【フランス語会話に必要な単語の2つの覚え方】

フランス語会話ができるようになりたくてフランス語単語を勉強しているはずなんだけど、会話で使おうと思っても出てこない。

 

この記事を読むと、

 

フランス語会話のためのフランス語単語の2つの覚え方

 

についてわかるようになります。

 

フランス語会話に必要な単語の覚え方

 

結論から書くと、

 

  • 単語を聞いて意味が理解できる
  • 単語を発音して意味を理解させる

 

ことが、

 

フランス語会話に必要な単語の2つの覚え方

 

です。

 

掘り下げます。

 

単語を聞いて意味が理解できる

 

フランス語会話の最中にフランス語単語を聞いて理解する必要があります。

 

覚え方は、

 

  • 音声付きの単語帳や参考書を準備する
  • なるべく単語帳や参考書に目を落とさない
  • 音声だけで意味を理解できるようになるまでリピートする

 

というものです。

 

おすすめは、

 

文単位で単語を覚えるようにすること

 

です。

 

その理由は、

 

  • 単語にはいくつか意味があるときがある
  • 複数の意味がある単語の意味は文中の他の言葉によって確定される

 

からです。

 

ですから、

 

  • 音だけで覚える
  • 文単位で単語を覚える
  • 意味を理解できるまで何度も聞く

 

ようにしましょう。

 

単語を発音して意味を理解させる

 

フランス語会話の最中にフランス語単語を発音し、会話相手に理解させる必要があります。

 

そのため、

 

  • 通じる発音
  • 会話中での適切な使い場所

 

を覚える必要があります。

 

具体的な方法は、

 

実際のフランス語会話の練習で試し、直され、調整していく

 

というものです。

 

なぜなら、僕たちが使う単語がフランス語話者に通じるか通じないかは、

 

フランス語話者に実際に使ってみて判断を仰ぐしかない

 

からです。

 

何度単語を書き綴っても、日記などで意識的に使うようにしても、フランス語会話のためには意味がありません。

 

なぜなら、会話中に単語をフランス語話者に理解させるためには、

 

フランス語話者に伝わるような音声にして単語を使うことででしか身につかないから

 

です。

 

というわけでベルリッツのフランス語レッスンなど、フランス語ネイティブの講師と話せる環境を用意し、

 

  • フランス語単語を音声で覚える
  • 覚えたフランス語単語を音声にしてフランス語話者に使ってみる
  • 直された発音や使いどころを調整して正しく覚えるようにする

 

ようにしましょう。

 

フランス語会話のための単語を覚えるのなら

 

フランス語会話に必要なフランス語単語には、

 

  • 聞いて理解できるフランス語単語
  • 話して理解させるフランス語単語

 

の2種類があります。

 

フランス語の単語の勉強の仕方については、

 

【(徹底解説)フランス語単語の効率的な勉強方法】

 

フランス語会話全体の勉強の仕方については、

 

【(徹底解説)フランス語会話のおすすめ勉強方法】

 

を合わせてご覧くださいませ。

 

無料でフランス語ネイティブ講師とレッスン体験
>> ベルリッツ・フランス語