【フランス語会話レッスンを続けるべきか……やめ時の基準はこの3つです】

フランス語会話レッスンを受けているけど、いつまで続ければいいのかな?

 

この記事を読むと、

 

フランス語会話レッスンを続けるべきか迷ったときに使える3つの基準

 

についてわかるようになります。

 

フランス語会話レッスンをやめてもいい3つの基準

 

結論から書くと、

 

  • 発音を直されなくなった
  • 文を直されなくなった
  • フランス語に関する質問がなくなった

 

という3つの基準が揃ったときに、

 

フランス語会話のレッスンをやめてもよい

 

です。

 

掘り下げます。

 

3つの基準が揃ったらフランス語会話レッスンをやめてもよい理由

 

フランス語会話レッスンの最大目的は、

 

音声のフランス語のアウトプットができるようになること

 

です。

 

なぜなら、

 

  • 非ネイティブは自分の発音とフランス語の文(単語の選択、文法)の正しさが判断できない
  • ネイティブに通じて初めて正解とわかる

 

からです。

 

インプットの場合は、問題集の解答と答えをつき合わせれば正解がわかります。

 

というわけで、まずは

 

  • 発音力の獲得
  • フランス語の作文力(単語の選択、文法)の獲得

 

の2つの基準があります(作文と書くと、文を『書く』みたいですが、音だけ作ることも作文です)。

 

そして、

 

フランス語会話の練習中にでてくるフランス語の質問に答えと解説をもらうこと

 

が3つ目の基準です。

 

というのは、

 

  • 自分が話したいことをフランス語にして話すと直される
  • 直された理由と答えを理解しないと同じ間違いを繰り返す

 

からです。

 

というわけで、

 

  • 発音力の獲得
  • フランス語の作文力(単語の選択、文法)の獲得
  • フランス語に関する質問がなくなる

 

という3つの基準が満たされたら、フランス語会話のレッスンをやめてもよいです。

 

フランス語会話レッスンをやめたあとはどうすればいいの?

 

フランス語会話レッスンをやめたあとに必要になるのは、

 

バラエティのあるフランス語話者とのコミュニケーション

 

です。

 

フランス語会話のレッスンでは、基本的にネイティブの先生と比較的きれいなフランス語を使っているはずです。

 

しかし、実際のフランス語会話ではバラエティ豊かです。

 

フランス語ネイティブであっても、

 

出身や年齢、性格などでフランス語会話レッスンの講師の使うフランス語とは大きく違う

 

ことがあるので、バラエティのあるフランス語にふれておくことが大切です。

 

具体的には、

  • 言語学習者交流アプリTandem, HelloTalkなど)でフランス語会話相手見つけて会話する

 

というものです。

 

フランス語会話レッスンを続けるべきかは3つの基準で判断しましょう

 

フランス語会話のレッスンは、

 

  • 発音を直されなくなった
  • 文を直されなくなった
  • フランス語に関する質問がなくなった

 

という3つの基準が満たされたら続けなくてもよいです。

 

その後は、

 

バラエティのあるフランス語話者との会話の経験を積む

 

ようにしましょう。

 

フランス語会話の勉強の仕方については、

 

【(徹底解説)フランス語会話ができるようになる4ステップの勉強方法】

 

もご参考になるかと思うのでご覧くださいませ。

ベルリッツ