【(まとめ)フランス語で冠詞がつかないとき10(de+名詞)】

フランス語を読んでいると、前置詞のdeのあとに名詞がある場合、冠詞がつくときとつかないときがある……。

 

ちがいは何?

 

この記事を読むと、

 

  • 前置詞deのあとの名詞に冠詞がつかないとき
  • 前置詞deのあとの名詞に冠詞がつくとき

 

についてわかるようになります。

 

(de+地名の場合はまた別のルールがあります。詳しくは、【(まとめ)フランス語で冠詞がつかないとき8(de+地名)】をご覧ください。)

 

前置詞deのあとの名詞に冠詞がつかないとき

 

名詞+de+名詞という形では、deには

 

  • 出発点
  • 行為の主体
  • 対象
  • 所有
  • 材料
  • 性質
  • 原因
  • 内容
  • 数量

 

というような意味があります(例文などを知りたい方は【(ちがいのまとめ)フランス語のdeとàの使い分け】をご覧下さい)

 

そして、名詞+de+名詞という形で、うしろの名詞に冠詞がつかない場合は

 

  • うしろの名詞に不定冠詞(複数)がついている
  • うしろの名詞に部分冠詞がついている
  • うしろの名詞が前にある名詞を不特定で形容している

 

とされています。

 

掘り下げます。

 

うしろの名詞が不定冠詞(複数)がついている

 

不定冠詞はun, une, desとありますが、

 

複数の不定冠詞であるdesが前置詞deと結びつく

 

 

冠詞が消える

 

というルールがあります。

たとえば、

 

J’ai besoin de conseils.

※de+des+conseils = de conseils

(わたしはいくらか助言を必要とている)

 

 

のように使います。

 

うしろの名詞が部分冠詞がついている

 

部分冠詞はdu, de laとありますが、

 

du, de laが前置詞deと結びつく

 

 

冠詞が消える

 

というルールがあります。

たとえば、

 

Cette bouteille est pleine d’eau.

※de+de la+eau = d’eau

(この瓶は水でいっぱいである)

 

のように使います。

 

うしろの名詞が前にある名詞を不特定で形容している

 

前置詞deの大まかな日本語訳は助詞の『の』です。

そして名詞+de+名詞という形で、

 

うしろの名詞が前の名詞をただの形容詞のように形容している

 

とき、

 

冠詞が消える

 

というルールがあります。

たとえば、

 

Il y a un arrêt d’autobus là-bas.

(そこにバス停が1つある)

※特定のバスではなく、不特定な(なんでもいい)『バス』の停留所という意味。

 

のように使います。

 

前置詞deのあとの名詞に冠詞がつくとき

 

名詞+de+名詞の形で、うしろの名詞に冠詞がつく場合は、

 

  • うしろの名詞が不定冠詞(単数)と結びついている
  • うしろの名詞が特定的な名詞である

 

とされています。

 

掘り下げます。

 

うしろの名詞が不定冠詞(単数)と結びついている

 

不定冠詞の単数形であるun, uneが前置詞deと結びつくと、

 

冠詞は維持される

 

というルールがあります。

たとえば、

 

J’ai besoin d’un conseil.

(わたしは助言がひとつ欲しい)

 

比較:

J’ai besoin de conseils.

※de+des+conseils = de conseils

(わたしはいくらか助言を必要とている)

 

 

のように使います。

 

うしろの名詞が特定的な名詞である

 

名詞+de+名詞という形で、

 

うしろの名詞が特定的(限定的な)名詞で前の名詞を形容している

 

とき、

 

冠詞は維持される

 

というルールがあります。

たとえば、

 

Il y a un arrêt de l’autobus 38 là-bas.

(そこに38番バスの停留所がある)

『38番のバス』という特定のバスの停留所

 

比較:

Il y a un arrêt d’autobus là-bas.

(そこにバス停が1つある)

※特定のバスではなく、不特定な(なんでもいい)『バス』の停留所という意味。

 

というように使います。

 

前置詞deと冠詞の有無を使いこなせるようになると

 

前置詞deと冠詞の有無がわかると、理解や表現の幅が広がります。

というか、表現力が上がります。

 

僕はいつもdeの後の冠詞に迷っていましたが、今回まとめてみて今後は比較的迷わず文を作れそうです。

 

(ただ、de+地名の場合はまた別のルールがあります。詳しくは、【(まとめ)フランス語で冠詞がつかないとき8(de+地名)】をご覧ください。)

 

de+冠詞の使い方をさらっと頭にいれたあとは、インターネットを使った勉強法がおすすめです。

 

たとえば、

 

  1. ネット検索ページやツイッターなどでde(+冠詞あり、なし)を検索し実際の用例を読む(インプット)
  2. 気になったものを書き出してみる(アウトプット1)
  3. deを使ったオリジナルな文を作る(アウトプット2)

 

というようなステップを踏むのがよいかと思います。

 

 

参考は以下の本でした。

 

Nouvelle Grammaire du Français: Cours de Civilisation Francaise de la Sorbonne (フランス語) ハードカバー

 

 

現代フランス広文典[改訂版]