【英会話を独学で身につける方法】

学校に行かずに英会話を身につけたいな~と思ったことはありませんか?

 

 

英会話を独学で身につけることはある程度までできます

 

 

独学で英会話を身につける方法はある程度までできます。

ある程度というのは、

 

  • アウトプット(実際の会話)の直前まで

 

です。

 

なぜ会話の直前までしか英会話の独学ができないのでしょうか?

 

 

スポンサードサーチ

英会話の独学に限界がある理由

 

 

すこし考えてみればすぐわかるのですが、英会話というのは言い換えると『英語で会話すること』となります。

 

つまり『会話する』というのが最終目的となるのでどうしても他人が必要となり独学ではできなくなります。

 

では最終的に英会話ができるようにはどうしたらよいのでしょうか?

具体的な勉強の順番と方法は以下の通りです。

 

 

スポンサードサーチ

英会話を独学で勉強する際のおすすめな順番とその方法

 

 

英会話ができるようになりたいなら、

 

-独学で

  1. 発音(調音・プロソディ)の勉強
  2. 決まり文句で発音の実践
  3. 文法で英文のルールを覚える
  4. 単語を覚える

 

-誰かと

  1. 会話練習

 

という順番が一番よいと思います。

なぜなら、

 

  • 発音を勉強しないまま会話練習を行っても相手に通じない
  • 単語から覚えても忘れやすい
  • 決まり文句は文法を考えなくてもよい

 

……などといった理由があるからです。

 

では詳しい勉強方法を見て行きましょう。

 

発音の勉強

発音の勉強は調音(口元などの動き)・プロソディ(英語らしさのメロディやリズムなど)の知識と実践を身につけるために行いまます。

 

調音に関しては、

 

 

プロソディに関しては、

 

  • 好きな映画などでプロソディに意識を向けつつシャドーイングで練習(日本語字幕でもOK)

 

などがおすすめな勉強方法です。

 

参考:

 

 

決まり文句の勉強

決まり文句を覚えたほうがよいのは2つの理由からです。

その2つとは、

 

  1. 発音の勉強で学んだ調音とプロソディの知識と動き方を実践する
  2. 決まり文句は文法の知識が要らない(それでいて会話には必須なことがおおい)

 

からです。

YouTubeで

 

  • 日常英会話フレーズ

 

と検索して色々してみましょう。

または、スタディサプリ ENGLISHなども使えます。

 

スタディサプリENGLISHを使った勉強の仕方については、

 

 

を参考にしてくださいませ。

 

 

文法の勉強

文法の勉強で一番大事なことは、

 

  • 例文に出てくる英単語の発音をあまり気に留めない

 

ということです。

なぜなら、

 

  • 文法勉強時に出てくる英単語の発音をカタコトで覚えてしまうとあとから矯正が大変なことになる

 

からです。

 

文法の勉強は、

 

  • 英単語の順番・語末変化で単語以上の意味を伝える

 

ためにします。

また、

 

  • 日常英会話に必要な英文法の知識は中学校のもので十分

 

です。

 

その勉強方法は、

 

  • グーグルで中学英文法と検索してでてきたページ
  • 文法書

 

を使うというのがあります。

ただし、グーグルを使うときは

 

  • 誰が書いているのか

 

に注意してください。

そして

 

しっかりとした肩書がある人のページ

 

を見るようにしましょう。

なぜなら下手に『英語が得意な人』みたいな人が書いているのは間違いがあったり説明が適当だったりするからです(人のこと言えませんが( ;’∀’))

 

そういった意味では

 

  • 文法書

 

のほうが出版元や著者がはっきりとしているのでおすすめです。

図書館や本屋に行って、

 

  • 薄い
  • イラストが多い
  • 読んでわかりやすい文で書いてある

 

中学英文法の本を探して使いましょう。

この3つの理由は、

 

  1. 本が厚いと嫌になりがち
  2. イラストが多いと記憶に残りやすい
  3. 小難しい文章で説明してあっても記憶に残りにくい

 

からです。

おすすめは、

 

 

ですが、自分にあったものが一番なのでぜひ足を運んでみましょう。

 

(単行本版)

 

(kindle版)

 

 

(単行本版)

(kindle版)

 

 

ちなみに動画で学ぶなら、

 

 

もいいのですが、いかんせん長い(まさかの97ビデオ(笑))

 

 

英単語の勉強

文法ができるようになって初めて英単語を勉強する意味が出てきます。

文法のあとに英単語を勉強する理由は、

 

  • 単語だけで覚えてもすぐ忘れてしまう

 

からです。

 

  • 記憶は関連が多い程定着しやすい

 

ので、単語を覚えるときはできるだけ文章の中で覚えるようにしましょう。

また、文章の中ではプロソディの影響で発音が少し変わることにも気をつけましょう。

おすすめは以下の動画です。

 

 


単語だけのもありますが、イラストなどと同じなので覚えやすくなっているかと思います。

子ども用だからってバカにしてはいけません。

子どもは日常英会話ができるほどの単語数を持っています。

 

そして英単語を勉強する時に大切なのは、

 

  • 単語を覚えるときにスペルを気にしなくてよい

 

ということです。

なぜなら、

 

  • 英会話は音でするもの

 

だからです。

そのため、

 

  • スペルに気をとられて発音が疎かになる

 

ことを避けるようにしましょう。

 

 

英会話の勉強

英会話の勉強は独学で学んだことを実際に使って会話ができるようにします。

 

英会話の勉強で大切なことは、

 

  • 相手が自分の発音で英文を理解してくれる

 

ということです。

当りまえのことですが。

 

というわけでここにきてどうしても『会話相手』が必要になってくるわけですが、おすすめは

 

  • オンラインレッスン→言語学習者交流アプリやサイト

 

というものです。

オンラインレッスンがおすすめなのはコスパがよいからです。

どうしてかというと、

 

  • 英語教授法の資格を持った講師とマンツーマン授業
  • 月数万~十数万かかる英語学校や留学にくらべて1回切り500円台~月6000円台のものがある

 

からです。

無料の言語学習者交流アプリやサイトは英語教授法の資格のない素人とコミュニケーションを取ることになるので、おもしろいにも関わらず、適切な指導を受けられないというネガティブポイントがあります。

 

なので、先にオンラインレッスンである程度話せるようにしておき、それから言語学習者交流アプリやサイトに移行すればよいのです。

 

参考:

【料金順・英会話オンラインレッスン(オンライン英会話)16社ランキング】

 

 

スポンサードサーチ

独学で英会話は学べますが限界があります

 

 

英会話は独学で学べる部分と他人が必死になる部分に分かれています。

 

独学でできる部分は独学で勉強し、そうでない場合は料金がかかりますがオンラインレッスンを受ければ、話せるようになるための一番お金がかからずそれでいて近道になります。