【(まとめ)フランス語で冠詞がつかないとき11(名詞+à+名詞)】

フランス語の文を読んでいると、前置詞のうしろに冠詞がつかなかったり、ついたりしている……。

違いは何?

 

この記事を読むと、

 

  • 名詞+à+名詞の形のときに、うしろの名詞に冠詞がつかない場合
  • 名詞+à+名詞の形のときに、うしろの名詞に冠詞がつく場合

 

についてわかるようになります。

 

名詞+à+名詞の形のときに、うしろの名詞に冠詞がつかない場合

 

名詞+à+名詞という形では、àには

 

  • 用途
  • 様式
  • 所属
  • 組成
  • 特徴
  • 所有

 

のような主な意味があります(例文など詳しくは【(ちがいのまとめ)フランス語のdeとàの使い分け】をご覧下さい)。

 

さて、前置詞àを挟んで2つの名詞が結ばれる場合、

 

うしろの名詞が前の名詞を不特定で形容している

 

とき、

 

うしろの名詞には冠詞がつかない

 

というルールがあります。

たとえば、

 

un couteau à pain

(パン切り包丁)

※特定のパンでなく、不特定なパン(どんなパンでも切れる)

 

une brosse à dents

(歯ブラシ)

※特定の歯でなく、不特定な歯(どの歯も磨ける)

 

une boîte à cigares

(タバコの箱)

※特定のタバコでなく、不特定なタバコ(どんなタバコも入れられる)

 

のように使います。

※painは不可算名詞なので単数

 

名詞+à+名詞の形のときに、うしろの名詞に冠詞がつく場合

 

前置詞àを挟んで2つの名詞が結ばれ、うしろの名詞

 

  • 特定なもの
  • 手段(~を使った)の意味の名詞

 

の場合、

 

うしろの名詞に冠詞がつく

 

というルールがあります。

掘り下げます。

 

特定なもの

 

定冠詞(le, la, les)が必要であるような場合に、

 

名詞+à+冠詞+名詞

 

という形になります。

たとえば、

 

un professeur à la Sorbonne

(ソルボンヌの教授)

※ソルボンヌ大は1つしか存在しないため定冠詞がつく

 

のように使います。

 

手段(~を使った)の意味の名詞

 

不特定な名詞であっても、手段の意味で使われる名詞がうしろに来た場合

 

名詞+à+冠詞+名詞

 

という形になります。

たとえば、

 

une glace à la vanille

(バニラアイス)

※バニラを使ったアイス

 

de la peinture à l’huile

(油絵具)

※油を使った絵具

 

のように使います。

 

名詞+à+名詞を使えるようになると

 

フランス語の理解力と表現力が上がります。

とくに、表現力が大幅に上がるのではないでしょうか?

 

個人的にはいつも名詞+à+名詞という形のときの冠詞の有無には頭を悩ませていたので、今回まとめてみて、今後は迷わず使えるようになりそうです。

 

名詞+à+名詞という形でのàは、日本語だと『の』と訳されることが多く、deと何がちがうの?と思うこともあるかもしれません。

 

そういう場合は、

 

 

について頭にいれたあとで、インターネットを使った勉強法がおすすめです。

 

たとえば、

 

  1. ネット検索ページやツイッターなどでà(冠詞あり、なし)を検索し実際の用例を読む(インプット)
  2. 気になったものを書き出してみる(アウトプット1)
  3. àを使ったオリジナルな文を作る(アウトプット2)

 

というようなステップを踏むのがよいかと思います。

 

 

参考は以下の本でした。

 

Nouvelle Grammaire du Français: Cours de Civilisation Francaise de la Sorbonne (フランス語) ハードカバー

 

 

現代フランス広文典[改訂版]