【フランス語会話に必要な2つの発音を知っていますか】

発音の練習をしているけど、なかなかフランス語を話せるようにならない……。

 

この記事を読むと、

 

フランス語会話ができるようになるのに必要な2つの種類の発音

 

についてわかるようになります。

 

2種類の発音がフランス語会話に必要です

 

結論から書くと、

 

  • 聞き取り(リスニング)のための発音
  • スピーキングのための発音

 

の2種類の発音が、

 

フランス語会話ができるようになるのに必要な発音

 

です。

 

掘り下げます。

 

リスニングのための発音

 

リスニングのための発音は、

 

  • フランス語の音声を聞き取る
  • 自分でフランス語の音を作る

 

ために必要です。

 

僕たち非ネイティブは、

 

フランス語の発音をきちんと勉強しないと聞き取れるようにならない

 

という宿命を抱えています。

 

なぜなら、

 

幼児期に脳が第一言語(いわゆる母語)の音声を効率的に聞き取れるようにチューニングされるから

 

です。

 

そこで、

 

  • フランス語の発音の客観的な知識
  • 知識に基づいた技術

 

の2つが必要になります。

 

発音の知識と技術により、

 

フランス語の発音が聞き取りやすくなる

 

ようになります。

 

リスニングなのに発音の技術が必要なのは、

 

似ている音が違うように作られていることを脳と口元の筋肉に覚えさせるため

 

です。

 

スピーキングのための発音

 

スピーキングのための発音は、

 

実際のフランス語会話の練習を通じて、相手に通じるように改善していく発音

 

のことです。

 

リスニングのための発音の勉強で、リスニングができるようになっても、

 

いざ実際自分がフランス語で話してみると通じない

 

ということは当たり前に起こります。

 

なぜなら、

 

実際にフランス語を話して相手に通じるか通じないかという練習をしていないから

 

です。

 

僕たち非ネイティブは、僕たち自身のフランス語の発音が正解なのか判断できません。

 

そのため、

 

実際のフランス語ネイティブとのフランス語会話の練習を通じて発音を微調整

 

することででしか、

 

自分の話をフランス語でするのに必要な発音が身につかない

 

という現実があります。

 

というわけで、実際のフランス語会話の練習を通じ、リスニングのための発音の勉強の際に得た

 

  • フランス語の発音の客観的な知識
  • 知識に基づいた技術

 

を元にして、

 

相手に通じるフランス語の発音力を上げていく

 

ようにしましょう。

 

フランス語会話に必要な2つの発音

 

フランス語会話ができるようになるには、

 

  • リスニングのための発音
  • スピーキングのための発音

 

2つの種類の発音が必要です。

 

リスニングのための発音には、

 

  • フランス語の発音の客観的な知識
  • 知識に基づいた技術

 

スピーキングのための発音には、

 

  • 実際のフランス語会話の練習を通じた発音の微調整

 

が必要です。

 

フランス語の聞き取り(リスニング)のための発音の具体的な勉強の仕方に関しては、

 

【(徹底解説)フランス語の聞き取り(リスニング)のおすすめ勉強方法】

 

フランス語会話についての勉強の仕方については、

 

【(徹底解説)フランス語会話ができるようになる4ステップの勉強方法】

 

がご参考になるかと思うので合わせてご覧くださいませ。

 

ベルリッツ