【フランス語のリスニング中に書き取り(ディクテーション)をしないほうがよいタイミング】

聞き取り(リスニング)するならディクテーション(書き取り)がよいと聞いたことがあるけど、実際どうなんだろう。

 

この記事を読むと、

 

リスニング中にディクテーションをしないほうがよいとき

 

についてわかるようになります。

 

リスニング中にディクテーションをしないほうがよいとき

 

リスニングしながら、聞こえてきたフランス語を文字に起こす勉強法をディクテーションといいます。

 

しかし、

 

リスニング力がまだ弱いときはディクテーションしないほうがよい

 

です。

 

リスニング力が弱いとき

 

とは

 

リスニング音源を聞いて8割ぐらい分からないとき

 

です。

 

掘り下げます。

 

リスニング力が弱いときはディクテーションをしないほうがよい理由

 

リスニング力は、フランス語の

 

音を聞いて意味を理解する力

 

です。

 

そのため、

 

文字は不要

 

です。

 

フランス語のスペルを知らなくても、フランス語の音を聞いて意味が理解できることが目標

 

です。

 

しかしディクテーションは、

 

  • フランス語の音を聞いて正しいスペルで文や単語を書くこと
  • フランス語の音を聞いて意味を理解すること

 

が混在している勉強法です。

 

つまり、

 

  • リスニングに集中(音に集中)すること
  • スペルを思い出すこと

 

という2つのことを同時にしなければならないので、

 

リスニング力(音で意味を理解する力)を上げる練習のときには向いていない

 

ということになります。

 

なぜならスペルを思い出すことよりも、

 

フランス語の音と意味を思い出す

 

ことのほうが大切だからです。

 

リスニング力を上げる方法

 

現在リスニング力が低い場合は、

 

まずリスニング音源のスクリプトを読む

 

ことから始めましょう。

そして、

 

  • 読んだら意味が分かる→発音の復習
  • 読んでも意味が分からない→単語、文法の復習

 

が必要になります。

 

または、

 

リスニング教材のレベルを下げる

 

ことも悪くはありません。

 

スクリプトを読んで理解できるのに聞き取れない

 

リスニング教材こそが、

 

現在のレベルに合った必要なリスニング教材

 

です。

 

そしてリスニング中は

 

スペルを思い浮かべる必要はない

 

です。

 

なぜなら

 

音と意味だけで理解できるようにならないと、リスニング力はいつまでたっても上がらないから

 

です。

 

まだリスニング力が弱い場合は、ディクテーションはしないほうがよいです

 

現在リスニング力がまだ低い場合は、

 

  • 発音の復習
  • 単語、文法の復習

 

をして、

 

音で意味を理解できる

 

ようになることが

 

ディクテーション(書き取り)より大切

 

です。

 

ディクテーションのためにスペルを思い出そうとすること

 

は、

 

音だけで意味を理解しようとするリスニング力の練習

 

では必要がありません。

 

ディクテーションはディクテーションで別の使い道があるので、

 

リスニング力がまだ低いときはディクテーションをおすすめしません。

 

フランス語の聞き取り(リスニング)の勉強に関しては、

【(徹底解説)フランス語の聞き取り(リスニング)のおすすめ勉強方法】

もお役に立つかと思うのでご覧くださいませ。

ベルリッツ