【(重要まとめ)フランス語の形容詞の性数一致の規則と例外】

フランス語の女性形の作り方や複数形の作り方はわかったけれど、たとえば名詞が2つあるときとかってどうすればいいの?ほかにも……いろいろ規則があるけど、よくわからない!

 

この記事を読むと、

 

  • フランス語の形容詞が性数一致するときの4つの規則

 

についてわかるようになります。

 

フランス語の形容詞の性数一致の4つのルール

 

フランス語の形容詞は2つの理由によって形が変わります。

 

そ2つとは、形容する名詞

 

 

です。

 

性による形容詞の変化の形についてまだ知らないという方は【(まとめ)フランス語の形容詞の女性形の作り方】

 

数による形容詞の変化の形についてまだ知らないという方は【(まとめ)フランス語の形容詞の複数形の作り方:4つの規則】

 

をご参考くださいませ。

 

そんな形容詞が変化する規則が適応される種類は4つに分かれます。

 

  • 基本
  • 名詞が複数あるとき
  • 複合形の形容詞
  • 例外

 

です。

 

掘り下げます。

 

フランス語の形容詞の性数一致変化の基本

 

フランス語の形容詞の性数一致の基本は、

 

関連する名詞の性数への一致

 

です。

 

つまり、

 

  • 名詞+形容詞(形容詞+名詞)
  • 名詞+être(やdevenirなどの動詞)+形容詞

 

のときに、

 

使われる形容詞を名詞の性数に一致させる必要があります。

 

たとえば、

 

女性複数名詞を直接形容:filles françaises(フランス人の女性たち)

être動詞(やdevenir)を挟んで主語の女性複数名詞を形容:Elles sont françaises.(彼女たちはフランス人(女性)だ。)

 

のようになります。

 

名詞が複数ある場合の形容詞の性数一致

 

名詞が複数ある場合は4つ考えられます

 

  • etやainsi que(AとB)のとき
  • ou(AかB)のとき
  • 前置詞を使って名詞が繋がっているとき(A de Bとか)
  • 同じ名詞が複数と形容詞が複数あるとき

 

掘り下げます。

 

etやainsi que(AとB)を使って名詞が複数あるとき

 

複数の名詞を1つの形容詞で形容するときは、つぎの3つに分かれます。

 

1:男性名詞のみ:男性複数形

un livre et un cahier neurfs(新しい本とノート)

 

2:女性名詞のみ:女性複数形

une fille et une femme françaises (フランス人の少女と女性)

 

3:(重要)男女名詞混合:男性複数形

un cahier et une cravate blancs (白いノートとネクタイ)

 

ouを使って名詞が複数あるとき

 

2つのタイプに分かれます。

 

1:隣り合っている名詞に性だけ一致(単数形のまま)

un cahier ou une cravate blanche(白いノートか白いネクタイ)

 

2:性数全体的に一致(複数形)

un cahier ou une cravate blancs (白いノートか白いネクタイ)

※男女両方の性の名詞があるので男性形複数になっています(上記参照)

 

※特例

抽象名詞・類義語の場合は単数でも大丈夫とされます

l’esprit et le caractère national(国民精神と国民性)

 

前置詞を使って名詞が繋がっているとき(A de Bとか)

 

形容したい名詞の性数に一致させる:

 

la collection de tableaux français(フランス絵画のコレクション)

la collection de tableaux complète(絵画の総コレクション)

 

同じ名詞の複数形と複数の形容詞があるとき

 

2つのタイプがあります。

 

1:形容詞ごとに名詞をくりかえす:

une robe blanche et une robe beige(白いドレスとベージュのドレス)

 

2:単数形の形容詞を使ってまとめる:

des robes blanche et beige(白とベージュのドレス)

 

複合形容詞(いくつかの独立した単語が合わさった形容詞)の場合

 

色を表す形容詞とそうでない形容詞で大別します。

 

色を表す形容詞の場合

 

性数一致:基本(色の形容詞1つ):

une maison blanche(白い家)

 

変化なし:複合形容詞(色の形容詞+形容詞、色の形容詞+名詞)のとき:

les yeux blue clair(ライトブルーの目)

les robes jaune doré(黄金色のドレス)

 

色以外の複合形容詞

2つの場合があります。

 

  • 合わさっている形容詞すべてが性数変化する
  • 2つ目の形容詞のみ性数変化する

 

です。

 

掘り下げます。

 

すべての形容詞が性数一致をするとき

 

基本:

des pommes aigres-douces(甘酸っぱいりんご)

 

※-o, -iで終わる1つめの形容詞は変化なし

les relations franco-russes(仏露関係)

 

ハイフンのない形容詞:

une maison fraîche bâtie(最近新築された家)

 

2つ目の形容詞だけ性数一致するとき

 

変化しない語+形容詞のとき:

une potiche bien-aimée(秘蔵の壺)※bienは変化なし

 

1つめの形容詞が副詞的な意味を持っているとき:

une fille nouveau-née(新生児(女))※nouveauは変化なし

 

気を付けたい形容詞

 

  • demi
  • nu
  • ci-joint
  • ci-inclus

 

を使う場合

 

名詞の前(性数変化なし):

  • une demi-heure(30分 ※性にだけ一致)
  • nu-pied(草履、サンダル)
  • ci-joint des photocopies(添付コピー)
  • ci-inclus une adresse(同封住所)

 

名詞の後ろ(性数変化あり):

  • deux heures et demie(2時半)
  • pieds-nus(はだし)
  • les photocopies ci-jointes(添付したコピー)
  • l’adresse ci-incluse(同封してある住所)

 

Avoir l’air(~のように見える・~のようだ)を使う場合(主語に性数一致)

 

Il a l’air heureux.(彼はうれしそうだ)

Elles ont l’air heureuses.(彼女たちはうれしそうだ)

 

形容詞の一致は忘れがち

 

フランス語の形容詞は、

 

名詞の性にも!

名詞の数にも!

 

一致させる必要がありますし、名詞が複数形になるとあれこれややこしい規則があります。

 

また、形が変わっても音が変わらなかったりする形容詞もたくさんあるので、

 

音読

 

だけで覚えようとしても不可能に近いかと思います。

 

おすすめは、

 

  1. さらっと規則を知る(インプット1)
  2. リーディングを通じて復習(インプット2)
  3. ライティングを通じて物にする(アウトプット)

 

という3ステップです。

 

フランス語のリーディングやライティングに関しては、

 

 

もご覧くださいませ。

 

 

参考は以下の本でした。

 

Nouvelle Grammaire du Français: Cours de Civilisation Francaise de la Sorbonne (フランス語) ハードカバー

 

 

現代フランス広文典[改訂版]