【(まとめ)フランス語で冠詞がつかないとき4(月(暦)表現)】

JanvierとかMarsとかフランス語の月名を覚えたけど、冠詞はどうすればいいの?

 

この記事を読むと、

 

  • 月(暦)を話すときに冠詞がつかないのが基本なこと
  • 月(暦)を話すときに冠詞がつくとき

 

についてわかるようになります。

 

月(暦)を表現するときは基本は無冠詞

 

フランス語で『〇月に』と表現したい場合は、

 

  • en+月名
  • au mois de+月名

 

となります。

 

そして

 

  • 冠詞はつかない
  • 小文字で始める(文頭に来た場合は大文字)

 

というルールがあります。

 

たとえば、

 

Il viendra en janvier.

Il viendra au mois de janvier.

(彼は1月に来ます)

 

Janvier est venu.

(1月が来た)

 

のように使います。

 

※地味な注意点

くりかえしになりますが、やはり、

 

  • 英語の場合文中ならどこでも月(暦)を大文字で書き始める
  • フランス語は文頭のみ月(暦)が大文字、あとは小文字で始める

 

ということに要注意です(僕がフランス語学習初期に毎回やらかしていた間違いの1つです)。

 

月(暦)を話すときに冠詞がつくとき

 

なにかしら月(暦)を限定するような言葉(形容詞や補語)があるとき、月(暦)に冠詞がつきます。

 

※フランス語の月(暦)はすべて男性名詞です。

 

たとえば、

 

Le riant avril vous plaît.

(のどかな4月があなたを喜ばす)

 

のように使います。

 

フランス語で月(暦)を使えるようになると

 

月(暦)を上手に使えるようになると、イベント事を話すのが苦じゃなくなります。

 

個人的経験からいうと、

 

en+月名よりau mois de+月名

 

のほうを意識して使っていくのが初めのほうはよいかと思います。

 

なぜなら、en+月名のほうは英語からの類推で比較的簡単にできるのですが、au mois de+月名のほうは咄嗟にでてきにくいからです。

 

いずれにせよ、月(暦)の表現方法をさらっと頭に入れた後は、インターネットを使った勉強法がおすすめです。

 

たとえば、

 

  1. ネット検索ページやツイッターなどで紹介した月(暦)表現を検索し実際の用例を読む(インプット)
  2. 気になったものを書き出してみる(アウトプット1)
  3. 月名を好きなものに変えてオリジナルな文を作る(アウトプット2)

 

というようなステップを踏むのがよいかと思います。

 

 

参考は以下の本でした。

 

Nouvelle Grammaire du Français: Cours de Civilisation Francaise de la Sorbonne (フランス語) ハードカバー

 

 

現代フランス広文典[改訂版]