【(まとめ)フランス語の不規則動詞(appeler)の現在形活用の簡単な覚え方】

appelerの活用の仕方で混乱している。

lは1つなの2つなの?

pの数は?

 

この記事を読むと、

 

appelerの現在形活用の簡単な覚え方

 

についてわかるようになります。

 

フランス語の動詞の活用が覚えにくい2つの理由

 

結論から書くと、

 

  • 人称の数(6)と音の数と書き方の数が一致していないことが多い
  • 書き方と音が一致していない

 

という2つの理由が、フランス語の活用を覚えにくくしているのではないかと思います。

 

そこで、

 

  1. 書き方と音の数を整理する
  2. 音を覚える
  3. 書き方を覚える

 

という順番で覚えていくのがおすすめです。

 

appelerの現在形活用の覚え方のコツ

 

appelerには、

 

書き方:5

音:6もしくは5

 

があります。

 

appeler

 

j’appelle

 

tu appelles

 

il (elle) appelle

 

nous appelons

vous appelez

ils (elles) appellent

 

のように、

 

j’appelle

il (elle) appelle

 

の2つが同じなので、全部で5つの書き方があります。

 

(重要)

そして、

 

j’appelle

tu appelles

il (elle) appelle

ils (elles) appellent

 

の4つにはlが2つあります。

※pの数は不変です。

 

比較:

nous appelons

vous appelez

 

音に関しては注意が必要です。

 

j’appelle

ils (elles) appellent

 

の2つは、

 

動詞単体なら発音は同じ

 

なのですが、

 

代名詞(je,ilsなど)と発音されるときは、代名詞の音と一体化発音され音が異なる

 

しかし、

 

ils (elles) appellent

 

は、

 

主語が代名詞でなければ動詞単体の音が維持されることもある

 

ので、音の数にばらつきがあります。

動詞単体の時の音は。

 

tu appelles

 

のときの

 

appelles

 

と同じ音です。

というわけで、人称代名詞を伴う音で分けると、

 

appeler

 

j’appelle

tu appelles

il (elle) appelle

nous appelons

vous appelez

ils (elles) appellent

 

重なるものがないので、全部で6つの音になります。

 

音声で確認しましょう。

 

 

 

appelerの活用を覚えると

 

当然ながらs’appelerの活用もできます。

s’appelerは自己紹介だけでなく、いろいろな物の名前を紹介するときにも多様します。

 

lの数と音の数に気を付けて、ぜひ覚えるようにしましょう。

 

と、言いつつ自分は最初期にpの数とlの数に迷わされて、pの数を減らしたりlの数を増やしたりしていたんですが(そんなんでもフランスの大学院に留学できるようになりますよ!苦笑)

 

※初級者のフランス語の動詞の活用に関しては、アテネ・フランセ フランス語動詞変化表がおすすめです。

 

 

 

詳しくは【フランス語の動詞の活用を覚えたい人へおすすめな本―『アテネ・フランセ フランス語動詞変化表』】をご覧くださいませ。