【(ちがいのまとめ)気を付けたい!フランス語の形容詞différent(e)sとdivers(es)が名詞の前後にあるときでのちがい】

英語にも似たような単語があるし、différentとdiversなんて簡単な言葉だと思っていたけど、時々名詞の前におかれたり後ろにおかれたりしているよね……。

 

何か意味の違いがあるの?

 

この記事を読むと、

 

  • différent(e)sとdivers(es)が名詞の前におかれたとき
  • différentとdiversが名詞の後ろにおかれたときのちがい

 

のちがいについてわかるようになります。

 

différent(e)sとdivers(es)が名詞の前におかれたときの文の作り方

 

名詞の前におかれる

 

  • différent(e)s
  • divers(es)

 

は、

 

性の変化

 

のみあります。

 

数は常に複数形

 

です。

 

(重要①)名詞の前におかれたとき、différent(e)sとdivers(es)は単数形では使われない

 

ということに注意しましょう。

 

意味は、

 

複数の(さまざまな)

 

です。

『さまざまな』という意味の中にも『複数の』という意味が入っているので、意味が似ている言葉なんですね。

 

文の作り方としては、

 

  • différent(e)s(冠詞無し)+名詞
  • divers(es)(冠詞無し)+名詞

 

  • 定冠詞(les)+différent(e)s+名詞
  • 定冠詞(les)+divers(es)+名詞

 

となります。

つまり、

 

(重要②)名詞の前のdifférent(e)sとdivers(es)は不定冠詞や部分冠詞の複数形desを取ることはない

 

ということです。

 

定冠詞(les)を使う場合は、何かしら『範囲の限定された状況下での複数の・様々な』という意味を表したいときです。

 

たとえば、

 

Il s’est informé aux divers sources que je lui avais indiquées.

(彼は私が教えた様々な情報を調べた)

※『わたしが教えた』と限定された『様々な情報の複数』について調べた、ので定冠詞が使われています。

 

しかし冠詞のない場合は:

 

Je connais différentes personnes qui n’ont pas aimé ce film.

(この映画が好きではない複数の(様々な)人たちを知っている)

 

Au cours de la réunion, divers points de vue ont été exprimés.

(会合中、さまざまな(複数の)意見が交わされた)

 

のように、

 

特別に意味が限定されていないときに

 

使います。

 

différentとdiversが名詞の後ろにおかれたときの意味と使い方

 

通常の形容詞として使われる場合、

 

  • différent
  • divers

 

形容する名詞の性数に一致します。

ですから、

 

différent

  • différent(男性単数)
  • différents(男性複数)
  • différente(女性単数)
  • différentes(女性複数)

 

divers

  • divers(男性単数)
  • divers(男性複数)
  • diverse(女性単数)
  • diverses(女性複数)

 

となります。

※dversはsで終わっているので、男性・複数形では形が変わりません。

 

注意したいのが意味の違いです。

ふたつとも、

 

  • ちがった
  • 異なった

 

という似た意味を持っていますが、ニュアンスが異なります。

 

différent:まったく異なる(何かとちがう、とした場合、その『何か』とは別物、反対のものというニュアンス)

 

divers:多様的な(いくつかの)というニュアンス

 

です。

 

イメージとしては、

 

différentを使うとき:右と左の手で犬と猫を持って『犬と猫はちがうでしょ』と説明するようなとき

 

diversを使うとき:両手で何頭かの子猫を抱えて『この子たち、みんな違うでしょ』と説明するようなとき

 

でしょうか?(汗)

 

文にするとたとえば、

 

La boutique offre à chaque client une promotion différente, déterminée par les achats antérieurs.

(過去の購入履歴によって、お店は各顧客にまったく内容の異なったプロモーションを提供している)

 

La boutique propose une offre diverse, déterminée par les demandes des clients.

(顧客からの要求により、お店は種々異なるオファーを提供している)

 

のように使います(参考:BDL

 

癖のあるフランス語の形容詞différentとdiversを使えるようになると

 

différentとdivers

 

名詞の前に置かれるときは複数形のみ

 

ということはいいでしょうか?

 

似た意味の言葉を使い分けられるようになると、フランス語の理解や表現力につながります。

 

意味や使い方を頭にいれたあとは、インターネットを使った勉強法がおすすめです。

 

たとえば、

 

  1. ネット検索ページやツイッターなどでdifférents, diverses, les différents, différente, diverseなどで検索し実際の用例を読む(インプット)
  2. 気になったものを書き出してみる(アウトプット1)
  3. différent, diversの前後におく名詞を好きなものに変えてオリジナルな文を作る(アウトプット2)

 

というようなステップを踏むのがよいかと思います。

 

参考は以下の本でした。

 

Nouvelle Grammaire du Français: Cours de Civilisation Francaise de la Sorbonne (フランス語) ハードカバー

 

 

現代フランス広文典[改訂版]