率的な覚え方ってないかな?

 

この記事を読むと、

 

  • フランス語の単語を効率的に覚えるときに必要なもの
  • フランス語の単語力をつけるための勉強方法

 

についてわかるようになります。

 

(超重要)フランス語の単語を効率的に覚えるときに必要なもの

 

  • 単語の音と意味の結びつき
  • 使われるシチュエーションのイメージ
  • 必要になものを学ぶという割り切り

 

の3点がフランス語の効率的な単語学習に必要になります。

 

単語は、もともと『音と意味』が結びあってできたもの

言えるけど書けないという状態は比較的簡単に改善できます。

しかし、書けるけど言えない場合は難しいです。

 

また、単語は単体で存在しているときは結構意味が曖昧

使われるシチュエーションで意味がしっかりと固定されます。

 

そして単語の数は無限に近いので、必要なものだけを学ぶという割り切りをしないと無限単語の沼にはまってしまいます。

 

 

スポンサードサーチ

効率的にフランス語の単語を覚えられる勉強方法4選

 

結論を書くと、

 

  • 単語はまず聞いて覚える
  • 名詞の性別はいっしょに覚える
  • 単語の使われるシチュエーションを想定する
  • 覚える単語の範囲を絞る

 

の4つの勉強方法がおすすめです。

 

掘り下げます。

 

単語はまず聞いて覚える

 

単語は音を重視して覚えましょう。

 

 

言えるけど書けない単語は、簡単に覚えられます。

しかし書けるけど言えない単語は、文字につられてカタコトになりがち。

 

最初に覚えるべきは単語の音と意味であって、読み方は二の次です。

 

とくにこれからフランス語の単語を覚えるという方には、音声付きの教材がマストアイテム(発音記号があればなおよし)。

 

おすすめの単語帳はクラウン フランス語単語 入門

詳しい内容は【フランス語初級者の単語の参考書なら『クラウン フランス語単語 入門』がおすすめな5つの理由】をご参考に。

 

 

名詞と名詞の性別は1つのものとして覚える

 

フランス語の名詞には男女の性別があります。

これを覚えるには、

 

  • 性別の傾向のルールを覚える
  • 常に冠詞と一体化
  • 音で覚える

 

という方法が1番効果的。

 

男性名詞だけを集めたリストを作ったりしても、あまり効果はありません

 

むしろ、

 

冠詞と名詞を同時に音で覚えている

 

ほうが会話の時も書く時も、パッとでてきます

 

問題は冠詞の種類

基本はle、laといった定冠詞で覚えるといいのですが、母音などで始まる単語の場合、l’ananasのようにleなのかlaなのかわからないときがあります。

 

そういうときは、un, uneを使いましょう

 

 

単語の使われるシチュエーションを想定する

単語は連想

単体で覚えるよりも、特定のシチュエーションと関連付けていくほうが記憶に残りやすいです。

 

たとえば、ananas(パイナップル)という単語を覚えるとき、

 

  • 病気のときに家で食べた(un ananas)
  • フルーツポンチを食べた川越のあのお店で食べた(un ananas)
  • コロナで日本に戻ってきたときに泊まっていた宿のキッチンで食べた甘い(un ananas)

のように連想しつつ単語を覚えます。

 

連想は個人的なシチュエーション(例の2つ目や3つ目)のほうがより印象に残りやすいので、なおよしです。

 

そうすると、

 

  • パイナップルってフランス語でなんだっけ?
  • パイナップルといえば……あの宿で食べたのが甘かった……
  • 川越の食堂で食べたりもした……
  • un ananas!

 

という感じで思い出せることが多くなります

 

それを繰り返すと、シチュエーションを思い浮かべなくても、単語がパッと出てくるようになっていきます。

 

シチュエーションが思い浮かばない場合は、単語帳の例文を使いましょう。

 

そのため、次に紹介するような例文付きの単語帳のほうがおすすめです。

 

クラウン フランス語単語 入門

 

仏検準1級・2級対応 クラウン フランス語単語 上級

 

 

 

覚える単語の範囲を絞る

 

単語の数は無限に近いです。

しかし、個人それぞれが使う単語の範囲は区切られています。

 

単語を覚えるなら、まずは会話に使われるものを。

それ以上のものは、特に読むときに必要になってきます。

 

もちろん会話で使われる単語も読むときに必要ですから、

 

会話単語→読解単語

 

という順番で覚えていくとよいです。

 

読解用単語は基本的には広く浅く、読んだらわかるというレベルで。

 

自分の分野(専門だったり興味があったり)の単語は、深く覚えて、読んだり話せるようにしておくと会話のときに話しが弾むのでおすすめです。

 

会話から読解単語までは、

 

クラウン フランス語単語 入門

 

仏検準1級・2級対応 クラウン フランス語単語 上級

 

 

がおすすめです。

 

自分の分野の単語は、単語帳を自分で作っていくしかありません。

 

おすすめ電子辞書

カシオのエクスワードのXD-SR7200

 

辞書サイト:

【利用別・フランス語の意味を調べるときに使いたいおすすめ辞書サイト4選】

 

アプリ:

ios : 小学館 ロベール 仏和大辞典

android : プチ・ロワイヤル仏和(第4版)・和仏(第3版)辞典

 

などで覚えていきましょう。

 

 

スポンサードサーチ

フランス語の単語を覚えるときに注意すること

 

一枚のカードの裏表に単語と意味の書いてあるような単語暗記カードは、復習のために使いましょう。

 

最初からは使わない。

 

なぜなら、

 

単語と日本語訳のみという連想の余地のないものでは、意味が定着しにくいから

 

です。

 

最低1回は例文とともに単語を勉強し、その復習として単語帳を使うのはありです。

 

 

スポンサードサーチ

フランス語の単語を覚えてフランス語を話せるようになりましょう

 

単語力は会話のかなめ

単語がわからなければ、最小単位のコミュニケーションさえとれません。

 

効率よく覚えて、フランス語で楽しい会話ができるようになりましょう。