【(まとめ)フランス語の不規則動詞(pleuvoir, falloir)の現在形活用の簡単な覚え方】

pleuvoirの活用がよくわからない!

どうして1つしかないの?

ほかにもそういう動詞はあるの?

 

この記事を読むと、

 

pleuvoir, falloirの現在形活用

 

についてわかるようになります。

 

覚えるべき活用の形が少数の動詞たち

 

フランス語の動詞の中には、覚える活用の数が少ないものがあります。

 

それが

 

  • pleuvoir(雨が降る)
  • falloir(必要である)

 

です。

 

その理由は、

 

用法として使われるのが3人称単数だけだから

 

です。

 

Pleuvoirの現在形活用の簡単な覚え方

 

pleuvoirは3人称単数しか使われませんから、

 

書き方:1

音:1

 

しかありません。

 

pleuvoir

il pleut

 

音声でも確認してみましょう。

 

 

 

Falloirの現在形活用の簡単な覚え方

 

falloirも3人称単数しか使われませんから、

 

書き方:1

音:1

 

です。

 

falloir

il faut

 

音声でも確認してみましょう。

 

 

 

Pleuvoir、falloirの活用を覚えると

 

Il pleut

Il faut

 

という形がすっとでてくるようになると、フランス語のレベルが上がった気持ちになれます。

 

Il faut

 

は特によく使われるので、覚えておいて損はなしです。

 

※初級者のフランス語の動詞の活用に関しては、アテネ・フランセ フランス語動詞変化表がおすすめです。

 

 

 

詳しくは【フランス語の動詞の活用を覚えたい人へおすすめな本―『アテネ・フランセ フランス語動詞変化表』】をご覧くださいませ。