【(まとめ)フランス語で冠詞がつかないとき14( en+名詞)】

フランス語の文を読んでいると、enのあとは前置詞がついていないことが多いけど、ときどきついているものもある……なにが違うの?

 

この記事を読むと、

 

  • 前置詞enのあとに冠詞がつかないとき
  • 前置詞enのあとに冠詞がつくとき

 

についてわかるようになります。

 

※en+地名については、別の記事【(まとめ)フランス語で冠詞がつかないとき7(à, en, dans+地名)】をご参考ください。

 

前置詞enのあとに冠詞がつかないとき

 

フランス語の前置詞enのうしろに名詞が来る場合、

 

冠詞がつかないのが基本

 

です。

たとえば、

 

Je suis en voyage.

(わたしは旅行中である)

 

のように使います。

 

前置詞enのあとに冠詞がつくとき

 

前置詞enのあとに冠詞がつく場合は

 

  • 慣用句として
  • enがdansに変わる(名詞が限定されたとき)

 

の2つです。

 

掘り下げます。

 

慣用句として

 

フランス語の古語のなごりで、enのうしろに慣用句がつくものがあります。

 

よく使われるものとして、

 

  • en l’absence de:の留守中は、~がないので
  • en l’air:空中に、架空の
  • en l’espace de:の期間に
  • en l’espèce:とくにこの場合には
  • en l’honneur de:~に敬意を表して
  • en la matière:その分野に関しては
  • en l’occurrence:この場合には
  • en la demeure:送れると
  • en l’an 1789:1789年に

 

などがあります。

たとえば、

 

Aucun progrès réel ne pourra être réalisé en l’absence de confiance mutuelle. 

(互いの信頼がなしに、本当の進捗は実現されえない)

 

のように使います。

 

enがdansに変わる

 

形容詞や補語などがenのあとの名詞につく場合、

 

dans+冠詞+名詞

 

の形に変わります。

たとえば、

 

Je me suis perdu en forêt.

(わたしは森で迷った)

 

Je me suis perdu dans une forêt profonde.

(わたしは深い森で迷った)

 

のように使います。

 

(重要)

  1. 形容詞がついていない
  2. 同じ名詞

 

であり

 

dans+冠詞+名詞

 

 

en+名詞

 

意味が分かれることがあります。

その場合、

 

具象的(dans)

 

 

抽象的(en)

 

となります。

たとえば、

 

Je suis dans la prison.

(わたしは刑務所にいる)

 

Je suis en prison.

(わたしは服役中である)

 

のように意味が分かれます。

 

前置詞en+名詞が使えるようになると

 

前置詞enのうしろの名詞に冠詞がつくつかないを理解しておくと、表現の幅が広がります。

 

中でも、

 

  • enがdansに変わること
  • 慣用句で冠詞がつくこと

 

を知っておくのがとくによいかと思います。

 

とはいえ、一度読んだだけでは忘れてしまいます。

上で紹介したことを簡単に頭に入れたあとは、インターネットを使った勉強法がおすすめです。

 

たとえば、

 

  1. ネット検索ページやツイッターなどでen、en+冠詞の慣用句を検索し実際の用例を読む(インプット)
  2. 気になったものを書き出してみる(アウトプット1)
  3. enを使ったオリジナルな文を作る(アウトプット2)

 

というようなステップを踏むのがよいかと思います。

 

 

参考は以下の本でした。

 

Nouvelle Grammaire du Français: Cours de Civilisation Francaise de la Sorbonne (フランス語) ハードカバー

 

 

現代フランス広文典[改訂版]

 

 

 

 

 

 

ベルリッツ