【(ちがいのまとめ)フランス語の形容詞n’importe quelとquelconqueの意味(どんな~でも)と使い方】

……n’importe quelって、何このスペル?これで1つの単語なの?

フランス語なの?

quelconqueはときどきフランス語の文で見かけるけど、2つに共通点なんかあるの?

 

この記事を読むと、

 

  • n’importe quelとquelconqueの概要
  • n’importe quelとquelconqueを使った文の作り方

 

などについてわかるようになります。

 

フランス語のn’importe quelとquelconqueとは

 

形容詞n’importe quelとquelconqueは、両方とも

 

どんな~でも

 

という意味を持っています。

ポジティブでもネガティブでもなく、

 

どれでもいい

 

という

 

選択や選別に意識を向ける必要がない

 

という意味を表しています。

 

quelconqueには

 

凡庸

中庸

ふつう

 

というような意味もあります。

 

どちらかと言えば、

 

  • 会話ではn’importe quel
  • 文章ではquelconque

 

のほうが使われています。

 

n’importe quelは、

 

quelの部分を疑問代名詞(qui, quoi, où, quand, comment)に入れ替えて、

  • n’importe qui(誰でも)
  • n’importe quoi(何でも)
  • n’importe où(どこでも)
  • n’importe quand(いつでも)
  • n’importe comment(どんな方法でも)

 

といった意味にすることもできます(会話でよく使われています)。

 

形容詞n’importe quelを使った文の作り方

 

n’importe quelは

 

  • 冠詞は要らない
  • 性数の一致がある
  • 名詞の前に置かれる

 

形容詞です。

 

そのため、文としての形は、

 

n’importe quel(冠詞無し)+名詞

 

となります。

 

性数の一致はquelの部分のみ適応

 

されます。

ですから、

 

  • n’importe quel
  • n’importe quels
  • n’importe quelle
  • n’importe quelles

 

となります。

 

たとえば、

 

Vous pouvez passer me voir à n’importe quelle heure.

(何時にお会いに来ていただいても大丈夫ですよ)

 

というように使います(heure:時間、は女性名詞)。

 

quelconqueを使った文の作り方

 

quelconqueは

 

  • 数一致がある(性一致はない)
  • 名詞のうしろに置かれる

 

形容詞です。

そのため、文としての形は、

 

冠詞+名詞+quelconque

 

となります。

※極まれに名詞の前に置かれることもあるようです

 

性数の一致は、quelconqueがeで終わっているために、女性形はありません

そのため複数形だけに変わることがあります。

つまり、

 

  • quelconque
  • quelconques

 

となります。

 

たとえば、

 

Donnez-lui une réponse quelconque.

(彼に何らかの返事をしてください)

 

のように『なんでもいい・どんな~でも』のように使ったり、

 

C’est un restaurant tout à fait quelconque.

(これはまったくもって普通のレストランだ)

 

のように、『凡庸、中庸』のような意味にも使います。

 

n’importe quelとquelconqueを使えるようになると

 

形容詞としてのn’importe quelとquelconqueは

 

  • 共通の意味:どんな~でも、quelconque特有:凡庸、ふつう
  • 名詞の前後で置かれる場所がちがう(n’importe quelは名詞の前、quelconqueは名詞のうしろ)
  • 冠詞の必要性の有無(n’importe quelは冠詞要らず、quelconqueは冠詞必要)

 

という3点に気を付けましょう。

 

意味や使い方が頭に入った後は、インターネットを使った勉強法がおすすめです。

 

たとえば、

 

  1. ネット検索ページやツイッターなどでn’importe quel(s, le, les), quelconqueなどで検索し実際の用例を読む(インプット)
  2. 気になったものを書き出してみる(アウトプット1)
  3. n’importe quelやquelconqueの前後におく名詞を好きなものに変えてオリジナルな文を作る(アウトプット2)

 

というようなステップを踏むのがよいかと思います。

 

参考は以下の本でした。

 

Nouvelle Grammaire du Français: Cours de Civilisation Francaise de la Sorbonne (フランス語) ハードカバー

 

 

現代フランス広文典[改訂版]