【フランス語会話に使えるフランス語単語をたくさん早く覚える方法】

フランス語会話に使える単語を早くたくさん覚えたい

 

この記事を読むと、

 

フランス語会話のための単語を早く覚える方法

 

についてわかるようになります。

 

早くフランス語単語を覚えるには

 

方法だけ先に書くと、

 

  • 覚えたい範囲を決める
  • 1日に大量勉強する
  • 復習を繰り返す

 

ことによって、

 

なるべく早くフランス語単語を覚えられる

 

ようになります。

 

なぜ1日における大量勉強が重要なのか

 

フランス語単語を早く大量に覚えたいのなら、

 

1日に勉強する量を増やすことが重要

 

です。

 

なぜなら、

 

人の脳は何かを覚えても翌日には約7割を忘れている

 

からです。

 

なので、単純計算しても

 

  • 1日10個覚えた→翌日に覚えている数:3個
  • 1日に100個勉強した→翌日に覚えている数:30個

 

というように、1日に詰め込めば詰め込むほど覚えられる数も多くなります。

 

しかし、翌日まで覚えている単語もどんどんと忘れていくので復習も重要なキーとして必須です。

 

では、具体的な勉強方法について書いていきます。

 

具体的な勉強方法

 

フランス語会話のための単語を早く覚えるためには、上記のように、

 

  • 覚えたい範囲を決める
  • 1日に大量勉強する
  • 復習を繰り返す

 

がおすすめです。

 

それぞれについてのコツなどを含め、軽く掘り下げます。

 

覚えたい範囲を決める

 

例えば、フランス語会話のための単語を覚えたいとして教材に頼るなら、

 

  • 本1冊分覚えるのか
  • 1チャプター分覚えるのか
  • 複数チャプター分覚えるのか

 

をまず決めましょう。

 

範囲を決めるは、

 

モチベーションの維持にかなりに有効的

 

です。

 

終わりがわからないとモチベーションが下がることが多いからです。

 

1日に大量勉強する

 

フランス語単語を覚えたい教材の範囲を決めたら、

 

我慢の限界まで大量に勉強

 

します。

 

この際、

 

フランス語会話で使うため

 

というのが目的であるのなら、

 

実際の音で単語の意味が理解できることが重要

 

であるので、

 

単語の音と意味がリンクした:1つの単語を勉強した→次の単語の勉強に移る

 

ことになります。

 

おすすめは、

 

例文ごと音で覚える

 

です。

ちなみに、

 

  • 書いて覚える
  • 見て覚える(単語カードのような)

 

という方法は、

 

音で覚えていないので、フランス語会話のための単語を覚えているとはいえない

 

ので非推奨です。

 

メイン:音と意味をリンクするための勉強

補助:書いたり、見たり

 

という設定の勉強が、フランス語会話に使うための単語を覚えるのにはおすすめです。

 

復習する

 

早く単語を覚えるには、復習は必須です。

 

なぜなら上でも書いた通り、

 

人の脳は何かを覚えても翌日には約7割を忘れている

 

からです。

 

そして復習するときに抱える問題は、

 

どこからどこまで復習するのか

 

ということになります。

 

もともと理想は、

 

  • 覚える範囲をすべて1日で勉強する
  • 復習する(覚える範囲をすべて)
  • 復習を繰り返す

 

というものなのですが、

 

覚える範囲が本一冊など広範囲に至る場合、1日ですべて勉強できない

 

ということが起きます。

 

そういう場合の復習は、

 

前日に勉強した範囲すべての復習+まだ勉強していない単語を限界まで勉強する

 

という方法の繰り返しになります。

 

フランス語会話のための単語の早くたくさん覚えるには

 

フランス語会話のための単語を早く覚えるには、

 

  • 覚えたい範囲を決める
  • 1日に大量勉強する
  • 復習を繰り返す

 

という勉強方法がおすすめです。

 

勉強する際は、

 

音と意味をリンクさせられたら勉強したことになる

 

ということが大切です。

 

フランス語の単語の勉強の仕方については、

 

【(徹底解説)フランス語単語の効率的な勉強方法】

 

フランス語会話全体の勉強の仕方については、

 

【(徹底解説)フランス語会話のおすすめ勉強方法】

 

を合わせてご覧くださいませ。

無料でフランス語ネイティブ講師とレッスン体験
>> ベルリッツ・フランス語