【フランス語の文法を会話中にすらすら使えるようになる感覚を教えます】

フランス語会話の練習をしているけど、ぜんぜんフランス語の文を作れない。どうやればいいの?

 

この記事を読むと、

 

フランス語会話の最中にフランス語の文法を使う感覚

 

についてわかるようになります。

 

会話中にフランス語の文法を使う感覚

 

Bonjour, vous allez bien ?のような決まり文句と違い、より複雑なフランス語の文法をフランス語会話で使うときには、

 

  1. 文法の検索
  2. 文法の反復
  3. 文法の定着

 

の3つのプロセスを経ると感じます。

 

そして読んで字のごとく、一度定着した文法は、その後は検索も反芻もなく使えるようになります。

 

掘り下げます。

 

フランス語会話の最中に文法を検索する

 

フランス語会話の最中に文法を検索することは初期にはよく起こりました。

それは、

 

  • そのとき言いたいフランス語の文に必要な文法は1つだけ
  • 勉強してきたフランス語の文の数はたくさんある
  • なので、どれを使えばいいのかを思い出す必要がある

 

からです。

 

そのため、

 

話し始める前にちょっと止まってしまう(体感時間では長時間)

 

ということがありました。

 

フランス語会話の最中に文法を反復する

 

勉強してきた文法の中から、その時必要なものを思い出したあとには、

 

そのとき言いたいフランス語の文を作るために文法を適応させる

 

というタイミングが来ることも多々ありました。

 

なぜなら、動詞の活用にせよ、前置詞、接続詞の使い方にせよ、

 

文法の参考書に載っていた例文と言いたいフランス語の文は全く同じではないから

 

です。

 

なので、学んだ文法を反復しつつ、今そこで使いたいフランス語の文に適応させる時間が少し必要になりました。

 

この間は、わかるところまで単語を口に出して、途中途中でah…とか口ごもりつつ考えつつ、フランス語の文をひねり出していく感じでした。

 

フランス語の文法が定着する

 

一度ひねり出すことに成功した文法は、その後は比較的すらすらと口からでてくるようになりました。

 

とはいえ、同じ文型でも不規則活用する動詞だったり、言いにくい発音だったり(個人的にはstatistiqueのようなsとtが連続する音が苦手です…)すると、ちょっと言い淀んだりもあります。

 

そしてもちろん、すこし長い文で、定着した文法とまだしていない文法がある場合は、

 

すらすらでてくるパート + 文法の検索や反復をしているパート(無言や口ごもる時間)

 

というような状態になることもありました(言うまでもなく、長い文章でも定着した文法だけで作れる場合は、すべてすらすらでてくるように)。

 

フランス語会話の最中にフランス語の文法がすらすらと使えるようになるには

 

フランス語での会話の最中にフランス語の文法がすらすら使えるようになるには、

 

  1. 文法の検索
  2. 文法の反復
  3. 文法の定着

 

という3つのプロセスを繰り返す感覚が大切かと思います。

 

なので、

 

  • 文法の検索
  • 文法の反復

 

をしているときは、会話の真っ最中なのに言葉がでてこなかったり言い詰まってしまったりと後から落ち込んだりすることもあるかと思いますが(僕は落ち込みました)、文法が定着するには必要な段階であるので、そこで諦めたりしないことが自分の経験から言えるかと思います。

 

とはいえ、会話中に言葉が出てこないのはちょっと……という場合は、ベルリッツのフランス語レッスンなどといったオンラインフランス語会話レッスンを使い、

 

フランス語が出てこなくても、間違っても当たり前であるという意識を持っているネイティブの講師と練習を積み上げるのがおすすめ

 

です(講師じゃない場合は、よほど仲がよくなければ忍耐強く待ってくれないというのが個人的な感想です)。

 

フランス語の勉強ならこちらもおすすめです:

ネイティブ講師とフランス語会話を練習するなら
>> ベルリッツ・フランス語(現在無料体験実地中)