【(まとめ)フランス語の不規則動詞(dire, lire, vivre)の現在形活用の簡単な覚え方】

dire, lire, vivreの活用の仕方が不規則すぎて覚えられない!

 

この記事を読むと、

 

dire, lire, vivreの活用の簡単な覚え方

 

についてわかるようになります。

 

フランス語の動詞の活用の覚え方のコツ

 

フランス語の動詞の活用は覚えにくいですよね。

覚えたと思って使ってみようとすると……あれ、何だっけ?とか。

 

その理由は、

 

  • 6つの人称に対しての活用の書き方と音の数が違う
  • スペルと音が一致していない

 

というものではないでしょうか。

 

たとえば、direにはdisentという活用の形がありますが、

 

disent……ディゼン?

 

みたいに言いそうになりませんか?

 

  • lis
  • lit

 

とあったら、

 

リス

リット

 

と言いそうになりませんか?

 

そういった間違いをしてしまうこともあるので、

 

  1. 音と書き方の数の整理をして
  2. 音で覚えて
  3. 最後に書き方を覚える

 

というステップを踏むのがおすすめです。

 

そして活用の仕方が似ているものは同時に覚えるようにするものよいかと思います。

 

そして今回取り上げるdire, lire, vivreは活用の仕方が似ています(同じではない)。

 

direの現在形活用の整理

 

direには、

 

書き方:5

音:4

 

があります。

 

書き方は、

 

dire

 

je dis

tu dis

 

il (elle) dit

nous disons

vous dites

ils (elles) disent

 

のように

 

je dis

tu dis

 

が同じなので全部で5つの書き方となります。

 

音に関しては、

 

dire

 

je dis

tu dis

il (elle) dit

 

nous disons

vous dites

ils (elles) disent

 

のように

 

je dis

tu dis

il (elle) dit

 

が同じ音なので、全部で4つの音になります。

 

実際に音声で確認してみましょう。

 

 

そして、

 

je dis

tu dis

il (elle) dit

 

のように動詞の原型(dire)の初めの2文字に

 

s

s

t

 

がつくのはlire, vivireも同じです。

 

 

lireの現在形活用の整理

 

書き方:5

音:4

 

lire

 

je lis

tu lis

 

il (elle) lit

nous lisons

vous lisez

ils (elles) lisent

 

 

je lis

tu lis

 

の書き方が同じなので、全部で5つの書き方があります。

direと同じで、原型(lire)の初めの2文字

 

s

s

t

 

とついています。

 

気を付けたいのが、

 

vous lisez

 

です。

direではditesと急にtがでてきていました。

 

音に関しては、

 

lire

 

je lis

tu lis

il (elle) lit

 

nous lisons

vous lisez

ils (elles) lisent

 

のように

 

je lis

tu lis

il (elle) lit

 

が同じなので、全部で4つの音になります。

 

音声でも確認してみましょう。

 

 

 

vivreの現在形活用の整理

 

書き方:5

音:4

 

vivre

 

je vis

tu vis

 

il (elle) vit

nous vivons

vous vivez

vous vivent

 

のように、

 

je vis

tu vis

 

の書き方が同じなので全部で5つの書き方あります。

dire, lireと同じように

 

je vis

tu vis

il (elle) vit

 

は動詞の原型(vivre)の最初の2文字に

 

s

s

t

 

がついています。

 

気を付けたいのが

 

nous vivons

vous vivez

vous vivent

 

原型(vivre)の最初の3文字であるvivが使われています。

 

比較:

 

dire

 

nous disons

vous dites

ils disent

 

lire

 

nous lisons

vous lisez

ils lisent

 

音に関しては、

 

vivre

 

je vis

tu vis

il (elle) vit

 

nous vivons

vous vivez

vous vivent

 

のように、

 

je vis

tu vis

il (elle) vit

 

が同じ音なので、全部で4つ音があります。

 

音声でも確認しましょう。

 

 

 

dire, lire, vivreの現在形活用を使えるようになると

 

direはlireかなり使用頻度の高い言葉です。

そのため活用を覚えておくと実際に使う場面で助かります。

 

vivreはあまり使わないかもしれませんが、基本単語なので、活用の仕方が似ているdire, lireと関連付けて覚えてしまいましょう。

 

※初級者のフランス語の動詞の活用に関しては、アテネ・フランセ フランス語動詞変化表がおすすめです。

 

 

 

詳しくは【フランス語の動詞の活用を覚えたい人へおすすめな本―『アテネ・フランセ フランス語動詞変化表』】をご覧くださいませ。