【フランス語の覚え方のコツは失敗することです】

フランス語がなかなか覚えられなくて、使えるようにならない!

どうしたらいいの?

 

この記事を読むと、

 

失敗したほうがフランス語を覚えられて使えるようになる

 

ことについてわかるようになります。

 

マニュアル的にフランス語を勉強するより失敗するほうがいいです

 

フランス語を勉強するなら、もちろん文法書や問題集、YouTubeなどを使って勉強するのはよいことです。

オンラインレッスンを受けたりするのもおすすめです。

 

しかしそういった勉強をしながらもフランス語が覚えにくいと考えている方は、

 

失敗

 

をあまりしていないのかもしれません。

 

フランス語で表現するときに

 

マニュアル的

 

になっていないでしょうか?

 

つまり、文法書やネットで見つけた、

 

すでに存在している当たり障りのないフランス語の表現や文

 

だけで話していたりしていないでしょうか?

 

そうではなくて、

 

自分が言いたいことを話す

 

ようにすると、

 

失敗することが多い

 

のですが、

 

  • 使えないことがわかったり
  • 訂正されて正しい言い方がわかったり

 

して、

 

より正確なフランス語を使えるようになります。

 

失敗するとフランス語を覚えられて使えるようになる理由

 

多くの人は失敗を恐れるかと思います。

僕もそうです。

なるべくなら失敗しないで済ませたい。

 

しかし、だからこそ、失敗したときの記憶は強く残ります。

 

すでに正解の出ている模範的なフランス語ではなく、

 

模範解答を参考にしながら自分の話したいことを話す

 

ようにすると、正解かどうかはわかりません

なぜなら、

 

解答冊子がないことをしているから

 

です。

 

そのため失敗する(相手に伝わらない)ことが多くなります。

 

フランス語ネイティブに対して使ったフランス語が通じない

 

という

 

フランス語の失敗の経験

 

は落ち込むかもしれないのですが、一通り落ち込んだ後は、

 

その失敗経験を活かす

 

ようにしましょう。

具体的には、

 

  • なぜ伝わらなかったのか分析して改良して再挑戦
  • 訂正された場合は、訂正された言い方を使う

 

などのようにすることです。

 

失敗しながらフランス語を覚えていくために

 

失敗しつつもフランス語で自分が言いたいことを言えるようになるためには、

 

フランス語ネイティブの存在が必須

 

になります。

なぜなら、上にも書きましたが、

 

  • 自分が言いたいことは教科書などには載っていないため解答がない
  • フランス語ネイティブに通じるか通じないかでの判断しかない

 

からです。

また、

 

フランス語ネイティブなら僕たちが言いたいことを、相手に伝わるように訂正することができる

 

ということも大きいです。

 

しかし周りにフランス語ネイティブの知り合いや友だちがいない、ということもあるのではないでしょうか。

 

そういうときは、

 

  • きちんとした訂正と訂正された内容のきちっとした説明を受けたい→オンラインレッスン
  • 訂正された理由についての説明はいらない→言語学習者交流アプリ

 

がおすすめです。

 

フランス語のオンラインレッスンについては、

 

【フランス語のオンラインレッスンがおすすめな理由と比較】

 

言語学習者交流アプリに関しては、

 

【Hello Talk(ハロートーク)を使ってフランス語の会話文を学ぶ効率的な方法を教えます】

 

が参考になるかと思います。

 

失敗を通してフランス語を使えるようになりましょう

 

失敗は成功のもと、と言いますが事実です。

問題集のように解答のないことをフランス語で使えるようになるには、失敗も大事な成功への要素です。

 

失敗はストレスになることも多いですが、恐れる必要はありません。

むしろ、

 

失敗するような話し方、言い方=自由にフランス語を話そうとしている

 

ことの証拠になります。

ぜひ、ネイティブと話してみて失敗しまくりましょう!

 

フランス語ネイティブを探す:
【フランス語のオンラインレッスンがおすすめな理由と比較】

【Hello Talk(ハロートーク)を使ってフランス語の会話文を学ぶ効率的な方法を教えます】