【(まとめ)フランス語の不規則動詞(boire, voir)の現在形活用の簡単な覚え方】

boireとvoirの活用がわかりにくい!

音も似ているしよけいに!

 

この記事を読むと、

 

boireとvoirの現在形活用の簡単な覚え方

 

についてわかるようになります。

 

フランス語の動詞の活用が覚えにくい理由

 

たくさんある動詞の活用を覚えるのは、フランス語学習者の悩みの種かと思います。

 

その原因は、

 

  • 人称と音と書き方の数が一致していない
  • 音と書き方が一致していない

 

というものもあるかもしれません。

 

人称が6つあるのに、音の種類は4つとかざらにあります。

 

そこで、

 

  1. 書き方と音の数を整理する
  2. 音を覚える
  3. 書き方を覚える

 

という順序を踏むと、比較的覚えるためにつかう脳のキャパシティを使わずにできるのでおすすめです。

 

また、似た活用をするものは同時に覚えるようにするのもよいかと思います。

 

そこで今回は、

 

  • boire
  • voir

 

という似た音であり、さらに活用も似ているものを取り上げました。

 

boireの現在形活用の覚え方のコツ

 

boireには、

 

書き方:5

音:4

 

があります。

 

boire

 

je bois

tu bois

 

il (elle) boit

nous buvons

vous buvez

ils boivent

 

のように、

 

je bois

tu bois

 

が同じなので全部で5つの書き方となります。

 

音は、

 

boire

 

je bois

tu bois

il (elle) boit

 

nous buvons

vous buvez

ils boivent

 

のように

 

je bois

tu bois

il (elle) boit

 

が同じなので、全部で4つの音となります。

 

実際に音を聞いてみましょう。

 

 

そして、

 

je bois

tu bois

il (elle) boit

 

のように、3つの活用が動詞の原形(boire)の3つめの文字までは同じというのは、voirにもいうことができます。

 

voirの現在形活用の覚え方のコツ

 

voirには

 

書き方:5

音:4

 

があります。

 

voir

 

je vois

tu vois

 

il (elle) voit

nous voyons

vous voyez

ils(elles) voient

 

のように、

 

je vois

tu vois

 

が同じなので、ぜんぶで5つの書き方があります。

また、boireと同じで、je, tu, il(elle)の活用は動詞の原型(voir)の最初の3つの文字が使われています。

 

je vois

tu vois

il (elle) voit

 

参考:

 

je bois

tu bois

il (elle) boit

 

気を付けたいのが、

 

nous voyons

vous voyez

 

です。

動詞の原型(voir)にはないyが使われています。

 

音に関しては、

 

voir

 

je vois

tu vois

il (elle) voit

 

nous voyons

vous voyez

ils(elles) voient

 

のように、

 

je vois

tu vois

il (elle) voit

 

が同じなので、全部で4つの音となります。

実際に聞いてみましょう。

 

 

boireとvoirの活用が使えるようになると

 

ふたつとも基本単語なので、多用されます。

そのため、活用を覚えてしまっておくとわずらわしさがなくなります。

 

※初級者のフランス語の動詞の活用に関しては、アテネ・フランセ フランス語動詞変化表がおすすめです。

 

 

 

詳しくは【フランス語の動詞の活用を覚えたい人へおすすめな本―『アテネ・フランセ フランス語動詞変化表』】をご覧くださいませ。