【(まとめ)フランス語の冠詞のわかりやすい使い分け】

フランス語の冠詞、たくさん種類があって付け方がわからない!

 

この記事を読むと、

 

  • フランス語の全種類の冠詞
  • フランス語の冠詞の使い分け
  • フランス語の冠詞の3つのタイプと意味

 

についてわかるようになります。

 

フランス語の冠詞は全部で8つ

 

冠詞は日本語にはありません。

そのため、フランス語の冠詞は覚えるしかありません。

 

まずはフランス語で使われる冠詞全8つに目を通しましょう。

 

le

la

les

 

un 

une

des

 

du 

de la

 

です。

 

以下、この8つの冠詞について説明していきます。

 

フランス語の冠詞の使い分け

 

紹介した冠詞は文法的には、

 

  • 名詞の性
  • 名詞の数

 

で使うものが決まります。

 

男性名詞

  • 単数:le, un
  • 複数:les, des
  • 数えられない:du

 

女性名詞

  • 単数:la, une
  • 複数:les, des
  • 数えられない:de la

 

注意点は2つあります。

 

  • 複数形になると性別の区別がなくなる(男性も女性もlesかdes)
  • 英語とはちがい、数えられない名詞にも冠詞がつく

 

です。

 

最重要注意点は、

 

  • le
  • la
  • de la

 

の3つは母音(文字ではなくて音であることに注意)が初めにある名詞に使われる場合は、

 

l’

l’

de l’

 

となることです。

 

 

が参考になるかと思います。

 

冠詞の3つのタイプと意味の使い分け

 

紹介した8つのフランス語の冠詞は、3つのタイプに大別できます。

そのタイプとは、

 

  • 定冠詞(le, la, les)
  • 不定冠詞(un, une, des)
  • 部分冠詞(du, de la)

 

です。

 

すこし掘り下げます。

 

定冠詞(le, la, les)

  • ユニークなものle Soleil(太陽)
  • 一般的なものLes jeunes adorent les jeux vidéo.(若者っていうのはテレビゲームが好きなものだ)
  • 数量単位: 1 euro le kilo(1キロで1ユーロ)
  • およその数les 20 euros(約20ユーロ)
  • 体の部位(文の他の部分で誰の体についてかわかっているとき):Il écrit de la main gauche.(彼は左手で書く)
  • 限定されたもの(以下ような条件で)
  1. 関係節:La route que nous avions prise…..(僕らが選んだ道は)
  2. 補語:La route de Tokyo à Nagoya(東京から名古屋への道)
  3. コンテキスト:Nous sommes rentrés en voiture de Nagoya à Tokyo hier soir. La route était encombrée.(昨日の夜、名古屋から東京まで車で帰りました。道がすごく混んでました)

 

不定冠詞(un, une, des)

  • 数えられるものun courriel(1通の手紙)
  • 限定したくない名詞Un client a appelé.(ある顧客が電話してきた)
  • 一家の一員un Dubois(デュボワ家の1人(男))
  • 人や場所の側面:Il imaginait une Marie idéale.(彼は理想的なマリーを想像していた)
  • 芸術品・製品un Renoir(ルノワールの絵一枚)
  • 感情的に限定されたもの(以下のような条件で)
  1. 形容詞:un paysage magnifique(すばらしい景色)
  2. 関係節:un paysage qui fait réver(夢見させるような景色)
  3. 補語:un paysage d’hiver(冬の景色)
  • ほんとうに(賞賛、軽蔑):Lui, c’est un homme.(彼、彼こそが男っつうもんだ)

 

部分冠詞(du, de la)

  • 数えられないものにつくde l’eau(水)
  • 数えられる名詞の抽象化:On trouve en lui du collégien.(彼には中学生っぽさがある)
  • ポーツ、楽器、教科(faireとともに)faire du ski, faire de la guitare, faire du français(スキーをする、ギターを弾く、フランス語を習う)
  • 強調(強調文・感嘆文で):Ça, c’est du vin !(これこそがワイン)

 

注意点は、

 

  • 定冠詞:既知のもの(すでに話題になった)
  • 不定冠詞・部分冠詞:未知のもの(まだ話題にしていない)

 

に大別できることです。

そのため不定冠詞と部分冠詞のちがいは、基本的には

 

名詞が数えられるかそうでないかのちがい

 

とも言えます。

 

が、日本人にはこの数えられる・られないの違いは難解だったりします。

 

そこで昔、僕が何かの本で読んでこれはっと思ったのを紹介します。

 

  • 割れるもの壊せるもの:数えられる名詞
  • そうでないもの:数えられない名詞

 

というのですが、目安になるかもしれません。

 

冠詞の違いは重要課題

 

日本語には冠詞がないので、冠詞の習得はかなり難しいです。

 

基本は比較的簡単に頭に入るのですが、派生した意味には苦労するかと思います。

 

よかったら、フランス語の文を読んでいて、なんでここにこの冠詞が?と思ったら再度このページを確認してくださいませ。