【(まとめ)フランス語の不規則動詞(naître, connaître)の現在形活用の簡単な覚え方】

フランス語のnaîtreやconnaîtreの活用がわかりにくい!

 

この記事を読むと、

 

naîtreやconnaîtreの現在形活用の覚え方のコツ

 

についてわかるようになります。

 

フランス語の動詞の活用が覚えにくい2つの原因

 

フランス語の動詞の活用は、僕たちフランス語学習者を悩ませる原因の1つではないでしょうか。

 

それは、

 

  • 人称の数(6)と書き方と音の数が同じではない
  • 書き方と音が一致していない

 

ということから起きているのかもしれません。

 

そのため、

 

  1. 書き方と音の数を整理する
  2. 音を覚える
  3. 書き方を覚える

 

というステップを踏むのがおすすめです。

また、活用の似ている動詞は一緒に覚えるようにするのもコツの1つです。

 

今回紹介するnaîtreとconnaîtreがまさにそうです。

conNAÎTREにはnaîtreが入っていますが、この箇所が同じ活用をします。

 

naîtreの現在形活用の簡単な覚え方

 

naîtreには

 

書き方:5

音:4

 

があります。

 

naître

 

je nais

tu nais

 

il (elle) naît

nous naissons

vous naissez

ils (elles) naissent

 

 

je nais

tu nais

 

の活用の形が同じなので、全部で5つの書き方があります。

 

音に関しては、

 

naître

 

je nais

tu nais

il (elle) naît

 

nous naissons

vous naissez

ils (elles) naissent

 

のように、

 

je nais

tu nais

il (elle) naît

 

が同じ音なので、全部で4つの音があります。

 

実際に聞いてみましょう。


そしてnaîtreは、

 

naître

 

je nais

tu nais

 

il (elle) naît

 

nous naissons

vous naissez

ils (elles) naissent

 

のように、3つの活用の書き方に分かれています。

 

il (elle) naît

 

には唯一

 

î

 

がついていることに注意しましょう。

※上の傘はaccent circonflexe(アクサン・スィルコンフレックス)と呼びます

 

そして、

 

nous naissons

vous naissez

ils (elles) naissent

 

 

sが2つある

 

ことにも注意しましょう。

そして、connaîtreの活用はnaîtreにconが付いただけです。

 

一応確認します。

 

connaîtreの現在形活用の簡単な覚え方

 

connaîtreには

 

書き方:5

音:4

 

があります。

 

connaître

 

je connais

tu connais

 

il (elle) connaît

nous connaissons

vous connaissez

ils (elles) connaissent

 

 

je connais

tu connais

 

の活用の形が同じなので、全部で5つの書き方があります。

 

conの後ろはnaîtreと同じ活用をしているので、

 

il (elle) connaît

 

には唯一

 

î

 

がついていて、

 

nous connaissons

vous connaissez

ils (elles) connaissent

 

 

sが2つある

 

ことに注意しましょう。

 

比較:

naître

 

je nais

tu nais

 

il (elle) naît

 

nous naissons

vous naissez

ils (elles) naissent

 

音に関しては、

 

connaître

 

je connais

tu connais

il (elle) connaît

 

nous connaissons

vous connaissez

ils (elles) connaissent

 

のように、

 

je connais

tu connais

il (elle) connaît

 

が同じ音なので、全部で4つの音があります。

 

実際に聞いてみましょう。

 

 

※connaîtreと同じaîtreを持っているparaître、 disparaître、 apparaîtreも同じように活用します。

 

paraîtreがdisparaîtreとapparaîtreの中にあるので、paraîtreの活用を音声で確認しておきましょう。

naître, connaîtreの現在形活用を覚えると

 

naîtreは多くの場合過去分詞であるné(e)を使い、そうでない場合の活用を忘れてしまうこともあります。

 

そういうときは、connaîtreの活用と同じということを思い出すのがよいかと思います。

 

connaîtreは日常的によく使われます。

 

 

※初級者のフランス語の動詞の活用に関しては、アテネ・フランセ フランス語動詞変化表がおすすめです。

 

 

 

詳しくは【フランス語の動詞の活用を覚えたい人へおすすめな本―『アテネ・フランセ フランス語動詞変化表』】をご覧くださいませ。