【フランス語の単語は聞き取れるのに文の意味が理解できない3つの原因】

フランス語の聞き取りの練習をしていると、単語は結構聞き取れていると思うのに、文が理解できない。

どうして??

 

この記事を読むと、

 

単語の聞き取りができるのに文が理解できない3つの原因

 

についてわかるようになります。

 

リスニング中に単語は聞き取れるのに文が理解できない3つの最大原因

 

結論から書くと、

 

  • 文法力不足
  • 文のリスニング力不足
  • 日本語訳をしている

 

の3つが原因で、

 

単語を聞き取れるのに文が理解できないことになっている可能性が高い

 

です。

 

掘り下げます。

 

文法力不足

 

これは根本的な原因です。

文法力が足りていなければ、いくら単語を聞き取れてもふわっとした意味しかわかりません。

 

文法力が不足しているかどうか確かめる方法は、

 

リスニング教材のスクリプトや台本に目を通してみる

 

ことです。

 

読んでみても文の意味がわからない場合

 

は文法力が不足している証拠です。

 

不足している文法項目を学習・復習する

 

ようにしましょう。

 

文のリスニング力不足

 

リスニング教材のスクリプトや台本を

 

読むと理解できる

 

のに、

 

リスニングをすると文の意味が理解できない場合

 

は、

 

文をリスニングする力が不足している

 

ことを意味しています。

 

たとえば、フランス語の仮定法(というか条件文)は大別して3つあり形が似ています

そのため、3つの形をしっかり覚えていて読むと理解できても、

 

聞くとどれだかわからない

 

ことが起きます。

 

なぜなら、

 

文字と違い音だけの文を聞き取って、即座に意味を処理する必要がある

 

からです。

 

この問題の解決法は、同じ文の形を何度も聞いて慣れるしかありません。

 

日本語訳をしている

 

リスニング中に日本語訳をすると、理解ができない文が増えていくことがあります。

 

なぜなら、

 

  • フランス語の結論は文頭
  • 日本語の結論は文末

 

にくることが多い傾向があり、

 

訳した日本語を理解しようとしている内に次の文が始まっていく

 

からです。

 

解決法としては、

 

  • フランス語の語順で意味を理解することに慣れる
  • 日本語に訳さないで意味を理解することに慣れる

 

の2つがあります。

 

具体的には、

 

聞き取りをしている文を少しずつ区切り、意味を理解しながら聞いていくことを繰り返す

 

というものです。

 

単語は聞き取れるのに文が理解できない3つの原因

 

リスニング中に単語は聞き取れるのに文が理解できない原因は、

 

  • 文法力不足
  • 文のリスニング力不足
  • 日本語訳をしている

 

の3つに集中していることが多いです。

 

自分がどのケースに当てはまるかを確認し、解決法を使ってリスニング中に文を理解できるようにしましょう。

 

フランス語の聞き取り(リスニング)に関しては、

 

【(徹底解説)フランス語の聞き取り(リスニング)のおすすめ勉強方法】

 

もご参考になるかと思うのでご覧くださいませ。

 

 

ベルリッツ