【2ステップでフランス語の綴りの読み方を覚える2ステップ】

フランス語の綴り(スペル)の読み方に頭を悩ませていませんか?

 

この記事を読むと、

 

フランス語のスペルを正しく覚えるオススメな2ステップ

 

についてわかるようになります。

フランス語の綴りを覚えるのにオススメな2ステップ

 

フランス語のスペル(綴り)を覚える最良な方法は、

 

  • 発音とスペルを覚える
  • 発音付きの単語・文章を読んで覚える

 

という2ステップがおすすめです。

 

2ステップがフランス語の綴りを覚えるのによい理由

 

フランス語の綴りはややこしいです。

その原因は、

 

  • 同じ音いくつかのスペルが存在する(例:im, in, ym, yn, aim, ain, eim, ein)
  • 英語のスペルの読み方が邪魔する

 

という2つにあります。

 

そのため、

 

まず、発音と結びついたスペルからまとめて覚える

 

ようにするとよいです。

なぜなら、単語や文から覚えようとしても、バリエーションが多過ぎて覚えにくいからです。

 

そのあとで、単語や文を聞いて読みながら覚えていくことにより、英語読みの呪縛から少しずつ解き放たれていくこともできます。

 

フランス語の綴りを覚える2ステップの具体的な方法

 

発音とスペルを覚える

僕は『耳で覚えるはじめてのフランス語 発音マスター編』を使って覚えました。

 

 

本についての詳しい説明は【フランス語の発音を勉強するのにおすすめな参考書―『耳で覚えるはじめてのフランス語 発音マスター編』】にまとめたので、気になる方はお読みください。

 

他にもYouTubeでもよさそうなのを見つけたので紹介します。

 

発音付きの単語・文章を読んで覚える

単語に関してはアプリがオススメです。

 

【フランス語の発音を勉強するのにおすすめなアプリ5選】にまとめてあるので、よかったら参考にしてください。

 

文章に関してはRFIJournal en français facileがおすすめです。
Emissionをクリックすると、簡単な単語を使ったニュース音声と台本で勉強することができます。

 

発音を習う段階では文章を読んでもほとんど意味はわからないかと思います。
しかし

 

フランス語を音声を聞いて読みながらスペルの読み方に慣れる

 

ことなので、1分でも2分でもいいので、毎日声を出しながら綴りと音声の組み合わせに慣れていきましょう。

 

 

2ステップでフランス語のスペルの読み方に慣れましょう

フランス語のスペルの読み方は、1度覚えてしまえばほぼ例外なく使えるようになります。

 

最初は英語の読み方と混ざってしまったりしますが、フランス語学習者あるあるなので、気にせず勉強を続けましょう。

 

また、スペルの読み方の前に発音を身につけておいたほうがよいです。
そして発音の前にフランス語のメロディを身につけておくとカタコトフランス語にならずに済みます。

 

発音については【これはわかりやすい!フランス語の発音学習のYouTube動画】
フランス語のメロディについては【フランス語の勉強は何から始めればよいのですか?—メロディから始めましょう】

 

をぜひご覧んになってくださいませ。