【(ちがいのまとめ)フランス語のdeとàの使い分け】

Je viens du Japon.

Je vais au Japon.

の意味はわかるけど、名詞+de+名詞と名詞+à+名詞は何がちがうの?

日本語だと、両方「~の~」と訳せるみたいだけど……(汗)

 

この記事を読むと、

 

名詞+de+名詞の意味

名詞+à+名詞の意味

名詞+de+名詞と名詞+à+名詞の比較

 

について分かるようになります。

 

名詞+de+名詞の意味9選

 

前置詞deで2つの名詞が繋がるとき、de+名詞には

 

  • 行為の主体
  • 対象
  • 所有
  • 出発点
  • 材料
  • 性質
  • 原因
  • 内容
  • 数量

 

が主な意味になります。

掘り下げます。

 

行為の主体

何かの行為が名詞のとき、その行為をした人・ものをdeで表します。

たとえば、

 

le départ du train

(列車の発車)

※『列車が発車する』の名詞化

のように使います。

 

対象

何かの行為の目標をde+名詞で表します。

たとえば、

 

l’étude de la grammaire

(文法の研究)

 

のように使います。

 

所有

誰のもの、を表すときに使います。

この場合、

 

名詞+de+人称名詞、一般名詞

 

となります。

 

たとえば、

 

le livre de Paul

(ポールの本)

 

のように使います。

 

行為の主体を意味するdeの影響により、le livre de Paulには文脈により、

 

  • ポールが所有する本
  • ポールが書いた本

 

の2つの意味の解釈があります。

繰り返しですが、解釈は文脈で決まります。

 

しかし、もし人称名詞であるPaulが代名詞である場合、

 

前置詞の後の代名詞は強勢形になる

 

というフランス語のルールと合わせ、

 

創作物+de+人称名詞強勢形

 

とすると、『作者』という意味にすることができます。

たとえば、

 

le livre de lui

(彼の書いた本)

 

のように使います。

 

出発点

いわゆる「~からの」という意味で使います。

どこから来たのかという意味です。

たとえば、

 

le train de Paris

(パリからの列車)

 

のように使います。

 

(注意)

deが出発点や対象、所有も表すため、le train de Parisは文脈によって

 

  • 出発点:パリから出発する(してこっちへ来る)列車(パリ発の列車)
  • 対象、所有:パリへ向かう列車(パリ行きの列車)

 

の両方の意味となります。

 

明確に区別したい場合は、

 

  • 乗り物+en provenance de+場所(場所発の)
  • 乗り物+à destination de+場所(場所行きの)

 

を使い、

 

le train en provenance de Paris(パリ発列車)

le train à destination de Paris(パリ行き列車)

 

とします。

 

材料

ものが何で出てきているかをde+名詞で表します

たとえば、

 

une chaise de bois

(木製の椅子)

 

のように使います。

 

性質

本来から持っている特徴を表すときにde+名詞が使えます。

たとえば、

 

une affaire d’importance

(重要な要件)

 

のように使います。

 

原因

感情などの原因をde+名詞で表せます。

たとえば、

 

des larmes de joie

(よろこびの涙)

 

のように使います。

 

内容

何か入れ物的なもののその中身について言いたいときにde+名詞が使われます。

たとえば、

 

une tasse de café

(一杯のコーヒー)

※コーヒーカップという入れ物にコーヒーという中身があるというイメージ

 

のように使います。

 

 

数量

何かの数や量について表すときにde+名詞(数量)が使われます。

たとえば、

 

un voyage de cinq jours

(5日間の旅行)

 

のように使います。

 

名詞+à+名詞の意味6選(deと比較しながら)

 

2つの名詞が前置詞àで結ばれるとき、à+名詞には、

 

  • 用途
  • 様式
  • 所属
  • 組成
  • 特徴
  • 所有

 

が主な意味となります。

de+名詞と重なる意味のものは比較しながら掘り下げます。

 

用途

あるものを何に使うのかを表すときにà+名詞を使います。

たとえば、

 

une tasse à café

(コーヒーカップ)

 

※比較

une tasse de caféは『コーヒー(の入った)一杯』

 

のように使います。

 

様式

何かがある一定の型で作られている場合、à+名詞で表すことができます。

たとえば、

 

un jardin à la française

(フランス式の庭園)

 

のように使います。

 

所属

何か、誰かがどこの団体の指揮下にあるかを表すときにà+名詞を使うことができます。

たとえば、

 

un professeur à la Sorbonne

(ソルボンヌの教授)

 

のように使うことができます。

 

組成

化合物の成分の割合をà+名詞で表すことができます。

たとえば、

 

l’or à dix-huit carats

(18金)

 

のように使います。

 

特徴

何か誰かの特徴を表すときにà+名詞を使うことができます。

たとえば、

 

un homme à cheveux blanc

(白髪の男)

 

のように使います。

 

所有

何かを持っている人をà+人称代名詞強勢形で表すことができます。

たとえば、

 

un livre à lui

(彼の本)

 

※比較

un livre de Paul(ポールの(所有の)本・ポールが書いた本)

un livre à lui(ポールの(所有の)本)

un livre de lui(ポールが書いた本)

 

のように使います。

 

フランス語のdeとàの使い分けがわかるようになると

 

日本語では多く助詞『の』で訳せてしまうため、フランス語の『名詞de名詞』『名詞à名詞』の使い分けが、特に表現するときに難しくなってしまいます。

 

そのため、

 

助詞の『の』で訳すのと同時に、どのような意味があるのかを知っておく

 

のが使い分けのコツかと思います。

 

上で紹介した意味をさらっと頭に入れた後は、インターネットを使った勉強法がおすすめです。

 

たとえば、

 

  1. ネット検索ページやツイッターなどでdeやàを検索し実際の用例を読みつつ『意味』意識する(インプット)
  2. 気になったものを書き出してみる(アウトプット1)
  3. deやàを使ったオリジナルな文を作る(アウトプット2)

 

というようなステップを踏むのがよいかと思います。

 

検索時には、

 

名詞+de+名詞

  • 行為の主体
  • 対象
  • 所有
  • 出発点
  • 材料
  • 性質
  • 原因
  • 内容
  • 数量

 

名詞+à+名詞

  • 用途
  • 様式
  • 所属
  • 組成
  • 特徴
  • 所有

 

のどれであるか意識してみてください。

 

 

参考は以下の本でした。

 

Nouvelle Grammaire du Français: Cours de Civilisation Francaise de la Sorbonne (フランス語) ハードカバー

 

 

現代フランス広文典[改訂版]