【フランス語会話力を上げるのに必要な2種類のフランス語単語】

フランス語会話ができるようになりたいけど、どれくらいフランス語単語を覚えたらいいの?

 

この記事を読むと、

 

フランス語会話の上達に必要な2つの種類のフランス語単語

 

についてわかるようになります。

 

フランス語会話上達に必須な2つのタイプのフランス語単語とは

 

結論から書くと、

 

  • 日常会話のための基本フランス語単語
  • 自分が話したいことに関するフランス語単語

 

の2つが、

 

フランス語会話の上達に必要なフランス語単語の2つの種類

 

です。

 

掘り下げます。

 

日常会話のための基本フランス語単語

 

言うまでもなく、

 

フランス語会話をするために最低限必要なフランス語単語

 

です。

 

具体的には、

 

仏検3級くらいまでの単語

 

です。

 

たとえば、

 

 

などがおすすめです。

 

自分が話したいことに関するフランス語単語

 

日常会話のための単語をある程度覚えたら、

 

当たり障りのない内容のフランス語会話の準備

 

ができるようになります。

 

しかし僕たちフランス語学習者が目指しているのは、

 

深い内容のフランス語会話

 

ではないでしょうか。

 

自分が話したいことについて、ディープな話をフランス語でしたい!

 

そのレベルになるためには、

 

自分でフランス語単語を増やしていく他に方法はない

 

です(個々人によって話したい話題が違うため)。

 

具体的な増やし方としては、話したい内容のキーワード

 

  • グーグルなど検索エンジンで検索
  • YouTubeで検索
  • 辞書を使って検索

 

することです。

 

そして、

 

話したい内容についてフランス語で短い日記やエッセイを書く

 

こともおすすめです。

 

なぜなら、

 

アウトプットをしたほうが覚えやすいから(人は話したいことに関しては記憶力が強く働く)

 

です。

 

必要な2タイプのフランス語単語を覚えたら

 

基本的なフランス語会話単語を覚え、自分が話したい内容に必要なフランス語単語を勉強したら、

 

実際のフランス語会話の練習

 

をするようにしましょう。

 

この場合、

 

自分が話したい内容に必要なフランス語単語は日記やエッセイ1つ分

 

が出来たら、

 

実際の会話練習をする

 

というので大丈夫です。

 

つまり、

 

自分が話したい内容すべてのフランス語単語を覚えてからフランス語会話の練習をする必要はない

 

ということです。

 

すこし勉強したら、

 

  • 仮アウトプット(日記やエッセイを書く
  • 本アウトプット(フランス語会話練習)

 

することにより、どんどん覚えていきます。

 

フランス語会話の勉強については、

 

【(徹底解説)フランス語会話ができるようになる4ステップの勉強方法】

 

もご参考くださいませ。

 

ベルリッツ