【最速でフランス語会話に必要なフランス語の文法を効率的に勉強する方法】

フランス語会話ができるようになりたいけど、文法の勉強が大変で億劫……。

 

この記事を読むと、

 

フランス語会話初心者に必要なフランス語の文法の勉強の仕方

 

についてわかるようになります。

 

フランス語会話初心者に必要なフランス語の文法は限定的

 

結論から書くと、

 

仏検3級程度までのフランス語の文法

 

が、

 

フランス語会話の初心者に必要な文法力

 

です。

 

掘り下げます。

 

フランス語会話に必要なフランス語の文法の3つのレベル

 

フランス語会話は主に大きく3つに分けられます。

 

  • 日常会話
  • 学術会話
  • ビジネス会話

 

そして、

 

レベルに応じた話し方

 

があるので、

 

文法も3つのレベルに分かれる

 

ことになります。

 

しかし、どのレベルにおいても、

 

日常会話のためのフランス語の文法は基本

 

となるので、フランス語会話初心者は

 

日常会話のためのフランス語の文法

 

をまず勉強するのがおすすめです。

 

そして、日常会話のためのフランス語の文法の範囲

 

仏検3級程度のフランス語の文法

 

となります。

 

日常会話のために必要な2つのタイプのフランス語の文法

 

フランス語会話をするときは、

 

  • 相手のフランス語を理解するためのフランス語の文法
  • 自分がフランス語を発信するためのフランス語の文法

 

の2つのタイプがあります。

 

それぞれ、

 

  • 相手のフランス語を理解するためのフランス語の文法=相手のフランス語の文を聞いて理解するのに必要

 

  • 自分がフランス語を発信するためのフランス語の文法=自分のオリジナルのフランス語の文を作るのに必要

 

という違いとなります。

 

そして、フランス語会話に必要なフランス語の文法は、

 

  • インプット(理解と発信のためのフランス語の文法のインプット)
  • 仮アウトプット(自分のオリジナルのフランス語の文を作る)
  • 本アウトプット(実際のフランス語会話練習)

 

の3つの勉強のステップを経ることがおすすめです。

 

簡単に掘り下げます。

 

インプット

 

フランス語会話のためのフランス語の文法のインプットは、

 

  • 参考書などでフランス語の文法の知識を蓄える
  • フランス語の文を音だけで理解できるようにする

 

に分かれます。

 

2つ目の、

 

フランス語の文を音だけで理解できるようにする

 

というのは、言い換えると

 

リスニング(聞き取り)の練習をする

 

です。

 

なぜなら、フランス語の文を聞き取れても、

 

文法の知識を使って文を分析、理解するのには練習が必要

 

になるからです。

 

仮アウトプット(自分のオリジナルのフランス語の文を作る)

 

覚えたフランス語の文を使い、

 

フランス語会話の練習をするときに話したい内容を書いて準備しておく

 

ということをします。

 

フランス語会話初心者のときは、

 

いきなりフランス語会話練習をするよりは、話したいことをどうフランス語の文にするか考えるという段階を経る

 

ことによって、実際のフランス語会話練習の時に負担が減って集中度が増します。

 

もちろん、

 

実際のフランス語会話の練習時に講師から直されるので、完璧を目指しつつも神経質になる必要はない

 

です。

 

非ネイティブのフランス語の文法(発音や単語の選択も)は、

 

ネイティブに直されることによってでしかよくならない

 

ので、間違えることを前提に準備するくらいでいいです。

 

本アウトプット(実際のフランス語会話練習)

 

フランス語教室やオンラインフランス語会話で、実際にフランス語会話の練習をします。

ネイティブかつフランス語教授法を持っている講師との会話練習を通じ、

 

  • 相手のフランス語を理解するためのフランス語の文法
  • 自分がフランス語を発信するためのフランス語の文法

 

しっかりした定着を目指します。

 

インプットの段階で、それなりに相手のフランス語を理解できる力はついているはずですが、実際の会話だといろいろな理解の揺れ(発音の速度や言い淀みなどによる)があるかと思います。

 

そういった揺れは、何度か練習するうちに収まっていきます。

 

そしてなりより大事なのが、

 

仮アウトプットの段階で準備した自分が話したいことをフランス語の文化した文への評価

 

です。

 

間違いがあるなら、その理由を聞きましょう。

そして、フランス語の文を準備しているときに出た文法の質問がある場合も、レッスン中に聞くようにしましょう。

 

そうすると、レッスンの回数を重ね、指導を受けるごとに、

 

  • 話したいことのフランス語の文化が容易になる
  • フランス語の文法に関する疑問がなくなる

 

ようになります。

 

フランス語会話初心者に必要なフランス語の文法を効率的に学びましょう

 

フランス語会話に必要なのは、

 

仏検3級程度のフランス語の文法

 

でした。

 

会話のためのフランス語の文法には、

 

  • 相手のフランス語を理解するためのフランス語の文法
  • 自分がフランス語を発信するためのフランス語の文法

 

の2つがあり、

 

  • インプット(理解と発信のためのフランス語の文法のインプット)
  • 仮アウトプット(自分のオリジナルのフランス語の文を作る)
  • 本アウトプット(実際のフランス語会話練習)

 

という3つの勉強のステップを経ることがおすすめです。

 

フランス語文法の勉強の仕方については、

 

【(徹底解説)フランス語の文法のおすすめ勉強方法】

 

フランス語会話の勉強の仕方については、

 

【(徹底解説)フランス語会話ができるようになる4ステップの勉強方法】

 

にまとめてあるので、合わせてご覧くださいませ。

 

無料でフランス語レッスン体験
>> ベルリッツ・フランス語