【フランス語の上達に欠かせない2つの秘訣】

フランス語を勉強しているのに、いざ話そうとしても話せない。

どうして?

 

この記事を読むと、

 

フランス語の上達の秘訣は道具思考と意味の理解にあること

 

についてわかるようになります。

 

フランス語を上達するのに知っておくとよい2つの秘訣

 

結論から書くと、

 

  • フランス語を道具としてみなすこと
  • 単語や文法よりも意味の理解のほうが重要

 

と2つが、フランス語の上達に欠かせないものです。

 

掘り下げます。

 

フランス語を道具としてみなす

 

フランス語の勉強を始めたときのことを思い出してほしいのですが、そのとき

 

  • フランス語が話せるようになりたい
  • フランス語でコミュニケーションがとれるようになりたい

 

という気持ちや目標がありませんでしたか?

 

そうです。

フランス語を勉強して何をしたいかと言えば、

 

  • 話せるようになりたい
  • コミュニケーションがとれるようになりたい

(フランス語で)

 

だったはずです。

 

フランス語は、話したりコミュニケーションをとるための道具でしかありません。

 

そのため、いくらフランス語を勉強しても、フランス語ネイティブとコミュニケーションをとらなければ、その効果が発揮されることはありません。

 

包丁を研いでばかりいても、実際に野菜やお肉やお魚を切らなければうまく捌く技術が身につかないのと同じ理由です。

 

単語や文法よりも意味の理解のほうが重要

 

フランス語を道具として使い、フランス語ネイティブとコミュニケーションとらなけばならないことはわかりました。

 

でも、実際問題、単語や文法を使えないとコミュニケーションさえもとれないじゃないですか!

 

と思うかもしれません。

 

しかしそれは勘違い

 

です。

 

なぜなら、

 

  • 使う単語が間違っていても
  • 文法が正しくなくても
  • ジェスチャーを使っても

 

最終的に、

 

  • 自分が伝えたかったことがフランス語ネイティブに伝わる
  • フランス語ネイティブが伝えたかった意味が自分に伝わる

 

ということが行われれば、それで

 

フランス語ネイティブとコミュニケーションをとる・話す

 

という目的は完了するからです。

 

5つの必要最低限のフランス語を覚えたら話し始めましょう

 

フランス語ネイティブとの会話やコミュニケーションを重ねつつフランス語の勉強を続けていれば、どんどんとフランス語は上達していきます。

 

反対に、フランス語ネイティブと没交渉のままフランス語を勉強し続けても、フランス語を使ったコミュニケーションや会話の上達はありえません。

 

そのため、もし今までフランス語ネイティブとほぼコミュニケーションをせずにフランス語を勉強している方がいるのなら、ぜひ話すようにしてみてください。

 

フランス語ネイティブとコミュニケーションをとれる最低限のフランス語力は、

 

  • あいさつ
  • 自己紹介
  • それ(これ)何ですか?
  • それ(これ)何と言いますか?
  • これ知ってますか?

 

が言えることです。

 

もしこの5つをすでにフランス語で言えるなら、さっそくフランス語ネイティブと話しましょう。

 

フランス語のネイティブの探し方ですが、オンラインの講師がおすすめです。

下手に言語交流アプリで探そうとすると、相手を見つけるまでに時間がかかる上、出会い系として使っている人からの気持ち悪いメッセージがくるからです。

 

その点、講師ならそういう心配はありません。

 

お手軽に話すなら、いろいろな国のフランス語ネイティブ先生と話せるitalki【フランス語の先生を探すならitalkiがおすすめな理由と利用方法】

 

フランス人先生と話したいならベルリッツ・フランス語の無料体験がよいかと思います。無料で、フランス語を話す体験ができるからです。

 

>>italkiを申し込む

>>ベルリッツ・フランス語を申し込む

 

ベルリッツ