【フランス語留学をしてもフランス語を話せるようになりにくい理由】

留学してフランス語漬けになれば、自然にフランス語がじょうずになるよね……?

 

この記事を読むと、

 

フランス語留学してもフランス語の会話能力が上達しにくい理由

 

についてわかるようになります。

 

フランス語留学をしてもフランス語会話が上達しない条件

 

今はフランス語を話せないけれど、留学して初級コースから入れば1から教えてもらえば話せるようになるよね、と留学をする人がいます。

 

しかし、

 

フランス語のレベルが低すぎる・まったく話せない場合

 

フランス語留学をしてフランス語漬けの生活をしても、フランス語の会話能力が上達しない可能性が高いです。

 

理由を説明します。

 

スポンサードサーチ

『フランス語レベルが低すぎる状態』で留学をしてもフランス語会話能力が上達しにくい理由

 

フランス語のレベルが低い、まったく話せない状態でフランス語学留学をすると、

 

語学学校の先生が話していることがわからなすぎて意味の把握ができない

 

のでフランス語の会話力が上がりません。

 

教科書が配布されるので、辞書と格闘しながら読んでいけばある程度読み書きやその知識を元にしたフランス語を言うことができるようになりますが、

 

  • 教科書の文そのまま
  • 教科書の文をすこし応用

 

以外の会話ができません。

 

なぜなら、

 

実際のフランス語の会話は教科書を元にしてされることは稀だから

 

です。

 

スポンサードサーチ

フランス語が『まったくできない状態』で語学留学するとほぼフランス語会話が上達しない理由

 

フランス語力0の状態で語学留学すると、フランス語の会話能力の上達は絶望的です。

 

語学学校の先生が話していることも、授業も、教科書もすべてわからない

 

からです。

 

まったく取っ掛かりがないうえに、生活もフランス語ばかりになってしまうので、フランス語学習の状況としては絶望に近いものです。

 

たとえば、これはフランス語ではないのですが、僕が以前働いていた日本語学校にある中国人の学生が入ってきました。

 

この学生の日本語知識は0。

ひらがなの書き方もわかりません。

 

僕の働いていた学校では、本来ならほんの軽く日本語を勉強したことがある者のみ入校させるようにしていました。

 

なぜなら学校の目標が2年以内にN2という日本語の試験合格を目指すもののため、スタート時の最低限のレベルを定めていたからです。

 

しかし日本語知識0の学生は、書類上何が起きたのか入学してしまいました。

 

僕は彼の所属するクラスを半年受け持ったのですが、彼ができるようになったのは、

 

  • 日本語の文を書き写し(平仮名やカタカナや日本の漢字の書き方を覚えた)
  • 簡単なあいさつ

 

だけでした。

もちろん半年の間、他のベテラン先生とも協力して授業後に特別レッスンなどを施したのですが、それでもあまり実を結びませんでした。

 

フランス語留学をしたのに、

 

  • 教科書の答えを見ながらでないと文が書けない
  • 簡単なあいさつしかできない

 

という状況になっていませんか?

 

 

 

スポンサードサーチ

フランスに語学留学する前に、日本で最低限のフランス語を勉強しておきましょう

 

フランス語圏に留学しても、こちらのフランス語レベルが低すぎるとフランス語会話の上達は絶望的です。

 

日本にいてもフランスにいても勉強できるところは、日本にいるうちに勉強しておきましょう。

 

時間がないのなら、たとえばNHKのフランス語講座で勉強したり、ベルリッツフランス語のようなオンラインレッスンで会話の勉強しておいて、易しいフランス語が聞いたら理解できるレベルくらいまで勉強しておくとよいでしょう。

 

とくにおすすめはベルリッツ・フランス語。
その理由は、
  • 無料体験あり
  • カタコトのフランス語を正すことを目標
  • 初心者から上級の会話練習に対応

 

だからです。

※無料でベルリッツのフランス語レッスンを体験してみる→フランス語