【フランス語会話の初心者に必要な4つの練習】

フランス語を話せるようになりたくて勉強しているけど、練習は何をすればいいのだろう?

 

この記事を読むと、

 

フランス語会話初心者に必要な4つの練習

 

についてわかるようになります。

 

フランス語会話の初心者に必要な4つの練習

 

結論から書くと、

 

  • 発音
  • リスニング
  • 作文
  • 会話

 

 

フランス語会話の初心者に必要な4つの練習

 

です。

 

そして大切なことは、

 

発音・リスニング・作文は練習をしても完璧にする必要はない

 

ということです。

 

掘り下げます。

 

発音・リスニング・作文・会話の練習がフランス語会話に必要な理由

 

フランス語会話は、

 

フランス語と音で理解・表現する

 

ことです。

 

そしてまず、

 

フランス語を音で理解:発音・リスニング

フランス語を音で表現:発音・作文

 

の技術が必要とされます。

 

そのため、

 

まず発音・リスニング・作文の練習

 

したほうがよいわけです。

 

この3つの練習を欠いたままだと、フランス語会話の練習で、

 

  • 聞き取れない
  • 発音できない
  • 何も文が作れない

 

という状態になります。

 

というわけで、

 

会話は一番最後に練習

 

で大丈夫です。

 

発音・リスニング・作文が練習で完璧にならなくてもよい理由

 

フランス語会話に必要な、フランス語の音の理解・表現のために発音・リスニング・作文の練習をしますが、

 

練習の段階で完璧に身につけようとしなくてもいい

 

です。

 

その最大理由は、

 

実際の会話の練習を通してでしか完璧に近づけないから

 

です。

 

というのは、僕たち非ネイティブがいくら勉強・練習をしても、

 

ネイティブに使って通じるかは、実際に使ってみないとわからないから

 

です。

そして、大体の場合

 

通じないことが多い

 

です(特に初めのうちは)。

 

そこで、

 

  • 実際にネイティブとフランス語会話の練習をする
  • 通じないところ・おかしなところの直しをもらう
  • 復習・練習して通じるようにアップデートする

 

ということを繰り返すと、

 

いつのまにか自由にフランス語会話できる範囲が拡大していく

 

ようになります。

 

ちなみにこの段階では、

 

ネイティブ+フランス語教授法の資格持ち

 

という人と練習(オンラインフランス語会話やフランス語教室で)したほうがよいです。

 

なぜなら、

 

僕たちの間違いの原因を説明できるから

 

です。

 

原因を理解できなければ、似たような間違いを繰り返してしまいます。

 

ちなみにネイティブであっても、外国人にフランス語を教えるための資格がなかったり教育を受けていない場合は、きちんと原因を説明できないことが多いです。

 

僕たちも、日本語を勉強している海外の人に「『は』と『が』の違い」をきちんと説明するのは難しいのではないですか。

 

フランス語会話の初心者に必要な練習

 

フランス語会話の初心者に必要な練習は、

 

  • 発音
  • リスニング
  • 作文
  • 会話

 

です。

 

まず、

 

  • 発音
  • リスニング
  • 作文

 

の練習をし、それから

 

  • 実際のフランス語会話

 

の練習を通して、フランス語を話せるようにしていきます。

 

具体的な勉強方法ついては、

 

【(徹底解説)フランス語会話ができるようになる4ステップの勉強方法】

 

がご参考になるかと思うので、合わせてご覧くださいませ。

 

無料でフランス語レッスン体験
>> ベルリッツ・フランス語