【フランス語会話への近道を教えます】

フランス語会話を勉強しているけど、会話ができるようになれない……。

どうしたらいいの?

 

この記事を読むと、

 

フランス語会話ができるようになる近道

 

についてわかるようになります。

 

フランス語会話ができるようになる最終的な方法は1つ

 

結論から書くと、

 

フランス語会話の経験を積むことでフランス語会話ができる

 

ようになります。

 

もちろん、フランス語会話のために、

 

  • 発音力
  • 単語力
  • 文法力
  • リスニング力
  • スピーキング力

 

などで、

 

一人で勉強できることはできたほうがよい

 

ですが、

 

フランス語会話は1人で勉強できないので別次元の勉強が必要

 

になります。

 

なぜフランス語の会話の経験を積まないとフランス語会話ができるようにならないのか

 

同じく結論から書くと、

 

フランス語会話では1人で勉強や練習ができないものとできるものがある

 

から

 

フランス語の会話の経験を積まないと会話ができるようにならない

 

ということが起きます。

 

具体的には、

 

  • わたしのフランス語を会話相手に理解させる:1人では勉強や練習ができない
  • 会話相手のフランス語をわたしが理解する:1人でも勉強や練習ができる

 

といものです。

掘り下げます。

 

フランス語の会話は1人ではできません

なぜなら、フランス語の

 

  • 発音
  • 単語の選択
  • 使った文法の適切さ

 

といった、

 

正しいかの判断をネイティブに委ねなければならない部分がある

 

からです。

 

これは、日本語でするひとり言(脳内会話のような)とは違います。

言うまでもなく、僕たちにとって日本語は第一言語(いわゆる母語)であり、発音も適切な単語の選択も、文法の使い方も直感的にできるほどわかっているからです。

 

もちろん会話ですから、あいての話を聞き取るというリスニング力に関わる力も必要になります。

こちらは1人でも勉強や練習が可能です。

 

そして気を付けたいのが、

 

  • フランス語会話レッスンや会話練習と銘打った会話用の音源を聞いたりシャドーイングをしたりしても
  • 『わたしのフランス語を会話相手に理解させる』という練習を積んでいないので、いつまで経ってもフランス語会話はできるようにはならない

 

ということです。

 

効率的にフランス語の会話経験を積む方法

 

自分の経験を通じて言えることは、

 

  1. フランス語講師との会話練習
  2. (講師ではない)さまざなフランス語ネイティブとの会話練習

 

が会話練習の方法としてあるので

 

  • 順番で学ぶ
  • 1をしつつ2もする

 

おすすめだということです。

 

反対に、

 

(講師ではない)さまざなフランス語ネイティブとの会話練習だけ

 

は、会話能力の伸びが途中で止まります。

 

理由は、

 

ネイティブではあってもフランス語講師ではない人:

・直感で発音や文章を直すことはできる

・直さなければならない論理的な説明ができない(フランス語会話力を伸ばすのに必須)

 

からです。

 

そのため、フランス語の会話能力がある程度上がるまでは

 

フランス語講師との会話練習

 

はしておいたほうがよいです。

 

  • 適切な直し
  • 直されたあとの適切な説明と適切な指導

 

を受けられるからです。

 

フランス語会話の近道をしましょう

 

正直言うと、僕は最初お金をケチって

 

(講師ではない)さまざなフランス語ネイティブとの会話練習

 

だけでフランス語会話の練習をしていたことがあります。

 

ネイティブと話せば上手になる

 

のような、よく日本で見かける英会話の練習方法のキャッチコピーなどを信じていたからです。

 

しかしあるとき、

 

  • 直されても同じ間違いをしてしまう
  • 会話相手に文法の質問や発音の仕方を尋ねても答えられない

 

ということに気がつきました。

 

しかしその後、フランス語講師と会話練習をしている最中に、

 

  • 間違えた箇所の原因を教えてもらう
  • フランス語の会話(講師とのでも他のネイティブとのでも)の最中に疑問に思った文法や単語について質問して答えてもらう

 

というのを繰り返すことにより、

 

  • 同じ間違いをしなくなった(間違えていた原因を理解したから)
  • 適切な単語や文法が使えるようになった

 

というふうになっていきました。

(講師じゃないほうのネイティブとの会話練習でも、レベル上がったねと言われたりも)。

 

とはいえ、まだまだネイティブレベルにはほど遠いのですが、それでもフランスの大学院を卒業できるくらいのレベルにはなれました。

 

というわけで、

 

フランス語会話の近道には講師との会話練習は必須

 

で、

 

  • 間違えた原因をしっかり説明を受ける
  • わからないことを質問する

 

ようするとフランス語の会話能力が上がるかと思います。

 

日本でするのなら、たとえば英語でも有名なベルリッツという学校のフランス語教室が発音を重視しているのでおすすめです。

 

おすすめなフランス語のレッスンの受け方は、

 

【(誰でもできる!)フランス語で話せるようになるたった1つの方法】

 

がご参考になるかと思うのでご覧くださいませ。