【英会話の上達にアウトプットと他人を必要とします】

英語の勉強でインプットやアウトプットが大事って聞いたことがあるけど、英会話にもアウトプットがあるの?

 

 

英会話のアウトプットはスピーキングを『理解されること』です

 

 

簡単に説明すると、

 

  • インプット=知識や情報などを頭に入れる
  • アウトプット=インプットしたものを使う

 

ということになります。

 

これを英会話に当てはめると、

 

  • リスニング(インプット)
  • スピーキング(アウトプット)

 

となります。

 

そして

 

  • スピーキングのアウトプットは最終的に英語話者によって理解されることが必要

 

になります。

 

『最終的に』と書いたのは、リスニング(インプット)の段階で決まり文句や単語、ある程度の文法は頭に入っていることを想定しているからです。

 

言い換えると、スピーキングのアウトプットがきちんとできているか否かの最終判断は、

 

  • 単語や文で伝えたいことが『英語の音として相手にきちんと伝わっているか』

 

に懸かっています。

その理由を書きます。

 

 

スポンサードサーチ

英会話のアウトプットがひとりでは完結しない理由

 

 

英会話のアウトプットであるスピーキングが英語話者によって理解されることが最終的に必須な理由は、

 

  • 英語の発音(調音・プロソディ)ができているか判断できるのは英語話者のみ

 

であるからです。

 

そのため、

 

  • シャドーイング
  • 録音して聞き比べ
  • Siriなどの音声アシスタントによる英語発音認識

 

といったアウトプットは悪くはないのですが、決定打になりません。

なぜでしょうか?

 

 

スポンサードサーチ

英語話者に理解されるように話すことが他のアウトプット方法一線を画す理由

 

 

シャドーイングなどのようによく聞かれるスピーキングのアウトプット方法と『英語話者に音声的に理解されるように話すアウトプット』の大きな違いは、

 

  • 生身の人間によるチューニングがあるか否か

 

ということです。

なぜなら他のアウトプット方法が、

 

  • シャドーイング=自己完結=発音が本当に合っているのかわからない
  • 自分の発音を録音してネイティブのものと聞き比べ=非ネイティブの耳を通して正解は判断できない
  • Siriなどの音声アシスタントによる英語発音認識=発音が『ある程度』合っていれば認識しれくれる作りになっている

 

というのに比べて、

 

  • 英語話者に理解されるように話す=生身の人間相手なので即手直し(チューニング)されることが可能

 

という点で違いがあります。

もっと簡単単純に言うと、

 

  • 英会話は伝えたいことが英語の音声で『きちんと伝わる(英語話者に理解される)』ことがアウトプット

 

になります。

 

『きちんと伝わる』ということを強調したのは、よく巷で聞かれる『発音がちょっとくらい変だったり間違ったりしても意味が伝わればいい』というのとは違うためです。

 

確かにちょっとした旅などではそれで大丈夫だと思います。

しかし、もし将来的に英語を使って勉強したい、仕事したいという夢があるのなら、

 

  • 発音(調音・プロソディ)がネイティブのものとかけ離れていればいるほど、どんな地位にいようとも下に見られてしまう

 

という現実があることを覚えておきましょう。

 

参考:

【英語・フランス語etc、外国語を勉強するときはプロソディも重要です】

 

 

それほど

 

  • 正しい発音で音声情報を伝える

 

ことは大切なのです。

 

ぶっちゃけ僕も昔は『意味が伝われば発音はそれなりでいいでしょ』などと考えていたのですが、そういう考えだと発音の向上は見込めません。

 

というわけで、

 

  • 英語話者に音声的に理解されるように話すアウトプット

 

は欠かせません。

 

そして問題は、どうやってその『英語話者』を見つけるかなのですが、おすすめは英会話のオンラインレッスンです。

なぜなら、

 

  • 英語教授法を持った講師がいる
  • マンツーマンなので直してもらいやすい
  • 講師なので嫌になったりせず直してもらえる
  • 料金的に留学や英語教室のマンツーマンレッスンより安い

 

からです。

 

無料の言語学習者交流アプリやサイトもあるのですが、

 

  • 英語教授法を持った人を見つけるのが難しい
  • ボランティアに近いので向こうが嫌がった時点でレッスンが終わる

 

ということが度々起こるので(とくに英会話初心者レベルのとき)、初めはおすすめしません。

 

ある程度英語話者にも伝わる発音を習得できたら、シャドーイングなどで継続して英語の音にふれ、引き続きオンラインレッスンで英会話の練習をするか、言語学習者交流アプリやサイトを利用し英会話をする機会を設けましょう。

 

参考:

【(体験談)DMM英会話のレッスンを3か月続けてみた感想】

【料金順・英会話オンラインレッスン(オンライン英会話)16社ランキング】

 

 

スポンサードサーチ

英会話のアウトプットはひとりではできません

 

 

英会話のアウトプット(スピーキング)は

 

  • 英語話者によってスピーキングの発音がよしと判断される

 

ことに懸かっています。

 

ひとりで済ませようとはせず、他人の力を借りて英会話のアウトプットをし、英会話能力の向上にはげみましょう。