【間違えやすい!フランス語を書くときにスペースを空けるルール2:4つの種類】

フランス語を書いているとき、どんなところにスペースを入れるのかよくわからない!

 

この記事を読むと、

 

フランス語を書くときに知っておきたい4つのスペースのタイプ

 

についてわかるようになります。

 

フランス語のライティングでスペースが必要な4タイプ

 

結論から書くと、

 

  • 後ろにだけスペース
  • 前後にスペース
  • グループとして前後にスペース
  • グループかつ個々の前後にスペース

 

の4つのタイプがあります。

 

それぞれ詳しく見ていきましょう。

 

後ろにだけスペースが必要な記号

 

, (virgule)

 

. (point)

 

… (point de suspension(疑問をあらわす点々))

 

–  (tiret)

※(注意)リスト、対話のときに使う中線です。混合後(grand-pèreとか)のときはスペースはありません。

 

の4つは、その直後にスペースが必要です。

コンマやピリオドは英語と同じですが、…(スペース)は日本語と違うので、気を付けましょう。

 

※_部分がスペースです。

 

Merci,_c’est gentil.

Merci._Au revoir.

Merci,_c’est…_gentil.

-_Merci.

-_Du rien.

 

前後にスペース

 

: (deux-points)

 

; (point-virgule)

 

! (point d’exclamation)

 

? (point d’interrogation)

 

とくに気を付けたいのが、!と?の感嘆符です。

感嘆符の前にもスペースが必要です。

 

※_部分がスペースです。

 

Merci_:_Merci beaucoup, Merci pour tous

Merci._;_C’est gentil.

Merci_!_C’est gentil.

Merci_?_C’est normal.

 

グループとして前後にスペース

 

( )(parenthèses)

 

[ ](crochets)

 

『( [』の前と『)]』の後ろにスペースが必要です。

 

※_部分がスペースです。

 

Arigato_(Merci en français)_Nikolas.

Merci_[]_au revoir.

 

グループかつ個々の前後にスペース

 

« » (guillemets)

 

『«』の前後と『»』の前後にスペースが必要です。

 

フランス語で引用文を挿入するときに必要な記号です。

マイクロソフトのワードだと、フランス語を打てる設定にして 

 

“aaa”

 

のように“ ”を打つと、自動的に修正してくれます。

 

※_部分がスペースです。

 

Nikolas dit :_«_Arigato._»_(Merci en français)

 

フランス語を書くときに必要なスペースについての知識はデジタル世代には必須です

 

手書きの場合は、スペースがあるのかないのか微妙な具合でも、スペースがあると見なされることがありますが、

 

パソコンやスマホで書く場合は目立つ

 

のでぜひ、いつフランス語を書くときにスペースが必要なのか覚えておきましょう。

 

ちなみにフランス語圏の人には、スペースとか気にしなくていいという人もいますが、

 

知っていて使い分けられるのと知らなくて適当は大違い

 

なので気を付けましょう。

 

感嘆符のスペースに関しては、

 

【間違えやすい!フランス語を書くときにスペースを空けるルール1:感嘆符!と?】

 

もご参考くださいませ。