【日本語訳しないでフランス語の聞き取りができるようになる1つの勉強方法】

フランス語の聞き取り中に日本語訳しちゃって追いつかない……。

 

この記事を読むと、

 

日本語訳をしなくてもフランス語を聞き取れるようになる1つの勉強方法

 

についてわかるようになります。

 

リスニング中に日本語訳をしなくなる勉強方法

 

結論から書くと、

 

  • フランス語の音と日本語の意味に頼ってリスニング
  • フランス語の音と意味に頼ってリスニング

 

というステップを繰り返すことにより、

 

リスニング中に日本語訳をしなくてもリスニングができる範囲が広がっていく

 

ようになります。

 

掘り下げます。

 

2つのステップの勉強方法が良い理由

 

上で紹介した、

 

  • フランス語の音と日本語の意味に頼ってリスニング
  • フランス語の音と意味に頼ってリスニング

 

の2ステップを繰り返すことにより、日本語訳の要らないリスニングができるようになる理由は、

 

最初は日本語で意味を考えていたフランス語の音が、徐々にフランス語の音だけで理解できるようになる

 

からです。

 

たとえば、フランス語学習初期の頃に勉強したかと思う

 

Salut

Comment allez-vous ?

Je m’applle….

 

といった自己紹介のためのフランス語の文をリスニングしたとき、多くの人は日本語に訳す必要がもうないのではないでしょうか。

 

その理由は、

 

すでに意味をフランス語の音だけで再現できるぐらい聞き慣れているから

 

です。

 

日本語訳をしないでリスニングするのための具体的な勉強方法

 

手順を書くと、まずは

 

  • 日本語訳をしないでもリスニングして理解できるまで問題のレベルを下げる
  • すこし上のリスニングの教材を準備する

 

ということをしましょう。

 

いくら中のフランス語の文が簡単に見えても、

 

聞いて理解できないものが現在の自分のリスニングの限界

 

です。

 

リスニングだけでは理解できない問題を見つけたあとのステップは、

 

  1. スクリプトを確認
  2. わからない単語をチェックして意味と音を覚える
  3. わからない文をの文法をチェックして理解
  4. リスニングで意味が浮かび上がるようになるまで何度もリピート

 

というものです。

 

リスニングは、

 

意味を知っている言葉や、意味のわかる文を音で理解できるようにする

 

ための勉強です。

 

そのため、リスニングの前に意味や文法などすべてチェックして理解できるようにしておいたほうがよいです。

 

コツとしては、

 

  • 単語は意味と音だけで覚える
  • 文法は読んで理解+自分でも文が作れるくらいに理解

 

というものです。

 

そして、

 

  • 単語は音と意味が比較的簡単
  • 新しい文法の入った文は何度も聞いて聞き慣れるようにする

 

ということも覚えておいたほうがよいです。

 

あとは

 

  • すこしずつ
  • 何度もリスニングをして
  • フランス語の音を聞くだけで意味が思い浮かぶ範囲を拡大していく

 

ことによって、

 

日本語訳をしなくても意味の分かるリスニング

 

ができるようになります。

 

また、

 

意味のわかるようになったフランス語の音は、別のリスニング音源でも使える

 

ようになります。

 

日本語訳をしないリスニング

 

日本語訳をしているとリスニングはできるようになりません。

しかし、初めは日本語訳をしていても問題はありません。

 

足りていないのは、

 

日本語で意味のわかっているフランス語の文を、音だけで意味を理解できるようになるまでのリピートの回数

 

です。

 

  • リスニング音源のフランス語の文の単語と文法を理解し
  • 意味を音だけで理解できる範囲を広がていく

 

ようにして、どんどんと教材以外のフランス語も音だけで意味を理解できる範囲を拡大していきましょう。

 

リスニングの勉強については、

 

【(徹底解説)フランス語の聞き取り(リスニング)のおすすめ勉強方法】

 

も参考になると思うのでご覧くださいませ。

 

ベルリッツ