【フランス語のオンラインレッスンのおすすめな選び方】

フランス語会話をオンラインレッスンで勉強したいけど、どれを始めたらいいのかな。

 

この記事を読むと、

 

オンラインでフランス語会話を上達させるためのおすすめな選び方

 

についてわかるようになります。

 

フランス語のオンラインレッスンの3つの種類と選び方

 

現在、フランス語をオンラインで勉強したい場合、

 

  • しっかりとしたカリキュラムがあるレッスン
  • 授業内容が自由なレッスン
  • 言語学習者同士のコミュニケーションアプリ

 

の3つがあります。

 

簡単に説明すると、

 

しっかりとしたカリキュラムがあるレッスン:教科書やその他教材を使い、フランス語教授法を習得している講師とのレッスン

 

授業内容が自由なレッスン:講師の質は様々。授業内容は毎回その場で決まることが多い。

 

言語学習者同士のコミュニケーション:講師は基本いない。お互いの言語を教えあう。

 

というものです。

 

どのタイプのレッスンを選べばいいのか

 

結論から書くと、フランス語会話がまだできない場合は、

 

1:しっかりとしたカリキュラムがあるレッスンで発音と文法の基礎を身につけ

 

2:授業内容が自由なレッスンで修行しつつ

 

3:並行して言語学習者同士のコミュニケーションアプリで色々試行錯誤する

 

というのがおすすめです。

 

注意したいことは、

 

  • 初めから授業内容が自由なレッスン
  • 初めから言語学習者同士のコミュニケーションアプリ

 

で学ぼうとしないこと

 

です。

 

なぜなら、

 

フランス語の勉強で最重要なことは発音と文法の理解と指導

 

だからです。

それは、

 

僕たち非ネイティブには発音と文法の自己判断が完璧にできないため

 

です。

 

そのため

 

発音と文法に関しては、間違っていた場合に適切に直され間違い原因の説明をされる状況を持っておく必要性

 

があります。

それができるのが、

 

しっかりとしたカリキュラムがあるレッスンのタイプだけ

 

なのです。

 

どうしてかと言うと、

 

・授業内容が自由なレッスンは講師の質にブレがあるときがある

 

・言語学習者同士のコミュニケーションアプリでは、相手が講師でないので訂正はできるが指導はできない

 

からです。

 

発音と文法の指導について、もう少し掘り下げます。

 

発音と文法の指導がないとどうなるのか

 

上でも書きましたが、非ネイティブは基本的に

 

発音と文法の完璧な判断ができない

 

という特性を持っています。

 

もちろん、極端だったり明らかな間違いは判断できます。

しかし、微妙な差の判断は、

 

ネイティブの判定

 

しかありません。

 

しかし、僕たちの間違った発音や文法に対してネイティブによる判定があっても、

 

  • どうして間違っているのか
  • どうして正解は別なものなのか

 

についてきちんと指導されない場合、

 

僕たちは同じ間違いを繰り返す

 

ことが多いです。

なぜなら、

 

自分の間違いの原因が理解できていないから

 

です。

 

ミスはその場限りのもの、エラーは常に起きてしまうもの。

 

僕たちの発音や文法の間違いがエラーから来ているとき、根本的な原因をしっかりと理解しないと何度も繰り返してしまいます。

 

というわけで、

 

発音と文法の指導がしっかりとできる講師のいるしっかりとしたカリキュラムがあるタイプのレッスン

 

が、

 

もしまだフランス語会話ができないのなら最良の選択

 

となります。

 

でも、ネイティブなら誰でもきちんと直せるんじゃないの?

 

と思うかもしれません。

 

そうです、直せます。

しかし指導はできません。

 

それは、僕たち多くの日本人が、

 

日本語を勉強している外国人の日本語を直すことができても、間違っている理由と解決方法を指導することができない

 

のと同じです。

 

ベストのフランス語オンラインレッスンを選ぶようにしましょう

 

フランス語のレッスンには3つのタイプがありますが、現在フランス語会話に難しさを感じている場合は、

 

しっかりとしたカリキュラムがあるレッスン

 

を選ぶのがおすすめです。

なぜなら、

 

発音と文法のしっかりとした指導ができるのがこのタイプのレッスンのみ

 

だからです。

 

たとえばそういうレッスンを行っているものだと、英語教育でも有名なベルリッツ・フランス語があります。

 

フランス語会話がまだおぼつかない場合は、3か月から半年だけでも集中的にレッスンを受けて、発音と文法の基礎を身につけるのがよいかと思います。

 

今なら無料でレッスン体験もできるようです>>フランス語

 

身につけた後で、授業内容が自由なレッスンや言語学習者同士のコミュニケーションアプリ

 

でランダムなネイティブとトレーニングする流れがベストです。