【誰でもできる!勉強が続かない場合に試したい1つのこと】

勉強がなかなか続かない。

いつも3日坊主で終わってしまう……。

なにか勉強が続くような方法がないかな?

 

この記事を読むと、

 

勉強を続けられる1つのコツ

 

についてわかるようになります。

 

勉強が続かない

 

急な用事や疲労やなんやかんやで、昨日はできた勉強が

 

  • 今日だけはお休み
  • 明日やろう

 

と思ってしないことがありませんか?

 

そして1日勉強を休んでしまうと、

 

休み癖

 

がついて、

 

翌日だったり別の日にも勉強を続けないことへの抵抗がなくなり

 

最終的には、

 

その勉強をしなくなる

 

という結末に……。

 

どれだけやるかを考える

 

勉強が続かない理由は、

 

勉強をやらないことに抵抗感が低くなるから

 

です。

 

そこで、

 

  • 今日はお休み~(今日はやらない)
  • 明日やろう(今日はやらない)

 

と思うのではなく、

 

今日はどのくらいやろう?

 

と問うようにするのがよいかと思います。

たとえば英語を勉強しているのなら、

 

今日はめちゃくちゃ疲れていてもう眠いけど、新しい単語を3つだけ確認しよう

 

とかです。

 

自分の状況応じて勉強する量を調整するだけで、毎日勉強することを続けられるようになるかと思います。

 

少ししかやらないなんて勉強じゃなくない?

 

英単語3つ覚えるって……それ勉強でも何でもなくない?

 

と思う人もいるかと思います。

しかし、たとえ3つでも同じような日が年に10日あれば30個

 

30個の新出英単語を覚えるのは、なかなか大変なことではないでしょうか?

 

僕自身も仕事後にうちに帰ってご飯を作ってシャワーを浴びたらもう0時過ぎ……という日などには、

 

今日はもう勉強いいんじゃない?

 

と寝転がりながら思ったり。

 

しかし、手を伸ばせば単語帳があったり、問題種があったりするので(こういういつでも簡単に参考書に手が届くという状態も大切かも)、

 

  • 単語2つくらい確認しておくか
  • 昨日解いた問題を復習しておくか

 

などと

 

『完璧なる勉強』とはかけ離れた勉強

 

をしていたりもしているせいか、

 

まったく勉強していない日はない

 

という状況になっています。

 

もちろん体力的時間的余裕があるときは、ある程度の長い時間勉強しています。

 

どれくらい勉強をするかは人それぞれ

 

こんな感じで、あくまでコツは

 

勉強量を調節して、勉強をしない日を作らない

 

ことです。

 

やるやらないという0か100かではなく、

 

3ぐらいはやるかの精神

 

が大切。

 

また、寝床に参考書や単語帳を置いておくような、

 

身近にいつでも勉強ができる環境を整えておく

 

のもいいかもしれません(最近ならスマホでもほとんどの勉強が寝転がりながらできますね)。

 

いずれにせよ、勉強が続かなくて悩んでいる方はぜひ試してみてくださいませ。