【フランス語会話がうまくいくたった一つの方法】

単語に文法に発音……上手にフランス語会話ができなくて落ち込む……。

なにかいい方法はないかな?

 

この記事を読むと、

 

  • フランス語会話が上手にできない理由
  • これを変えるだけで満足したフランス語会話ができる方法

 

についてわかるようになります。

 

フランス語会話が上手にできない理由

 

結論から書くと、多くの場合においてフランス語会話が上手にできない理由は、

 

あまりにも自分自身のことに集中しすぎている

 

ことから起きている場合があります。

 

  • 正しい単語を使わなきゃ……
  • 正しい文法を使わなきゃ……
  • 正しい発音で話さなきゃ……

 

会話中にこんなことを考えていたことがありませんか?

それは、

 

  • 正しいフランス語で話さないと……笑われる……恥を掻く……
  • 恥を掻きたくないっ!

 

という深層心理から来ています。

 

なぜなら、

 

点数の必要な試験ではないのに、正しさに固執しすぎているから

 

です。

 

これを変えるだけで満足したフランス語会話ができる1つの方法

 

これもまた結論から書くと、

 

会話中は相手と相手の話していることに集中する

 

ことにより、

 

満足したフランス語会話ができる

 

ようになります。

 

理由は単純で、

 

会話は話している人たちのコミュニケーション

 

だからです。

そしてコミュニケーションとは、

 

相手の話している内容の意味を理解し反応しあう

 

こと。

 

そのため、

 

自分自身のこと(正しいフランス語の使用)に集中ばかりしているとストレスで会話がぎこちなくなる

 

ということが起き、結果として

 

失敗したフランス語会話

 

となってしまいます。

 

しかし、

 

会話の相手とその話している内容に集中する

 

と、

 

  • どう反応すればよいのか
  • なにを言えばいいのか

 

が分かり、

 

たとえたどたどしいフランス語であっても会話(コミュニケーション)は上手に進む

 

ことになります。

 

会話で集中すべきは自分でなくて相手のこと

 

もちろん最低限のフランス語の技術は必要です。

 

フランス語の知識が何も無くフランス人と会話する場合は、ジェスチャーなどでのやりとりしかありません。

 

しかし、

 

会話中にあまりにも自分自身のフランス語のことに集中しすぎるのはよくない

 

とはっきりと言えます。

 

フランス語会話で満足したいなら相手に集中

 

を頭の片隅に入れて、次回のフランス語会話に望んでみてくださいませ。