【失敗しないフランス語の聞き取りのためには発音から始めましょう】

フランス語の聞き取り(リスニング)の勉強は何から始めたらいいの??

 

この記事を読むと、

 

リスニングの勉強は発音の勉強からがよいこと

 

についてわかるようになります。

 

リスニングの勉強を始めるのなら

 

これからリスニングの勉強を始める場合は、

 

発音の勉強から始める

 

ようにしましょう。

 

すでに勉強したことがあるという人も、復習を兼ねて再度勉強するとリスニング力の伸びが違います。

 

リスニングのために発音の勉強から始めたほうがよい理由

 

リスニングなのにどうして発音の勉強をするかというと、

 

フランス語の発音の知識と技術がある程度身についていないと、リスニングがきちんとできるようにならないから

 

です。

 

フランス語は僕たちにとっては外国語。

そして幼児期の一時期を除き、

 

外国語の発音はそのままではうまく聞き取れない

 

ようになっています。

 

なぜなら、

 

成長につれて、音声を認識する脳の部分が、普段使う言葉の発音を的確に聞き取れるようにチューニングされる

 

からです。

 

というわけで、フランス語の発音の知識と技術がないままフランス語のリスニングを始めると、

 

日本語用にチューニングされた脳で聞いてしまいうまく処理できない

 

ことになってしまいます。

 

その結果、たとえば

 

  • Lireとrireの発音の区別ができない
  • フランス語のメロディやリズム感についていけず聞き取れない

 

といった問題にぶつかります。

 

リスニングのための発音の勉強の仕方

 

上でもちょろっと書きましたが、フランス語の発音を勉強して身につける必要があるのは、

 

  • 知識
  • 技術

 

の2つです。

 

フランス語の発音の知識を得ることで、まず

 

フランス語の音を認識するための力を準備

 

そして、実際に発音の練習をすることによって、

 

フランス語の発音の知識を耳や口周りの筋肉に覚えさせる

 

ことができます。

 

発音から勉強してリスニングの勉強を成功させましょう

 

フランス語の発音の知識と技術がないままフランス語のリスニングの勉強をすると、

 

日本語脳で認識できない発音が聞き取れない

 

ということが起きます。

 

というわけで、リスニングを勉強するなら、まずは発音から勉強するのがおすすめです。

 

発音の勉強方法については、

 

【(徹底解説)フランス語の発音のおすすめ勉強方法】

 

リスニングの勉強方法に関しては、

 

【(徹底解説)フランス語の聞き取り(リスニング)のおすすめ勉強方法】

 

がご参考になるかと思うので、合わせてご覧くださいませ。

無料でフランス語ネイティブ講師とレッスン体験
>> ベルリッツ・フランス語