【(まとめ)前置詞àを取るフランス語の形容詞の覚え方】

フランス語の形容詞の後ろにàとかdeとか続いていることがあるけど、どんな意味なの?

 

この記事を読むと、

 

  • 前置詞を従える形容詞について
  • àを従える形容詞
  • おすすめな覚え方

 

についてわかるようになります。

 

前置詞を従える形容詞について

 

フランス語だけではなく、日本語にも形容詞のなかには、それだけでは意味的に中途半端なものがあります。

 

たとえば、

 

上手

 

という形容詞

 

わたしの彼氏は上手なんです~。

 

と言われたら、

 

え?何が上手なの?

 

となりませんか?

 

ほかにも、

 

反対

 

という形容詞を使って、

 

わたしは反対です!

 

と言われても、

 

何に反対?

 

と思いませんか?

 

こういうときに、日本語では

 

  • わたしの彼氏は料理が上手なんです。
  • わたしは増税に反対です。

 

という文の中に現れる、

 

が上手

に反対

 

といった様々な助詞がそれを必要とする形容詞に使われます。

 

フランス語でも同じです。

補助的な意味を追加するときに、前置詞を必要とする形容詞があります。

 

そのような形容詞が必要とする前置詞の2大代表

 

à

de

 

です。

 

àを従える形容詞

 

さらっとでよいので、次に紹介する形容詞に目を通してみましょう。

おすすめな覚え方についてはあとから紹介します。

 

  • accessible à:アクセス可能な
  • adroit à:上手な
  • agréable à:快い
  • apte à:適した
  • attentif à:注意した
  • bon à:適した
  • cher à:親しい
  • comparable à:比較できる
  • conforme à:一致した
  • contraire à:反対の
  • difficile à:難しい
  • disposéà à:つもりの
  • étranger à:関係のない
  • exact à:正確な
  • favorable à:好意的な
  • fidèle à:忠実な
  • habile à:巧みな
  • hostile à:敵対する
  • indifférent à:無関心な
  • indispensable à:必須の:
  • inférieur à:下位の
  • inutile à:無益な
  • nécessaire à:必要な
  • nuisible à:有害な
  • opposé à:反対の
  • parallèle à:平行な
  • pareil à:同じの
  • prêt à:準備完了な
  • propre à:適した
  • relatif à:関係のある
  • semblable à:似ている
  • sensible à:敏感な
  • sujet à:陥りやすい
  • supérieur à:上位の
  • utile à:有用な

 

おすすめな覚え方

 

どんな形容詞がどんな前置詞を従えるかを覚えるときに一番気を付けたいのが、

 

àを従える形容詞とdeを従える形容詞を一気に覚えないこと

 

です。

 

文法書や単語帳にはまとめて載っていて、一気に覚えたほうがよいような雰囲気が醸されていますが、要注意です。

 

なぜなら、人間は似たものを区別しにくいという性質があるからです。

 

そのため、前置詞を従える形容詞という大枠で形容詞を覚えてしまい、小枠である具体的な前置詞について曖昧になりがちです。

 

要は、

 

よしàとdeが必要な形容詞を覚えたぞ!

 

となったあとに、

 

あれこの形容詞、àのdeのどっちを従えるんだっけ?

 

となることがあるということです。

 

そのため、

 

  1. まずはàかdeのどちらかの前置詞を従える形容詞に慣れる
  2. それから残ったほうを覚える

 

という手順がよいかと思います。

 

実を言うと、àやde以外の前置詞を従える形容詞もあります。

しかしàやdeを従える形容詞と比べたら圧倒的に数が少ないので、そういう形容詞は後回しでよいです。

 

さて、たとえばàを従える形容詞に慣れたい場合は、

 

  1. àを従える形容詞の一覧を用意する(自分の単語帳や文法書に載っていなければ僕が上に引用したものをお使いください)
  2. ネット検索ページやツイッターなどで形容詞+àで検索し実際の用例を読む(インプット)
  3. 気になったものを書き出してみる(アウトプット1)
  4. àのあとに続く言葉を好きなものに変えてオリジナルな文を作る(アウトプット2)

 

というようなステップを踏むのがよいかと思います。

 

前置詞àを取る形容詞を覚えると

 

一度覚えてしまえば、自分が使うときに自動的にàの挿入ができるようになります。

 

あとからdeを取る形容詞や他の前置詞を取る形容詞を覚えて混乱しそうになっても、違和感を感じるようになれば成功です。

 

むしろ気を付けるのは、形容詞の性数一致のほうになるかもしれません。

 

形容詞の性数一致に関しては、

 

 

をご覧くださいませ。

 

参考は以下の本でした。

 

Nouvelle Grammaire du Français: Cours de Civilisation Francaise de la Sorbonne (フランス語) ハードカバー

 

 

現代フランス広文典[改訂版]