【(保存版)独学でTEF受験対策4ステップ!おすすめな参考書、問題集】

フランス語能力認定試験(TEF)対策ってどうすればいいの?

 

この記事を読むと、

 

  • TEF対策の勉強の仕方
  • おすすめ参考書・問題集

 

についてわかるようになります。

 

 

TEF試験対策の4ステップ

 

  1. 現在のフランス語レベルを測る
  2. 公式問題集を解いてテストの全容を把握
  3. 参考書や問題集などを使いフランス語を練習
  4. 会話・筆記試験対策

 

という4ステップがTEF対策になります。

掘り下げます。

 

 

現在のフランス語のレベルを測る

 

パリ商工会議所(CCI)が実施するTEFは最高900点の点数制。

合格・不合格はありません。

 

(フランス語の試験レベルの比較)

 

そのため、たとえばフランス語検定3級を受けるなら、4,5級の知識+3級の知識という決まった範囲の勉強で済みますが、TEFでは範囲は青天井。

試験会場でフランス語初心者と上級者が同じ机を並べるということも起きます。

 

よって、

 

現在の自分のフランス語のレベルを知る

 

ということが大切になります。

どのレベルから対策をとればよいのかわかるからです。

 

レベルチェックにはInstitut Richelieu Lausanne(フランス語レベル無料テスト・オンライン)を受けてみましょう。

 

 

TEF公式問題集で全容を把握

 

もし現在のフランス語レベルが中級程度なら、実際に一度TEFの問題を解いてみることをおすすめします。

全体像を把握するためです。

パリ商工会議所(CCI)発行の公式問題集があります。

 

TEST D’EVALUATION DE FRANCAIS (フランス語)

 

 

現在のフランス語レベルが初級の方も、買っておいてどのような問題があるのか確認しておくとよいかと思います。

 

TEFの点数をあげるために使えるおすすめ問題集・参考集など

 

まず目標とするTEFの点数を決めましょう。

 

それに対応するフランス語検定やDELF, DALFの問題集が勉強におすすめです

 

 

ちなみにフランス大学留学を目指すのなら

 

  TEF « Etudes en France »(フランス留学用TEF)は、大学への申請に利用できます。口頭、読解、筆記、語彙・言語構成の4つの試験を課され、総合スコアで最低315点、かつ口頭試験で20点満点中14点をとっていれば、DAPの手続きで申請時のTCF-DAPが免除されます。

 

と公式留学サイトキャンパスフランスにあります。

 

日本語で学びたいなら、フランス語検定の問題集:

 

フランス語で勉強したいなら、DELF, DALFの問題集:

 

どの試験もTEFとはちがいます。

つちかったフランス語の知識を使って、再度TEFの問題集を解くようにしましょう(特に試験前)。

 

 

口頭試験、筆記試験の対策の近道

 

口頭試験や筆記試験対策に関しては、ネイティブ講師の力を借りるのが一番の近道です。

こればかりはひとりで頑張ってもどうしようもありません。

1,2カ月の短期でもよいので、ネイティブ講師の力を借りましょう。
おすすめはベルリッツ・フランス語。
その理由は、

 

  • 無料体験あり
  • オンラインレッスン可能
  • カタコトのフランス語を正すことを目標
  • 初心者から上級の会話練習に対応

 

だからです。

 

試験直前にレッスンを受けても間に合いません。

なるべく早めに始めておくのがよいかと思います。

 

※無料でベルリッツのフランス語レッスンを体験する→フランス語

 

 

TEF公式HP:日仏文化協会

 

– 紹介した勉強法、参考書、問題集 – 
  • ベルリッツの無料フランス語会話レッスン体験:フランス語

 

ベルリッツ