【聞き流しでフランス語会話を勉強する方法】

聞き流しフランス語会話っていうのがあるけど、勉強に使えるかな?

 

この記事を読むと、

 

聞き流しフランス語会話が使える唯一の勉強方法

 

についてわかるようになります。

 

聞き流しフランス語会話はどんな勉強に使えるのか

 

結論から書くと、

 

聞き流しフランス語会話は、フランス語会話に必要なリスニングの復習には使える

 

ということが言えます。

 

掘り下げます。

 

フランス語会話に必要なリスニングの復習には使える聞き流し

 

フランス語会話ができるようになるには、4つのステップが必要です。

 

4つのステップとは、

 

  1. フランス語会話の練習に必要な知識と技術をインプット
  2. フランス語会話の練習で話したいことを仮アウトプット
  3. フランス語教授法の資格のあるネイティブ講師とのフランス語会話の練習を通じて仮アウトプットの修正、疑問の解決
  4. 様々なフランス語話者とのフランス語会話練習

 

です(参考:【(徹底解説)フランス語会話ができるようになる4ステップの勉強方法】)。

 

そして初めのステップである、

 

フランス語会話の練習に必要な知識と技術をインプット

 

には、

 

  • 発音
  • 単語
  • フレーズ
  • 文法
  • リスニング

 

5つのインプットがあります。

 

要は、発音力、単語力、フレーズ力、文法力をつけた上で、

 

フランス語会話の練習に必要なリスニング力をつけておく

 

ということです。

 

そして、この5つのインプットの

 

復習教材

 

として聞き流しフランス語会話は使えます。

 

復習教材としての聞き流しフランス語会話

 

聞き流しフランス語会話のメリットは、

 

フランス語会話で使いそうなフレーズが揃っている

 

ということです。

 

反対にデメリットは、

 

聞き流すだけではフランス語会話はできるようにならない

 

ということです。

 

そこで、聞き流しフランス語会話の使いどころは、

 

フランス語会話の練習に必要なリスニングの復習

 

です。

 

というのは、

 

リスニングは、すでに意味を知っているフランス語単語や文(初めの4つのインプットで得たもの)を音だけで理解できるようにする勉強

 

であるので、聞き流しをしながら、

 

すでに聞き取れるようになっている単語や文がでてきたときに記憶の強化をする(復習)

 

という目的に使えるわけです。

 

注意したい点は、まだ聞き取れるようになっていない(聞いて意味が理解できる)フランス語の単語や文に関しては、

 

聞き流しではなく、聞き取りの練習をする必要がある

 

ということです。

 

聞き流しフランス語会話の使いどころ

 

聞き流しフランス語会話は、

 

フランス語会話の練習に必要なリスニングの復習

 

としては使いどころがあります。

 

フランス語会話の練習に必要なリスニングの勉強に関しては、

 

【(徹底解説)フランス語の聞き取り(リスニング)のおすすめ勉強方法】

 

フランス語会話の勉強については、

 

【(徹底解説)フランス語会話ができるようになる4ステップの勉強方法】

 

もご参考くださいませ。

 

ベルリッツ