【英語・フランス語etc、外国語を勉強するときはプロソディも重要です】

プロソディを知っていますか?

簡単に説明すると、口を閉じたまま

 

今日はラーメンを食べたい

 

とハミングしたときに、実際には何を言っているかわからないけれど、ハミングの音の高さや伸ばし具合などがわかると思います。

そういう音声の情報のことです。

ちなみに英語のアクセントもプロソディの一種です。

なぜプロソディが重要なのでしょうか?

 

 

外国語を勉強するときはプロソディの練習もしっかりとすべきです

 

 

僕たち日本人はよく英語の発音で悩まされます。

しかし下唇をかんで発音するvの音ができるようになっても、上の歯の裏に舌をつけてlの音ができるようになっても、アクセントに気をつけても、実際に英語を話すとてんでダメなことが多いです。

 

それは

 

  • 発音の根幹
  • 話のテンポ

 

をプロソディが決めているからです。

 

 

スポンサードサーチ

プロソディをしっかり勉強した方がよい3つの理由

 

 

英語やフランス語、その他外国語を学ぶときにプロソディのをしっかり勉強したほうがよい理由は3つあります。

 

  1. ひとつひとつの音の発音ができてもプロソディができているとはいえない
  2. プロソディが会話のキャッチボールのタイミングを決めている
  3. プロソディができていないと社会的には低く評価される

 

からです。

 

プロソディ+調音が発音です

 

僕たち人は発音よりプロソディから学び始めます。

 

人間の胎児は、受胎後30週頃から聴覚が発達し周囲の音を聞いています。

そして33~37週頃にはすでにプロソディ情報に敏感になり、生後1歳半ごろまでが母国語のプロソディをしっかりと聞き分けられるようになる限界の年齢だと言われています。

 

赤ちゃんが初めての言葉を話すのは1歳ごろ。

歯や口が大きくなってようやくといった感じですね

(全部の音をきちんと作れるようになるには時間がかかります)。

 

重要なことは、

 

  • プロソディと音は違う
  • プロソディ→音の順番で身につけている

 

ことです。

 

プロソディが会話のテンポを決めています

 

僕たちが誰かと会話しているとき、僕らは相手の発言がいつ終わるか予想できます。

 

例えば子供が

 

『でもぅ…↓』

 

と最後を伸ばし気味に、そして下げ気味のメロディで言ったとき、僕たちはそれ以上その子どもが話さないであろうことは予想できます。

しかしそれが

 

『でもっ↑』

 

短く上げ調子の場合は、子どもが話を続けて反論をしてくると予想できるので、こちらは聞き役を続けます。

しかしながらそこであえてこちらが何か発言したらどうなるでしょうか?

コミュニケーションとしてはよろしくないことになりませんか?

 

上げ調子だったり下げ調子だったり伸ばしたり短かったりするプロソディ。

このプロソディが文法や言葉よりも会話の主導権の交代には重要だという言語学の実験結果もあります

 

そしてこれはもちろん英語やフランス語といった外国語でも同じです。

 

僕らのプロソディができていないと、発言が終わっていないのに相手が話し始めたり、反対に僕たちが相手の発言を邪魔してしまったり。

 

あの人は人の言うことを最後まで聞かない、なんてタイミングが悪いんだ、と思ってしまう理由はこんなところにあるのかもしれませんね。

 

プロソディができていないと社会的な評価が低くなる

 

3つ目のこの理由は外部要因なのです。

しかしもし将来海外で働きたい、留学したいと思っているのなら、プロソディができていないと低くみられることもあることを念頭に勉強しておいたほうがよいです。

 

どの国地域にもその場所で一番きれいとされている発音があります。

日本だと標準語とも呼ばれる共通語、東京言葉ですね。

 

そして実際に地方の人間が東京に行き、標準語で話していても、ときどき地元のイントネーションが出てしまうことがあります。

 

そういうときに東京出身の人が僕たちに抱く感情は優越感のときもあります。

 

最近は方言女子はカワイイなんていう言葉も見かけますが、日本のカワイイの意味は『相手は自分より下で加護したい気持ちである』です。

 

ちなみに僕は名古屋出身ですが、

 

ばあちゃん

 

の初めの『ばあ』を上げ調子に言って東京出身の人に笑われたことがあります。

 

国内でもこのように一番よしとされるプロソディがあり社会的な上下制度が見えますが、海外で外国人が働くときも同じです。

 

ある大学で教授の評価を学生に行わせる実験をしたところ、外国出身で強い訛りのある教授の評価が、実際の授業内容に比べて低かったという結果もでています。

 

 

スポンサードサーチ

プロソディを強化するのにおススメな勉強法

 

 

個人的におススメなのは、

 

  • シャドーイング(プロソディ真似)→実際に話す

 

ことです。

 

シャドーイングはラジオや映画などで話しているセリフを聞きつつ真似しながら自分でも発音することです。

 

最初のうちは意味や正しい発音などは無視してもよいです。

台詞のプロソディ(音の長さ、イントネーション、アクセントなど)に注意して真似してみましょう。

 

掃除しているときの片手間に、食器洗いの片手間に、イヤホンで聞きながらやるとうまくひとつひとつの音に注意しなくなるのでよいです。

 

口の形や舌の位置とプロソディを同時に完璧に真似るのは不可能に近いです。

情報が多過ぎで、初めにプロソディに注意しているともう片方はおざなりなるかと思いますが、それで大丈夫です。

プロソディに慣れて来たら個々の発音や意味に注目しましょう。

 

実際に話すときの練習相手は、語学系のアプリやオンラインレッスンで探すとよいかと思います。

 

その場合、アプリだと出会い系目的で使っている人もいるので気をつけましょう。

 

英語なら、個人的にはオンラインレッスンのほうが先生からのきちんとしたフィードバックもあっておススメです。

値段が気になるならEigoru(エイゴル)なら月1000円以下でできてお得かと思います。

 

参考:

【1回切り数百円から。最低契約期間の総額別・おすすめ英会話オンラインレッスン16社】

 

シャドーイングを数日、そして実際の会話。

そうやって実践を通じてプロソディ、発音、単語、文という順番で勉強すると、会話のときにごてごての日本語発音にならなくなるのでおすすめです。