【(まとめ)フランス語で冠詞がつかないとき5( 否定文の直接目的語)】

フランス語の文を読んでいると、否定文の目的語の前に冠詞がつかなかったりついたりしている……違いは何?

 

この記事を読むと、

 

  • 目的語のある否定文の概略
  • 否定文で目的語に冠詞がつかない場合
  • 否定文で目的語に冠詞がつく場合

 

についてわかるようになります。

 

目的語のある否定文の概略

 

今回紹介する、否定文で冠詞がつかなくなる目的語を持った文型に(は2つあります。

 

  • 主語+動詞+直接目的語(+間接目的語)
  • Il y a+名詞

 

です。

たとえば、

 

J’ai posé des questions.

(わたしはいくつか質問をした)

 

Il y a du vin.

(ワイン瓶が一本ある)

 

のような文です。

 

否定文で目的語に冠詞がつかない場合

 

結論から書くと、

 

主語+動詞+直接目的語(名詞)

Il y a+名詞

 

 

  • 直接目的語(名詞)
  • 名詞

 

 

  • 不定冠詞(un, une, des)
  • 部分冠詞(du, de la)

 

であり、

 

肯定文で表している内容の全否定

 

の場合に、

 

冠詞の代わりにde

 

となります。

 

たとえば、

 

Je n’ai pas posé de questions.

(わたしはまったく質問をしなかった)

※質問自体しなかった

 

比較:

J’ai posé des questions.

(わたしはいくつか質問をした)

 

 

Il n’y a pas de vin.

(ワインはまったくない)

※ワインが存在していない

 

比較:

Il y a du vin.

(ワインがある)

 

のように使います。

 

否定文で目的語に冠詞がつく4つのケース

 

主語+動詞+直接目的語(名詞)

Il y a+名詞

 

という文型で、否定文でも冠詞がつく場合は、

 

  • 否定が文の一部分のみ
  • 反語的意味の否定疑問文
  • たったひとつのという意味を表現したいとき
  • 名詞で表している物の区別や選択を示すとき

 

とされています。

掘り下げます。

 

否定が文の一部分のみ

 

文全体の否定ではなく、文の一部分に関する否定の場合、冠詞は残すとされています。

 

たとえば、

 

Je n’ai pas de l’argent pour le gaspiller.

(わたしは浪費するためのお金はない)

※浪費じゃないために使うお金はある

 

のように使います。

 

反語的意味の否定疑問文

 

要は、

 

質問しておきながら、答えはすでに質問者の頭の中にある

 

というような『意識のある』疑問文のときにも、冠詞はついたままとされます。

たとえば、

 

N’avez-vous pas des amis?

(あなたは友だちがいませんか?)

※友だちいるんでしょ、という質問者の意識が現れています

 

比較:

N’avez-vous pas d’amis?

(あなたは友だちが一人もいませんか?)

 

のように使います。

 

たったひとつのという意味を表現したいとき

 

意味としては文の全否定と同じなのですが、あえて『ひとつも』という箇所を強調したいときに、冠詞がついたままになります。

 

たとえば、

 

Elle était intimidée ; elle n’a pas dit un mot.

(彼女はおびえていた。たったひとつの言葉も発せずにいた)

 

のように使います。

 

名詞で表している物の区別や選択を示すとき

 

否定する名詞の内容に『他とは違う』という意味を与えたいとき、冠詞はついたままです。

 

たとえば、

 

Je ne demande pas du poisson, mais de la viande.

(魚ではなく肉を頼んでいる)

 

のように使います。

 

否定文の直接目的語の冠詞の扱いになれると

 

フランス語の表現力が増します。

 

とくにフランス語文法の入門書には、否定文の直接目的語の不定冠詞と部分冠詞はdeになります、とだけ書かれている事が多いのですが、上で紹介したとおり、実際には

 

否定文の直接目的語だけど冠詞が維持されたまま

 

というケースもあります。

 

そして、冠詞を維持するほうが表せる意味的なバリエーションが増えます。

 

というわけで、使い方や意味を簡単に頭に入れた後は、インターネットを使った勉強法がおすすめです。

 

たとえば、

 

  1. ネット検索ページやツイッターなどでpas de, pas+冠詞検索し実際の用例を読む(インプット)
  2. 気になったものを書き出してみる(アウトプット1)
  3. 否定を使ったオリジナルな文を作る(アウトプット2)

 

というようなステップを踏むのがよいかと思います。

 

 

参考は以下の本でした。

 

Nouvelle Grammaire du Français: Cours de Civilisation Francaise de la Sorbonne (フランス語) ハードカバー

 

 

現代フランス広文典[改訂版]

 

 

 

ベルリッツ