【(まとめ)フランス語の不定形容詞aucun(まったく~ない)の使い方】

フランス語の文を読んでいるとたまにでてくるaucunの使い方がわかりにくいっ!

 

この記事を読むと、

 

  • aucunの概要
  • aucunの基本的な使い方
  • aucunの例外的な使い方

 

についてわかるようになります。

 

aucunの概要

 

aucunの意味は『まったく~ない』

日本語(?)の無臭の『無』のような意味だと思ってください。

 

aucunは不定形容詞と呼ばれる形容詞の一種。

その理由は、

 

  • 冠詞的な扱いにもなる
  • êtreなどの動詞を挟んだ(名詞+être+aucun)のような使い方はできない
  • 文を否定するneと一緒に使われる

 

など、形容詞だけどただの形容詞でない働きをするからです。

そしてそれは、つぎに紹介する使い方にも重要になってきます。

 

aucunの基本的な使い方

 

結論から書くと、

 

  • 基本は男女『単数形』の使い分けのみ
  • 形容される単語は単数形
  • 物質名詞には使えない
  • 文の作り方は2種類

 

の4つの点を覚えておくと、aucunが使いこなせるようになります。

 

簡単に掘り下げます。

 

基本は男女単数形の使い分けのみ

 

形容詞aucunの男女の形は、

 

  • aucun
  • aucune

 

です。

女性形は後ろのほうの発音が変わるので気を付けましょう。

 

aucun homme(いかなる人間も~ない)

aucune hésitation(まったく躊躇がない)

 

例外的に複数形が使われる場合もあります。

後述します。

 

aucunが形容する単語は単数形

 

形容詞が単数形になるということは、必然的に名詞も単数形であるということです。

 

aucun homme

aucune hésitation

 

物質名詞には使えない

 

物資的なものに対してはaucunは使えません。

そのため、たとえば『バターがまったくない』という文を作りたいとき、バターが物質なので、

 

On n’a aucun beurre.

 

とは作れず、

 

On n’a pas de beurre.(バターが全然ない)

 

のようになります。

 

On n’a pas de beurre.

 

の文が文法的にわからないという方は、ひとまず物質名詞とaucunは一緒に使えないとだけ覚えておきましょう。

 

 

文の作り方は2種類

 

文の作り方には2つのタイプがあります

 

タイプ1:

  • 名詞の前に置く(冠詞は使わない)
  • 文を否定形にするneを置く
  • pasは使えない

 

もしくは、

 

タイプ2:

  • sans aucun+名詞の形(冠詞は使わない)

 

です。

たとえば、

 

Aucun homme n‘est parfait.(いかなる人間も完璧ではない)

 

Il parle parfaitement le français, sans aucun accent.(彼は訛りのない完璧なフランス語を話す)

 

のような文の作り方になります。

 

※タイプ1の作り方のときは、pasは使えませんが

 

  • ni
  • jamais
  • plus

 

は使えます。

たとえば、

 

Il n‘y a plus aucun espoir.(もう何の希望もない)

 

のような文です。

 

aucunの例外的な使い方

 

うえで説明した基本の使い方を踏まえた上で、少しちがったaucunを使った文の作り方について書きます。

 

具体的には、

 

  • aucunが複数形になるとき
  • aucunが名詞のあとに置かれるとき
  • aucunが単独で使われるとき

 

の3点です。

 

掘り下げます。

 

aucunが複数形になるとき

 

意味的に複数形の形しかない名詞の前に置かれるとき、aucunは複数形になります。

 

その形は男女別に、

 

  • aucuns
  • aucunes

 

です。

 

たとえば、

 

Ces réparations n’entraîneront aucuns frais supplémentaires.(この修理には追加費用は一切かからないだろう)

 

のような文です。

frais(費用)は複数形での形しか存在していません(うしろのsupplémentairesが女性複数形の形になっているのにも注目です)。

 

aucunが名詞のあとに置かれるとき

 

sansとaucunを使った文は、

 

高尚にしたいときにはsans+名詞+aucun

 

とすることもできます(名詞の後ろにaucun)。

たとえば、

 

Il a fait connaître son choix sans hésitation aucune.(彼はまったくためらわずに自分の好みを伝えた)

 

のような文です(hésitationが女性形なので、aucuneと女性形になっています)。

 

aucunが単独で使われるとき

 

返事としてaucunが単独で使われるときがあります。

たとえば、

 

Avez-vous une objection ?(反対はありますか)

Aucune.(まったくありません)

 

のような文です。

この場合、

 

単独でも性数の区別がある(objectionが女性名詞だから、返事のaucunは女性形のaucuneになっている)

 

ことに気を付けましょう。

 

aucunのおすすめな勉強の仕方

 

形容詞だけどちょっと使いづらいaucunを使いこなせるようになると、フランス語力が上がったことを実感できます。

 

そこでおすすめは、インターネットを使った勉強法です。

 

たとえば、

 

  1. ネット検索ページやツイッターなどでaucunやaucune、aucuns, aucunesで検索し実際の用例を読む(インプット)
  2. 気になったものを書き出してみる(アウトプット1)
  3. aucunのあとに続く名詞を好きなものに変えてオリジナルな文を作る(アウトプット2)

 

というようなステップを踏むのがよいかと思います。

 

参考は以下の本でした。

 

Nouvelle Grammaire du Français: Cours de Civilisation Francaise de la Sorbonne (フランス語) ハードカバー

 

 

現代フランス広文典[改訂版]