【(まとめ)フランス語で冠詞がつかないとき13( sans+名詞)】

前置詞sansのあとは冠詞がいらないと習ったけど、フランス語の文を読んでいると、たまに冠詞がついている……。

なにがちがうの?

 

この記事を読むと、

 

  • sansのうしろの名詞に冠詞がつかない場合
  • sansのうしろの名詞に冠詞がつく場合

 

についてわかるようになります。

 

sansのうしろの名詞に冠詞がつかない場合

 

結論から書くと、

 

名詞にsansがつくとき基本は冠詞がつかない

 

とされています。

 

たとえば、

 

Je prends toujours mon café sans sucre.

(わたしはいつも自分が飲むコーヒーに砂糖をいれない)

 

のように使います。

 

sansのうしろの名詞に冠詞がつく場合

 

結論から書くと、

 

  • 不定冠詞単数を使うとき
  • sansのうしろの名詞が他の言葉で限定されているとき

 

 

冠詞がつく

 

とされています。

 

掘り下げます。

 

sans+不定冠詞単数+名詞

 

否定の意味を強調したいとき、

 

sans+不定冠詞単数(un, une)+名詞

 

という形になります。

たとえば、

 

Il est sans un ami.

(彼には友人がひとりもいない)

 

比較:

Il est sans ami.

(彼には友人がいない)

 

のように使います。

 

sans+冠詞+限定された名詞

 

sansのうしろの名詞が、

 

形容詞や補語(形容詞じゃないけど形容しているような言葉)で限定されている

 

とき、

 

sans+冠詞+限定された名詞

 

という形になります。

たとえば、

 

Sans un travail acharné, vous ne réussirez pas votre examen.

(猛勉強なしに、あなたの試験合格は難しいでしょう)

 

Sans les amis que je me suis faits à l’université, je

serais perdu.

(大学時代に作った友だちがいなければ、私は路頭に迷っているだろう)

 

のように使います。

 

sans+名詞を使えるようになると

 

sans+名詞という組み合わせの冠詞の有無の法則を知っておけば、フランス語の理解力と表現力が深まります。

 

紹介した使い方を簡単に頭に入れたあとは、インターネットを使った勉強法がおすすめです。

 

たとえば、

 

  1. ネット検索ページやツイッターなどでsans、sans+冠詞を検索し実際の用例を読む(インプット)
  2. 気になったものを書き出してみる(アウトプット1)
  3. sansを使ったオリジナルな文を作る(アウトプット2)

 

というようなステップを踏むのがよいかと思います。

 

 

参考は以下の本でした。

 

Nouvelle Grammaire du Français: Cours de Civilisation Francaise de la Sorbonne (フランス語) ハードカバー

 

 

現代フランス広文典[改訂版]